異世界生活物語

花屋の息子

おいたはダメだが役に立つ

曾祖母が手渡してきたのは子供のこぶし大の石で、俺の持ち歩いているのは”おはじき”サイズの小さな石だ、石英のような重みは無いので常に両腰の巾着袋に入れて持ち歩いている、散々近所の子供たちから巻き上げた石が、まさかの魔石だとは思いもよらなかったが、魔素を吸収するってだけで、お宝では無いのか?との疑念も付きまとう。
「エリザさん、吸った魔素はどうなるの?」
「握って魔法を使えば周りの魔素に関係なく魔法に使えるわねぇ~、そのままでもゆっくりと染みだ出してぇ~、一時的にだけど魔素をほんの少し増やしてくれるわぁ~」
これ全部に吸わせてから家の中に置いておけば、たまに魔風穴に通うだけで良くなるって解釈で良いのかな?、今の手持ちだけでたぶん100個くらいは有るだろう、問題はどのくらい出るのかと言う事だ。
「これ家に置いておいたらたまに吸わせるだけで、いつも魔風穴に行かなくても良いと思いますか?」
手持ちの収魔石を見せてみた、その残念な子を見るような目は忘れられないと思う。
「こんな物どうしたのぉ~?、いくら小型の物と言ってもあなたのような子供がぁ~、魔物狩りに目覚めたとは思えないのだけどぉ~?」
「してませんよそんな事、東の草原に行けば結構拾えるんです」
実際山ほど拾える訳ではないが、山菜摘みは下を向いているから根元にあればそれを拾うと、5個くらいは拾ってこれるのだ、それより気になったのは、これって魔物から取れるの?。
「あの時の火に巻かれた魔物の残骸って事ねぇ~」
あの時とは浮気事件の事だろう、曾じいちゃんの悪戯おいたが無ければ、この魔石も拾う事が出来なかった訳で、今更関係のない俺の役にはたってくれたと言うべきなんだろうな。
「あれだけのそうげんを焼く魔法って。すごいですね」
化け物かとは言わない、そこまで自殺願望はないのだ。
「あれは私の魔法で、燃やした訳じゃないわよ、でもまあ無いとも言い切れないのだけど、」
要約すると、東区画に逃げた曾祖父に火の魔法をぶつけた、時期は乾季の終わりで森の中と言えど乾燥しており、下草に燃え移り結果として森が燃え落ちたのが事の顛末だという、山火事に巻き込まれて曾祖父が生きていた理由は、魔素風が吹き上がっている魔風穴がたまたまあったからに過ぎない、魔風穴から立ち上る魔素は周囲の物を押しのけている訳で、火や熱なども例外ではなく入ってくる事は無いらしい、一種のバリアみたいな物だ、その周囲は地下の温度と同じで年中一定だと言う、遠くで見た事はあっても近づいた事は無かったので初耳情報だった。









「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く