異世界生活物語

花屋の息子

歩き通しはお眠の香り、祖父の実家はビックリ人間ズ

 毛皮の張った木のベンチでも、ウチにあるタダの木製より上等な物なのだ、ソファーを発明した人は天才だな、今になってベンチ生活だからわかる、あのフワフワの座り心地は正義だ、ベンチが悪いとは言わないが、ソファーはそのうち開発したい物だ。
 大叔母が出してくれた果実のジュースを飲み、長い道のりを歩いたため乾いたのどを潤した、バイラル王の実とは違った、酸味のある爽やかな味だ。
「それにしても遠い所よく来たね、お義母さんもエドワードが来るのを楽しみにしていたのよ、少し出かけているから今呼んでくるわ、少し待っていてね」
 そう言うと俺と祖母を残して出かけてしまった、いくら親戚とはいえ無用心ではないのだろうか。
「エリスも昔っから変らないね」
 どうやら大叔母のあの性格は、雀百までというヤツのようだ、まあ事前連絡など出来ないこの世界において急に訪ねるのが当たり前で、何も準備が出来ないから留守という事もたまにはあるのだ、旅行などはありえないので、最悪夕方まで時間を潰せば家主に会えるから良いと言った、アバウトすぎる来訪スタイルなのだ、今回はたまたま大叔母がいたから良かったものの、畑まで行ってみたりと探しまわるのも珍しくないのだ。
 6キロからの距離を歩いた俺は、眠気に襲われ始めた、まぶたが重くなり首がコクンと垂れ下がる。
 どの位経ったのだろう、バタバタと数人の足音に目が覚めた、呼びに言った大叔母たちが戻ってきたのだろう、寝顔でのお出迎えにならなくて良かったよ、あわてて目をこすり口元をぬぐってみたが、よだれ等は垂れていなかった事に安堵した。
「伯母上、お久しぶりです」
 先頭で入ってきた男が祖母に向かってそう挨拶をした、この人がこの家の家長の人だったと記憶している、そういえば名前は聞いたこと無かったな。
「パーン、元気そうだね、お邪魔させてもらっているよ」
 従兄弟叔父の名はパーンと言うらしい、歳は父と変らない30ほどでヒョロヒョロではないものの、父のようなたくましさは無く、どちらかと言うと文官系の香りのする人物だった。
 その後ろをメッシュ白髪の男性が続く、年恰好からしてじいさんの兄だろう、兄弟だけあってよく似ている気がする。
「気を使うな、ここはお前の家も同じだと言っておいただろう」
「グローゼ、孫のエドワードだ、ウチの人に似て良い面構えだろ」
「グァハァァァハハハ、確かにクラインに良く似ておるわい」
 豪快な笑い声といっしょに入って来たのは、筋肉ダルマとも言えるゴツイ男、スキンヘッドにボディービルダーが霞む筋肉って、需要あるんですか?と言いたくなる人だ、これが曾じいさんかと思うと少し将来が不安だ。
 それと同時だった、俺の横に人の気配があったのだ、そこに目を向けると、こちらの世界に来て一番の美人と思える人が座っていた、他の人が入って来るまでは、誰もいなかったそこには、今は人がいるのだ。
「その下品な笑い方は何とかしなさいって言ってるでしょぉ~」
 まるっきりお嬢様喋りをするその女性は、母と同じくらいの歳でものすごく落ち着いた印象の女性だ、パーンさんの奥さんかな・・・じゃなくて、どこから湧いたんだこの人、さっき目をこすった時は居なかっただろ。
 その人を前に祖母がとんでもない爆弾を落とした、と言っても知っているほかの人からすれば、なんて事の無い話なのかもしれないが。
「ご無沙汰しています、お義母さん、孫のエドワードです」
 知らない俺からすれば、「は?????」としか言えない、はっきり言って思考がフリーズした、どう見てもウチの母と同い年か下にしか見えない、確かまだ還暦前だったと思ったが、それでも30代に間違う50代は居るかもしれないが、20代に間違う事など無いだろう、シワ一つ見当たらないこれが美魔女とか言うやつか。
「エドワード帰ってきなさぁ~い」
 曾祖母の言葉にはっとする、完全に停止の世界に居た。
「は、始めまして、エドワードです・・・・」
 言葉に詰まった、それと同時に90度のお辞儀をしていた。
「おまえな、リースの時も固まっていたか、面白がって曾孫をからかうな」
 何か聞いてた話とキャラが大分違う気がするが、どうやら曾祖母で間違いは無いようだし、あまり怖い感じもしないのは助かった。
「そ、それよりいつ来たんですか?」
「今よぉ~珍しい転移魔法って言うのよぉ~」
 転移魔法あるんだ、少し心が躍る、転移だよ、踊るでしょ、魔法があるのも踊ったけど、生活魔法レベルですこし残念だったけど、これはもうザ・魔法の代名詞みたいなもんだもん。
 目がキラキラになっている事に曾祖母は気を良くした様だ、さっきより微笑が増した感じがする・・・、イヤイヤイヤ、そこじゃないよ、転移魔法でそれたけど何でそんなに若い訳よ、絶対おかしいでしょ、あれか皆既日食の時にしか使えない秘術、凍れる時の何チャラとかいうヤツですか?
 大魔法使いとか、超若いとか、一族の絶対君主とか、もうウチの曾ば~ちゃん何者よ。
 ついでにパーン叔父さんの奥さんと子供は居ないのか?どこまでも謎しか無い家族に困惑する。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く