異世界生活物語

花屋の息子

家に帰っても俺の苦労は、開発の前に父にも手伝ってもらうとしよう

 家に帰った俺を母の熱い抱擁が出迎えてくれた、まあそれは骨が骨がと言いたくなるほどの。
「ママ痛いよ、ものすごく痛いよ」
「もうママはエドのことを離さないわ、心配で心配で魔物に食べられて無いかケガはしてないか」
 いやマジで離して折れるから、ちょっと皆見てないで助けて。
「いい加減、離しておやりあんたが一番苦しめてるよ」
 ナイスだばーちゃん、本当に死ぬかと思った、まあそれだけ心配をかけたのだから、母には申し訳なく思ってはいるのだが、それで絞め殺されたのでは、たまらない。
「そんなに危ないところには出していない、心配するなと言っておいただろ」
「それではいそうですか何て、お気楽な事言える訳無いでしょ」
 三文夫婦喧嘩にしか思えないが、まあ俺が原因を作ったのだからしょうがないとも言えるのだが、もう一つの原因は、お馬鹿な兄ちゃんズにあるのだ、あの中の一人ボハンスと言うのだが、そいつが事もあろうに恐慌状態のままうちに逃げ帰ってしまった、それが発端となってとんでもない魔物が出たのではと、地区が騒然となったのだ、当然母の耳にも届き後片付けをして遅くなった間に、母も恐慌化そして現在に至るのだから、イヤやっぱり原因の90パーセントはボハンスにある、残りは軍団蟻だ、あれ俺悪く無いじゃん、まあそれでも心配をかけたのだから母の心配には感謝の気持ちは忘れないで置こう。
「ねえママいっぱい働いたから、お腹すいた~」
 どこの世界でも、子はかすがいの理論は成り立つもので、ここは能天気な話題で話をそらすのが何よりだろう、実際腹はすいたのだ。
「そうね、すぐ仕度するわね」
 そういうと母の機嫌はコテンと変わって台所へと駆けていった、後ろからは祖父のやれやれと言ったため息が聞こえてきたが、玄関口での騒動だったので父も祖父も家に入れないで、玄関前で立ち往生と言うまさかの事態に成っていたのだ。
「やっと家には入れる、まったくホネットの所のヘタレ坊んにも困ったもんじゃわい」
 そうだよね、これでじいちゃん公認で俺は悪くない事になったんじゃないか?
「やっぱりエドを連れてくのは早かったかな」
「まあなんだな、運が悪かったちゅう事じゃな」
 親父なんちゅう事言うねん、早く無い早くないたまたま魔物が出て、ヘタレ兄ちゃんがへましただけで、俺は安全圏にいたし、言うこと聞いていい子にしていた、次も問題ないぞ。
「運が悪かっただけだよ~、次も絶対いく~」
「エドが行くなんて言って、またシーリスがワタワタしないと良いのだけれど」
 祖母の突っ込みは回収フラグにならない事を祈りながら、食堂へと場所を移した。
「ママなんか多くない?」
 席についた俺の前にある食事はいつもより圧倒的に多い、多分父のものと遜色ないほどの量が用意されていたのだ、その前に姉のニコンニコン顔もものすごく気になる。
「おねーちゃんどうしたの?そして何でこんなに多いの?」
「みんなの為に私もお料理お手伝いしたのいっぱい食べてね」
 別段話していなかったが、時折姉も食事のお手伝いはしている、しかし今日のこれはあきらかに作りすぎたというやつだろう、ウェインさんお相撲さんにならなきゃ良いけどな。
 大量の料理も父に助けてもらいながら何とか胃に収め、食べ終わると直ちに襲ってきたモノがあった、そう睡魔である、ガッツリ動いてガッツリ食べれば眠くなるのも当然なのかもしれない。
「おやすみ~」
 食べて早々だが、もう寝てしまおうこれ以上は起きてはいられない。
 てんやわんやの一日が過ぎ、寝床にもぐり込んだ俺は、すぐに意識を失った、あれだけ濃い一日を過ごせば、そうならないほう方が不思議なのかもしれないが、当然泥のように眠った俺は朝まで深い眠りについた。
  「…さい、エド朝だよ」
  今日は雨のようだ、雨の音と姉の声が、重なりながら遠くから聞こえる、後10分。
  「起きなさいってば!」
  勢い良く、掛け布団代わりのムシロをはぎ取られた、こう言うところは、異世界だろうとも変わりはない、どこか後10分が有効な世界は無いのだろうか?
  「ね~ちゃんおはよう~」
 ふにゃふにゃと間延びした挨拶を姉に向けた。
  「エド、ご飯だよ、早くしないと食べちゃうよ」
 不思議なものだ、昨日あれだけの量を食べたにもかかわらずもたれる事もなく、おなかが空いている、若いって何て素晴らしいものか。
 食堂には昨日のような量ではなく、いつもと変らない食事が用意されていた、流石に朝からあれは辛いからありがたい。
「エド、機能採って来た枝は何を作ろうって言うんだ?」
 父の素朴な疑問は確かにその通りだろう、口では説明したが見た事の無い物をイメージするのは難しい、バブル期に出た肩掛け鞄のような携帯電話の時代に、スマホを説明しても伝わらないようなものだろう。
「パパ食べ終わったら、パパも手伝って僕が考えた、草取りにも畝たてにも便利な道具になると思うから」
「まあ、今日は雨だしなエドに付き合ってやるとするか」
 こうして材料と人員をかくほした俺は、ちょっとだけ便利な生活に向けての第一歩を踏み出すのだった?
 大丈夫なはずだ多分。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く