異世界生活物語

花屋の息子

帰宅と衛生と世界地図

 転移魔法とは便利な物だ、森の風景が一瞬にして部屋に画面チェンジしたかのように、切り替わって移動が完了するのだ、何キロという距離でも物ともしないのだろう、よくあるゲームの移動呪文が遅くて仕方が無いほど、タイムラグ無しで移動が完了する。
「おかえりエドワード、お義母さんエドワ-ドをありがとう御座いました」
「面白い子だったわぁ~、魔力の上げ方も教えておいたからぁ~、たまにあなたも付き合ってあげなさいねぇ~」
 そうなんだよな、いくら森みたいな危険は少ないって言っても、東の草原だって安全地帯って訳じゃない、森に比べたら中大型の魔物が出ないだけで、小型の魔物なんかは草に隠れて襲ってくる事もあるのだ、小型は大人なら退ける事もたやすいので問題ないが、四歳児が対峙するには荷が重過ぎるくらいの力は持っている、まかり間違っても魔素吸収なんてやってるあの極度の集中時に襲われたら間違いなく死ねる、そうならない為には護衛してくれる人間を連れて行かなければならないのだ、それよりも問題なのは俺がすっぽりと収まってしまう草を掻き分けてもらわないと、たどり着けない事かもしれないが(泣)、四歳にしては小さくは無いと思うんだけど、雑草がね、あまりにも大きいのがこの世界ですから。
「エリザさん、魔石の魔素ってどのくらいで無くなるの?」
「その量なら20日くらいで抜けるはずよぉ~、魔風穴ほど濃度にはならないからぁ~、あくまで魔風穴にいけない時のための補助だと思ったら良いわぁ~」
「さっき見せてもらった、あの大きな石ならどのくらいなの?」
「あれでも変らないわよぉ~、ためられる量は多いけど出る量は変らないのよぉ~」
 いっぱい入れても溶け残るから意味は無いって習った水溶液の実験みたいだな、毎日行ける訳でも無いから助かる事は助かるんだけど、効率が落ちる分だけ俺の瞬間移動の夢が遠くなる、はぁ~。
「お義母さんそろそろお暇します、この子も疲れたでしょうから、帰りの方が時間がかかると思いますし」
 俺にとっては楽しかった時間、楽しい時間は過ぎるのが早いと言うが本当だ、昼食を取って魔風穴に行って、たぶんこのまま帰っても暗くなるくらいに着ければ早い方だろう。
「帰りは転移魔法で送ってあげるからぁ~、ゆっくりしていきなさ~い」
 またあの距離を歩くと思うときが重くなる、それを曾祖母の提案が打ち消してくれた、何度も言うがあくまで四歳なのだ、絶対的な体力は体に比例してしまう、それが体力を使う必要がなくなったのだから、魔法様様である。
 曾祖母との魔法対談に花が咲き、周囲が苦笑するのもお構い無しに延々と魔法対談を行った、途中からは曾祖母と俺の話しに興味をなくしたのだろう、祖母と曽祖父一家はたまに訪ねてきた親戚よろしく、ウチの家族の近況を報告したりなどしていた。
 気付きもし無かったが、辺りが夕焼けに染まり俺のお腹がぐうとなったタイミングで、祖母からそろそろ帰るよと声をかけられた、そういえば曾祖母とばかり話していて、他の人とはろくな話もしていなかったのは、流石に申し訳なく思ったが後の祭りだった。
「また来りゃ良いわしもまだまだ死にはせんわ」
「また来ます」
「元気でね」
「はい、ありがとう御座いました」
 別れを惜しみながら挨拶を交わすと曾祖母に祖母と共に触れた、何とも便利な魔法だ、そこにあったのはいつもと変らないウチの玄関だった。
「それじゃあまたねぇ~、むりしないようにがんばりなさぁ~い」
「エリザさんいろいろ本当にありがとう、頑張ります」
「お義母さんもお元気で、また子供たちを連れて遊びに伺います」
 曾祖母は手を振りながらフッと消えた、一日に何度も転移出来るとは、どれほどの魔力があるのかと思うとあらためて尊敬できる。
 短く感じても長かった一日を終えて、玄関の扉を開くと夕食の香りが漂ってきた、もうすでにお腹はペコペコだ、食あたりが怖いので手だけはしっかり洗って食卓に急いだ。
 余談だが、この世界の食中毒は魔物と並んで死因の上位を占める、風呂文化どころか手を洗う事すらおざなりにされるのだから、当然といえば当然だと思えるが、微生物などの知識がなければ手に付いた土などが、料理に入らなければ良い程度の手洗いでも許されてしまうのだろう、しかし俺は元衛生大国日本出身だ、流石に石鹸やアルコール消毒を導入する事はできなくても、手を揉み洗いして濁りがなくなるまでこすり合わせ、綺麗な水でしっかりとすすぐ、衛生的なハンカチなどは無いので、魔法の風でエアータオルを忘れない、魔法が使えるようになるまでは自然乾燥に頼っていたんだけど、この一連の行動は家族にいぶかしがられたが、一昨年腹痛で2日唸った姉を巻き込み、(もう一度ああなりたくなかったら真似をしろといったのは脅迫ではない)、手洗いを徹底したお陰か去年はウチでは腹痛を訴えなくなった事から、家族には浸透した行動だ。
 夕飯を終えた俺はグッスリと眠り久方ぶりに、世界地図を描いてしまったのは情け無い話だ、トイレに行って置けばよかった。













「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く