異世界生活物語

花屋の息子

実用実験開始、また課題が出た

 ここからは実用実験だ、油に落ちていた小枝で穴を開けると、固まる前に油を染込ませた芯を差し込んだ、この格好だけ見ると箱入りロウソクといった雰囲気をかもし出しているが、あくまで中身は元獣脂だ、大量の煤を上げるため使い物にならないとして廃棄された脂身、流石に納屋の中で火をつけて大量の煤など上げた日には、大目玉なので庭先に出る。
 魔法で広つけても良いが、ここは自然の火を使った方が風情があるってもんだ、カマドにはまだ燻っている火があるので、それを持ってくる。
 納屋の片隅にほこりを被った、陶器と言うよりも土器に近い皿に燃えカスを移して、小枝と一緒に持って戻る、発明品第二号エドワード式ロウソク?の着火式だ。
 小枝に移した火を芯に移すと、チロチロと燃え始めた、そこでひとつの疑問が生まれた。
 ”煤が出ないのだ”。
 あれほど大量の煤がと言われたのにもかかわらず、白煙すら上げずににいわゆる完全燃焼している。
 そっと息を吹きかけて再度着火してみるが、結果は同じ煤を上げることなくロウソクのような、落ち着いた炎が俺の癒しが必要ないピュアな心でも癒してくれるのだ。
 再度息を吹きかけ、今度は魔法で着火してみるが別段変化は起きない、もしかしたら魔法に反応するかと思ったのだが、まあそれなら魔法が得意で無い人は無煙に気付いた事だろうし。
 ここから出る結論としたら、湯に溶け出た濁りの中に、不完全燃焼を起こす物質が含まれてたと言う事になる、やっぱり食べて大丈夫なんですか?この世界の肉、まあ健康を害した人もいないし何より、美味しいので食べるんですけど、それでも何とも疑問が残る水溶性物質は、これからの研究材料として心にとめておく必要がありそうだ。
「は~、こんな時にラット実験でも出来れば有害無害くらいは、すぐ解るんだけどな」
 思いついた事があるので、安全確認が出来れば舐めてみたい所だが、いくらなんでも墨汁を薄めたようなスープを舐める勇気を持った人がいるだろうか、いくらなんでもそれは無い、これは今後の課題だとすることにしよう。
 さて骨粉だがいきなり畑に撒くのは危険すぎる、俺の実験に家族の食料保障を天秤にかけることになるのはやりすぎだ、ここはほかのところで実験するとしようではないか。
 一番先に思いつくのは、農大時代にやった鉢植え試験の再試だ、いくつかの鉢植えを用意して、何もしない区画、試験Aをする区画、Bをする区画、A+B両方を併用する区画と、本来ならさらにCDE・・・と試験内用がプラスして行くのだが、まあこんな感じに区画ごとに試験をして結果を記録していく方法だ。
 もっとも、この世界に来てからというもの、プラスチックは元より素焼きの鉢すら見ていない、鉢植えと言う概念が無いのか、それとも高級品扱いで庶民の手に届かないだけか。
 無い物ねだりをしても仕方が無いので今回は、俺式ロウソクに使ったものと同じ、木枠で囲ったトロ箱鉢で行くのだが。
 後は父からいくつか、カイバクの苗を貰ってそれの生育試験をしてみよう、フフフッ海賊王・・・じゃなかった異世界版化学肥料の父に俺はなる。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く