異世界生活物語

花屋の息子

地球と異世界、勘違い

それから少し経って春の終わりに、俺は四歳になった。
少しは畑仕事を手伝える、ほどに体力も付いてきたと自分では思っている、それでも戦力扱いは来年からで今年は三軍のベンチくらいかな。
それから少しして時期は夏の初めになった、地球の認識とこの世界で生育している作物との違いについて、俺の主観になるが少し話そうと思う。
世界と言ったがこの町から出た事が無いから、すべてに当てはまるかは解らないんだけど、まあこの町でも良いか、主食に食べるエン麦は地球のエン麦とはほぼ別物と言えるものだった。
乾季の終わりに種をまき、雨季に生育したそれは春になると根本に水を張る、雨季までなら同じものと言えたかもしれないが、水田のように水を張った畑を見ればそれはもう別の作物だとしか言えない。
そのまま春の半ばまで水を張り夏に向けて水を切り、畑を干していく、晩春に穂が垂れたエン麦の実が初夏に向かうに連れて黄金色に実る、そして、今まさに収穫まっただ中と言うわけだ。
「パパ、今年はいっぱい?」
このエン麦モドキの正式名称は知らないし、豊作という言葉も知らない俺のボキャブラリーではこの質問しか出来ない。
「そうだな、カイ麦の実入りも良い今年は豊作だな」
やっと名前が聞けたエン麦モドキの正式名称は、「カイバク」と言うらしい。
「わ~い、豊作だ~」
ここは子供らしくはしゃいでおくよ。
「お~い、お前たち豊作で忙しくなるんだ、浮かれてないで手え動かせ、この畑はきょう終わらせるで、そのつもりで動けや~」
祖父からの檄が飛ぶ、その祖父にしても豊作の所為かいつもより顔がほころび気味で声が高めだ。
カイバクの収穫は日本の、米の収穫そのままと言った感じだ俺も小学校のころ体験学習でやった事があるが、鎌で株元を切ったら藁で括る、それをハゼと呼ばれる干し棒に掛けて乾燥させるのだ。
それにしてもこのカイバクは実以外はほぼ稲だ、若干葉や茎は麦寄りだが生育環境などは稲に似ている。
そんな事を思いながら作業をして、昼までには半分以上刈り終えた。
中腰での作業は子供の俺にはあまり堪えないが、大人たちは別のようで腰を伸ばしては叩いている。
「じーちゃん帰ったら、腰揉んで上げる」
「エド帰ったらなんて言わずに、昼飯までちっと腰に登ってくれや」
俺からの提案は、却下だったようだ、夕方まで我慢できないし、揉む方にしたら多分力がなさ過ぎて揉んだところで効かないと判断された。
畦道の草むらに、横になった祖父の背中に登ると、そこもう少し強くだ、もう少し上までだと指示がくる。
祖母が「ご飯だよ」と呼びに来るまでの、数分間祖父の背中をフットマッサージし続けましたとさ。
「ハンナ午後からはハゼ掛けに入ってくれ、リースとエドはばーちゃんのところまで、じーちゃんと父ちゃんが、刈ったカイバクを運ぶんだぞ」
祖父から午後の作業の指示を受けながら、昼食を取る大盛りサラダとオートミールは変わらないが、この時期スープが変化する、それが少し懐かしいワカメなのだ、ただ当然のように異世界では味が似ているだけでモノがまるで違う、こちらのワカメモドキはビロ~ンと海草のように木から垂れ下がっているキノコで、森に生えている、まあ少しでも懐かしい物が食べられたのだから、けして細かくは無いのだけど細かい事は気にしない事にした。
午後の作業は子供には一苦労で、乾いていない藁籾の重い事と言ったらこれが腕に来るのだ、少しの量なら軽いのだがそれでは、祖母の作業が止まってしまう大量に運ぶと重くてしんどい、ハゼ自体が畑の片隅にあるのだから後になるほど、遠くなっていくのもキツさに拍車をかける。
片隅に寄せるのは理由がある、カイバクの収穫を終えた畑には二期二毛作で、次の作物が蒔かれるのが一般的に行われる畑の使いかただ、半分にカイバクを蒔いてもう半分に豆や野菜などを蒔く、二期目のカイバクは秋小麦のイメージかもしれない。
二期目のカイバクは領主に税として納める分で、これを作らないと税が納められなくなるww。
二毛目の夏野菜は、この世界でも実物が多く作られる、フェーネルと呼ばれる空洞が無いパプリカや、ヒトアと呼ばれるミニトマトのように鈴なりに実るタマネギが多く作られる、この二つは保存性が良いので夏に作って一年間食べるのだ。
作業も夕方近くには、ほぼ終わりこれから3日ほど乾燥させて脱穀になる。
めったに無いみたいだけれども、万が一雨が降りそうなら納屋に避難させないと大変な事になる、このカイバク吸水がものすごく良いのだ、雨水を吸い込んでまた数日は干し直しになる。
まあこの辺りは夏の降水量が少ないので、雨で脱穀が出来ないなどと言う事は無いみたいだけど、全く降らないわけでわ無いから気を抜いて、朝起きたら雨なんて笑えない事も偶にはあるようで、どこの家も刈り終えたカイバクが心配と、家長さんは眠れない夜を過ごすらしい、明日どころか一週間先まで天気が分かる、天気予報を今更ながらにスゲ~と思うし、この世界にも欲しい。
さて、三日後の脱穀が楽しみだ。
と言いたいところだか、明日から早速に夏カイバクを播くので、その前準備をしなければ作業が進まない、ゆっくり休んでカイバクの乾燥を待つ訳にはいかないのだ、この世界に週休二日制のホワイト企業なんてそもそも存在しない、まあ日本も明治辺りまで休みの日なんて無かったのだから、そんなに不思議でも無いんだけど。
さあ明日も働くぞ。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く