異世界生活物語

花屋の息子

俺の魔法初登場、魔法の考察

 結果1分使って1分休憩で済んだものの、1分しか持たなて灯りなんて、エジソンに怒られるぞ。
魔法を使うには想像力も必要だとか言っていた、う~ん取りあえずこの世界にある光なんて物は、太陽や月の光と火系の光くらいだろう、実際に母も太陽と火を呪文の中に読み込んでいた事だし、出現した魔法も太陽の紅炎の中に火が揺らめく感じがイメージしたと思うモノだった。
 太陽光のエネルギーをたとえ小さくても再現させている訳だから、魔力消費も甚大な物なんだろうな、光だけですよね放射線とか紫外線なんて、マジ勘弁ですよ。
 この世界では当然見た事が無いから再現出来るかどうか、わからないけどLEDが再現出来ないかな、蛍の光みたいな冷光の強化番みたいな感じで行けないかな、あれならエネルギー変換効率が高かったはずだからそれを再現した方が無駄な魔力消費でへばる何てことも無いと思うし。
「さあ今度はエドがやってみましょうか、光を思い浮かべてそれを唱えるのよ、そうすれば成功するはずだわ」
 やり方は理解できた、いきなりLEDとかやったらあれだから、灯明の火をイメージしてやって、エネルギー効率と魔力の消費とに無理があるようなら、少しずつ移行していく事にしよう。
 それにしても呪文が簡単なのは助かる、ファンタジー理解力の賜物で一見しただけだが再現できそうだ。
 まあ一発OKも味気ないから、おふざけおふざけ。
「火よ、灯りをともせ」
 イメージ無しでは失敗、まあ当然だな。
「やっぱり早かったかね」
「そうですね、しっかりしてるとは言っても、まだ四歳だとイメージ力が足りないかもしれませんね」
 すかさず母や祖母にディスられたが、イメージ無しでやったんだ失敗は想定の範囲内なんだよ。
 今度はしっかり灯明をイメージしてついでに、子供らしくお願い調にしたよ「お皿の火明るくして」。
 今度は俺の前に、チロチロと燃える小さな灯りが出現した。
「うそ、二回目で出来るなんてすごいわ、魔力は大丈夫?無理しちゃダメよ」
 1分程で軽い疲労感があったので、力を抜くと明かりも消えた。
 うん、総魔力量と体力が足りないんだろうな。
「大丈夫かい?」
「うん畑までダーって走ったくらい」
「エドすごいわ、最初の日からこんなにちゃんと魔法を使えるなんて、ママ感激よ」
「よく考えたね。大体初めの内は大きい火をイメージするから出来ないもんなんだよ」
 この辺りはイメージ力の訓練もあるのか、大人も教えない、子供は派手好きだから、灯明みたいに地味な火はイメージしない、だから失敗するのだ、やはり大きい物の方が効率は悪いみたいで、何度も失敗させて最後に灯明をイメージするように促す、のが普通らしい。
「どうして、二回目は小さい火をイメージしたんだい?」
「おばあちゃんも、カマドに火を付ける時ちょっとしか魔法使ってなかったでしょ、だから大人と同じようにしたら出来ないかなって思ったの」
「そうだね、あのくらいなら私達はどうと言う事はないけど、エドワードの体力だと無理があるね」
 やっぱりか、まあカマドサイズの火をイメージしたら、完全に魔力も足りないしな。
 光に関しては、無駄な熱やら非効率な再現に魔力を無駄遣いして、体力も使い果たす感じだった。
 光だけなら解決案があるからいいが、火とかに関しては魔素を分離でも出来れば酸素燃焼の魔法版が出来るかもだが、案がある訳でもないし手詰まりかも。
 肉体強化は、まるで効率化出来る気がしない、特に前世の記憶が余計邪魔をしてる感じだ、。
 回復だけは元々効率が良い、と言っても損傷率に寄ってはだが、元の状態に戻すのだから、骨折やら大きな傷の治療は医療知識の無いこの世界では出来ない、あくまで外傷治療を主体にしている、内臓系のダメージは回復できない、とほほ魔法だよ。
 息も整ったところで再度挑戦だ、今度はチートで行かして貰うよ、火を使わない、電球ローソクをイメージして、出来そうならもう少し長くやってみよう。
「火よ明るくして」
 ゆらめきの無いローソクの火、まあこの世界の人は見た事の無いものだが、そこまで疑われるほどの違和感は無いから、大丈夫だろう、魔力もさっきより少なくて行けそうだ。
 ちなみにこちらの世界に来てこのかた月を見ていない、多分存在しないのだろう、太陽光の反射だったと記憶しているが、あれならこちらの世界の人でも、エネルギー効率良いのに残念だよ。
 だいたい発動から2分ほどで、灯明と同じ疲労感に達した。
「さっきより長かったけど、大丈夫なの?」
 母の心配をよそに、効率の所為で体への反動は大した事が無い、保育園児の体力でも、100mくらい走った程度で倒れるなんて事は無いのだ。
「なんだろう、さっきより楽だった~」
 ええ、すっとぼけました、イメージ力ハンパないんで、とは言えないからね。









「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く