異世界生活物語

花屋の息子

材木の調達、この世界?の結婚事情

 多分6時頃だろう人と大八車が揃った出発だ、さすがに、俺の足では邪魔になる、父が轢く大八車にちょこんと乗って積荷の斧を押さえる役だ、俺を含めてお荷物と言うんだけどな。
 土引きの道は荷車に乗るとデコボコがよく分かる、乗り心地は最悪で常に突き上げる衝撃が尻を打ち付けてくれる。
 2キロほどの道のりを、行くと町を囲う柵に、お義理程度の門が付いた通用門に着いた、柵の外はわずかに伐採がされているが、それも200メートル無いくらいで、その先は森森森、木が密集しているといった話ではなく、なぜここが安全な森なのか理解が出来ないほどに、薄暗い密林が広がっていた、その口元にある切り株からは、新芽が50㎝ほど吹き俺の心を和ませてくれた。
「エド、ここから先はどこに、魔物がいるか解らない、気を抜くな」
 父の忠告が、何時もの優しい口調から、厳しい者に変わって、和んだ気持ちを、どこ換え吹き飛ばしてしまった。
「切り株の新芽は、魔物が近い印だ、木は魔物が出す魔力で伸びるからな、この芽も前の伐採に入った地区が刈ったはずだがもう伸びている」
 地球なら切り株から生えた新芽は、木の世代交代に大事にするが、この町が東を除いて森に囲まれているのは、この世界では森林破壊など起こり得ないからだ、切り株を見た時に衝撃を受けた、木を切ったら何十年も元に戻らない地球と違い、この世界では魔力での成長が存在する。それも年輪が見た事の無い幅で刻まれていたのだ。地球なら成長の良い木でも1㎝幅で一般的にみれば5㎜程度だろう、それが直径40㎝の木に5本しか刻まれていない、脅威的なでは無く事実脅威なのだ、放置すれば簡単に町など飲み込まれる。
「エド、鉈はもう持てるな、皆が木を切って居る間、この辺りの芽を落としておいてくれ」
 普段は作業の終わりぐらいに芽を落とすらしいが、伐採作業に参加しない俺が居る今回は、ウロチョロさせない為にもちょうど良いと、芽止めを仰せつかった?
 早速大人達は斧を打ち付け木の伐採にはいる、成長が良い割にしっかりしている木は、簡単には切れず難儀している、まあチェーンソーじゃないしこの位は仕方ないか
 肉体強化系の魔法を常時使えれば、難は無いのだがそれをやると、いざという時に戦う体力が無くなる、効率世界を知っていると、もどかしくて仕方が無い。
 俺の方は鉈の使い方に関しては、山間部育ちの前世の記憶で問題無いが、そもそもの体力の問題でへばりそうだよ。
 それでも、昼頃には、百程の切り株を処理して大人達に褒められた、代償にてはマメが出来たけどね。
「坊主良く泣き事も言わないで、頑張ったなエラいぞ、それに比べてお前らの情けね~事、疲れただなんだ言ってね~で、しっかりやれバカたれが」
 初心者組の青年達がおっちゃんAに、ボロクソに怒られながらの昼休憩となる、確かに作業中ちょいちょい後から「疲れた休憩」なんて聞こえてきたのだから、まだまだ一人前と認められるには時間がかかりそうだ。
「ウェイン、坊主の手を見てやれ」
 おっちゃんBに呼ばれた兄ちゃん、ウチの三軒向こうに住むウェイン君だ、コツコツ形の面倒見が良いお兄ちゃん的な頼りがいのある男である。
「あ~あこんなにして、エドワード頑張るのは良いけど頑張り過ぎるなよ、初めての奴らが怒られちゃうからな」
「へ~い、ってか結構痛いから早めに回復宜しくです」
「まあいいや、あいつらも何時までも、大人に頼ってばかり居られないから、良い薬になるだろ」
 そんな事を言いながら、俺の手に回復魔法をかけてくれた、青年達には自活精神の強制植えつけとしか思えないが、甘ったれて居られるのは10歳を越えた辺りまでで、15歳程度で結婚する事を考えれば向こうで説教されている兄ちゃん達も、いい加減その自覚を持たなくてはいけない年ではあるのだ。
 ちなみにウェインは、ウチの父が娘婿にと狙っている男で、ウチの場合は二代に渡って似た歳で結婚しているが、五つくらい男の方が上と言うのが多いらしい。
「いや~次男で嫁が決まってる男は働きが違うもんな」
 取りあえず茶化しておく、
「まだ先の話だよ、畑もまだ一枚目だしな、あと五年くらいはかかるよ」
 小学生の半ば辺りでもう将来の事を考えなければならないのも、中学生辺りで結婚するのも、何だか複雑な感じだが、パラサイトしているおっさんおばさんよりまだましかな。
 俺の手が良く成ったところで、昼メシになった、午後大人達は交代で各自の家まで丸太を運搬だ、俺は引き続き新芽刈になるのだが、当然魔物の影響を余り受けない森からはなれた町よりの切り株はのびが悪いので、午前中より楽に作業を進められそうだ。
 昼メシは、カイ麦の分厚いクッキー?と肉の燻製に、ヒトアを丸かじり、まあ外に持ち歩く弁当何てこんなもんさ、贅沢は言えないよ。
 でもね思ったよ。
 から揚げ弁当が食べたいって。
 良いじゃないか転生者だもの。



「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く