異世界生活物語

花屋の息子

魔法の登場、食事の事情

 さて調理だがIHクッキングヒーターを使ってなどと言う事は無い、もっと言えばガスコンロなどと言うものも無い、あるのはカマドなのだ。
 それもタイル張りとかの昭和レトロな物ではない、所々ヒビが入り表面が剥離した二つ穴式の土カマドを使っている。
 このカマド煙突などと言うものは付いていない、煙は屋根に開けた天窓から出て行く作りをしている、このあたりは江戸時代の長屋みたいな作りだなと思った。
 いつもはこの時間、子供部屋に篭って異世界考察をしているのだが、今日は珍しくキッチンスペースに来ていた俺は思いもかけぬものを見てしまった。
 焚き付けに火をつけるのだが、マッチなど無いだろうから火打石辺りで火をつけると思っていたのだが、祖母がブツブツと何か言うとカマドに火が付いたのだ、これはもうお口があんぐりな光景だった。
「ママ?ひ?」
 さあ母よ、この三文字から俺が、な、なんで火が付いた?火打石は?マッチは?どうやったの?を読み取ってくれ!。
「どうしたのエド?」
 おおやはり伝わらない様だ、さて低ボキャブラリーな俺はどう伝えたえたら褒められるのでしょう、教えて下さい・・・
「ひ・ぼって!」
 カマドを指差して、火が付いた事に驚いたとジェスチャーを交えてみた。
「ああ、エドは魔法見た事が無かったのね、あれはね「魔法」って言うのよ、おばあちゃんが火の魔法さん出てきて~って言って出てきて貰ったのよ」
 何か聞いた感じだと精霊魔法系っぽいけど、見てた分には黒魔法系なんだよな??
 ごっちゃごちゃになってきた、これは自分でやってみるしか無いか、母もまだ早いと思ったのか食事の用意に忙しかったのか、それだけしか教えてくれなかったが、今一つ魔法があるって今年か解らなかったが、それだけでも大きな収穫な訳で。
「(あったよ魔法、転生万歳さらに三唱)」
 これ以上母を質問攻めにしていては、僕のご飯が遅くなってしまうのでこのくらいにしておいた、これからは注意深くどのような魔法があるのか観察していく事にしよう。
 今日の夕飯だが、メニューは鹿のステーキ(俺のはハンバーグだが)とサラダにスープ、主食は未だに慣れないオートミール・・・多分こんな味だったと思う、。
 この世界に来て米と言うものを見た事が無い、米だけならまだしも小麦やライ麦なども生産されていないのだ、黒パンとかって言う物までは覚悟していたが、まさか主食が粥とはお釈迦様でも思うまい、こっちの世界には居ないだろうけど、とほほ。
 米の粥は好きでたまに食べていたけど、俺は大の米党でパン食すらキツいのだ、それがオートミールとなると堪える。
 と言えどもそれしか無いので、食べるしかないんだけどね。
 エン麦という麦自体は、小麦畑の雑草からスタートした穀物なのだから、小麦は探せばあると思うけど米は無理なんだろうな~。
 感傷に浸っていると俺の分の食事が運ばれてきた、所詮は赤ん坊扱いからやっと抜けるかと言う歳なのだ、食器で遊ぶなんて事はしないが、食事に介助が必要だろうと大人判断で先に食事になる。
 まあ一人で食べれるからもう「あ~ん」なんてさせないけどな、この世界では食事の前のお祈りもいただきますも無い、うちでは父さんかじいさんが「おお今日も美味そうだ」と並べられた料理に手を付けたところからみんなが手を付け始める、母やばあさんもその時にゆっくり食べたいからなのだろう俺だけ先に済まされてしまうのだ。
「しっかし、手の掛からない子だよエドは、こぼさないどころか好き嫌いも言わないし、あたしも何人も育ててきたけど、こんなに手の掛からない子は見た事が無いよ」
 もうオネショだけでもご迷惑をお掛けしてますんで、その他までは気が引けるんで御座いますよ。
「そうですね、リースのときはもっと大変でした、逆にここまで手の掛からないのも物足りなく感じます」
 母よ、お腹の子が俺の分まで手を掛けてくれるから、休養期間とでも思って下さいな。
 普通の二歳児なら口の周りに、ベットリ食べ物をつけながらの食事であっても不思議ではないのだろうが、当然俺はそんな事に成らないように食べるのだから、周りは見てるだけになるこれならそもそも別で食べる必要ないんじゃない?
「食べ方は綺麗だし、どうなってるんだろうねこの子は?」
 すいません、転生は墓場まで持ってくつもりでいるんで、実はあなたの孫は三十オーバーです、何て言えないし、よくよく考えたら母より祖母の方が余程年が近いのだ、日本なら珍しくも無い話でもこの世界ではもうじいさんと呼ばれても可笑しくない年なのだから、食べ方程度で関心されてもと思ってしまう。
 そんな、祖母たちの視線を浴びながら食事をしていると、じいさんと父が畑仕事から戻って来た。
「お帰りなさい、さあご飯にしましょ」
 そう母が声をかけて母以外が席に着く、この世界のステーキはほぼウェルダン位までしっかり焼く、すでにミディアム位まで焼かれたステーキを、再加熱して内部の赤みを無くしてから食卓に上げる、母は今その行程中だ。
 食品衛生法どころか屠殺場も無いジビエを食べるのだから、レアで食べるなんて自殺こういなのだろう。
 メインの肉が出てくるまでの間食卓は大盛りサラダの大食いか?と思うほどバクバクとサラダを皆食べる。
 今の野菜不足の日本人に見習わせたいほどの量を食べる、太って居る人のいないのは、これも一因なんだろうな・・・
 こうして楽しい食卓と共に、俺の異世界生活の幼児期が過ぎていくのだった。









「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く