異世界生活物語

花屋の息子

小学校レベルの理科実験、レベル1クリア?

 朝食を取り終えたら早速父と祖父を伴って納屋へと向かった、昨日採って来た木を三角ホーへと生まれ変わらせるのだ、しかしここで一つ大問題中の大問題がある、木工に詳しい人ならまさかこのままやる気か?となるほどの問題、それは乾燥が行われていないことだ、木には当然水分が含まれている、これは異世界に来ても変ることの無い現実で、伐りたての木をそのまま細工など行えば水分が抜けたときに、狂いが生じてねじれていく、そうなっては耐久性や形状が変化して使い物にならない、木工を行う上で十分な乾燥は必須条件なのだ。
 昨日切ってきたこの木は、当然一夜にして水分が抜けるなどという事はなく、たっぷり含まれたままの状態だ、それをどう抜くかといえば魔法だ。
 それも計算に入れて葉を残して切ってきている、俺が使う魔法は火でもまして脱水なんてやり方が分から無い魔法では無い、"回復魔法"だ、まあ風も使うのだがメインは回復だ。
 なぜ木の乾燥に回復魔法なのかと言うと、理科の授業を思い出してもらいたい、植物は根から吸った水分を葉へと運ぶ機能がある、それを一種悪用させてもらう、回復魔法で葉を回復させる事で根の無い木材から水分を奪い取ってしまおうという事なのだ。
 たった一晩とはいえ葉はかなり萎れて元気がなくなっている、第一段階はクリアだ、そして第二段階、しっかりとギランギランと照る太陽を浴びて、元気の良い状態の木をイメージしながら。
「葉っぱよ元気を取り戻せ」
 俺がそう唱えると、萎れてくたんと垂れ下がっていた葉が元の状態へと戻っていく、完全に元に戻ったところで、再度萎れさせるために風の魔法を使う。
「パパこの葉っぱがしなしなになる位、魔法で風を起こして」
 何をさせられてるのか分かっていない父の頭の上に???と並んで見える気がするがまあ気にしないで置こう。
「枯らさないようにしなしなで止めてね、枯れちゃったら水抜きにならなくなっちゃうから」
 ???となってもやってくれる辺り、後で肩でも揉んで上げよう。
「風よ巻き起これ」
 父の方がやはり魔法の扱いがうまいのは言うまでも無い事だが、10秒足らずでしなしなを通り越しそうになったので、慌ててストップをかけた。
「パパやりすぎだよ」
「なかなか、難しいな、しかしこれで水抜きなんぞ出来るのか?」
 科学知識がなければ、自然乾燥に頼る水抜き方しか思い浮かばないのは当然だろう、数ヶ月の時間をかけて水が抜けていくのを待つのがうちでも他所でも行われているのだ、しかし今日はすぐ使いたい道具を作るのだ、待ってなどいられない。
「家の前にママがお花を植えてるでしょ、それにお水をあげたんだけど、一つだけ元気がなかったから回復魔法を使ったの、そしたら土が乾いたからおかしいなって、後お洗濯した服が風がある日のほうがよく乾くの、だから切った木もそうしたら乾くかなって思ったんだ」
 実際これは発見だった、回復魔法の練習にと花に使わなければ、こんな方法は思い付きもしなかっただろう、ゲームで植物系モンスターも回復魔法で回復してたから、花も行けるかななんて冗談発想が功を奏した格好だったのだが儲けものだった。
「「お前は変な所に気が付くな」」
 そんな二人してハモリながら言わなくても・・・まあ事実ですけど。
「じゃもう一回、葉っぱよ元気を取り戻せ」
 先ほどと同じように葉が起き上がってくるが、少し抜けたためだろうか先ほどまでの回復はしなかった。
「もう一回やれば抜け切るかな?」
「こんな事で水が抜けるとは」
「わしもこんな水抜きは初めてじゃ」
 二人に感心されたが小学生レベルの知識を褒められて、何だかこっ恥ずかしい気分になった。
「パパ風お願い、さっきより弱くして」
 注文をつける事も忘れない最初の魔法では強すぎて、自分でなら制御が簡単だが一種二人羽織のような器用すぎる作業スタイルには、タイミングが測りづらく止めづらい。
「風よ」
 詠唱を短くしたお陰か今度は先ほどの半分以下に出力が抑えられた感じだ、これなら17秒で止めれば良いな。
 心の中で15、16と数えストップをかける。
「パパスト~ップ」
 絶妙な萎れ加減になったところで再度回復だ、とことん拷問じみた方法だがひねくれない事を、切に願うよ、再回復をしたが今度はほとんど変化しなかった、中の水分があらかた抜けた証拠だろう、次の風は完全に枯れるまでやってもらえば乾燥は完了しそうだ。
「今度は完全に枯れるまで風を吹かせて、それで水が全部抜けると思うから」
 父に風を吹かせてもらい、葉がパリパリになるまでやってもらった、もってみると水の抜けた材木は俺では持ち上げるのも一苦労だった重さを失って、軽く持てるほどにまでその重量を落としていた。
「じいちゃんも持ってみて」
 ほいと祖父に渡すと、その完璧な乾燥を終えた材に驚きを隠せずにいた。
「グラハム、本当に抜けておるぞ」
 父にも渡しながら、そういった横で父が驚いているのは、何だか微妙な心持だった。
「ね、乾いたでしょ」
 と言っても、木の乾燥が終わっただけでまだ成型が残っているのだ本番はこれからだ。



「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く