異世界生活物語

花屋の息子

労力縮小に反応あり

 翌朝には父たちが改良した三角ホーが畑で試されていた、三軒の男たちがワイワイやっているのだ、田舎の畑と同程度の人口の町でも、人目につき面白いモンを使っているとガヤガヤと人が集まりだした。
「俺たちではうまく説明できない、お前が説明して来い」
 父からそう言われてあくまで四歳児の俺が観衆に説明する事になった、使い方と効果の予測は父にも説明したが、単純に観衆の目線がイヤだったようだ、こんな所で父の弱点が上がり症と知る事になるとは思わなかった(笑)
「え~、この道具を思いついた、グラハムの息子でエドワードと言います、今から僕が説明をしながら、やっていきます」
 どこの世界でも、仲の良い者同士が固まるもので、この場合は近所で固まっていた、俺のことを知るものはまたあそこの子が、なにやら変な物を作ったのかという感じだし、知らない者はなんだこの小僧はと言ったけげんな顔をしている。
「この道具はまだ取る事が出来ないほど小さな草を、取るための道具です、刃の部分で土を削り、草を取ります」
 俺の説明と平行して父がデモンストレーションを行う、蟻の触角を取り付けた三角ホーは、実際の物と遜色ない性能で土を削っていた。
「少し大きな草は、先端を使えば引き抜けるように作ってあります」
 父は連動して、先端を刺して草を取り上げてみせていた、土台が木製なので強度に問題は残るが、余り大きな物や力任せに振るわなければ、すぐさま壊れると言った事も起こらないだろう。
「これで小さい内に草を取ってしまえば、草取りも楽になると思います」
 爪でまだ芽の出たばかりの草を摘まみ上げて見せた。
「小さい内にか、確かにそうすれは畑仕事も楽になる」
「そうだな、暑い中の草取りを楽に出来るのは良いな」
 観衆から肯定的な意見が、聞こえてくるのは嬉しい限りだ、少し意外だったのは慣れているから、平気なのかと思った暑い中の作業を、苦にしている人がいる事だった、イヤだ面倒臭いが無ければ、技術発展など起こりえないのだから、これならイロイロ作っても受け入れてもらえそうだ、材料無いけどトホホ。
「俺も作ってみるかな、どうやって作るんだ坊主」
 観衆から質問攻めにあったが、おおむね認知してもらえてようで開放された、実際の製作組は父たちだと言ってしまったのも、その理由で俺の後は作り方を教えると言う、約束を取り付けさせられていたのは、ご愛嬌と言った所だろうか、振っちゃってゴメンね親父。
 朝の一幕が降りた後は、おっちゃん達は自分の畑に帰っていった、結局祖父用と俺用に取ってきた分を、おっちゃんたちに上げてしまった事で、父の分しか残らなかった訳だが、今回想定していない祖母や母、姉の分まで入れたら、何度かは伐採のたびに材木探しをしなければならないだろう、あのおっちゃんたちの意欲からすれば、すぐさま取りに行く話は出るだろうけど、触角が無いとあそこまでの性能は出せないけど良いのかな?
 前回の蟻処分でウチの分け前は、頭4つだったから8本の触角が取れた、製作で使った分を引いてもまだ余裕が有るからいいが、他では各家庭一人分は問題ないだろうけど、二人分までは取れないだろうな。
 父はその後も畑に残って、除草作業を行っていくと言うので俺と祖父は帰宅した。
「じいちゃん遊んでくるね」
「変なとこ行くんじゃねえぞ」
「は~い、いってきま~す」
 まあ遊びに行くって言ってもリードを誘ってからだな、家も隣と言う事もあってリードとは良く遊ぶのだ。
 あくまで隣と言うが住宅地の隣とはわけが違う、歩いて1~2分程度の距離が開いているのだ、このような所を見ると田舎のほのぼのとした光景だと思う。
「リードいる~?」
「こっち着てくれ」
 玄関前で声を掛けると裏の納屋の方から声が返ってきた、勝手知ったる隣の家だ庭を通って納屋の方に向かう、そこには先日切った木を薪にする為に割っているリードの姿があった。







「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く