異世界生活物語

花屋の息子

もどれないことはやいちねんはん

どうやら、夢を見ている訳ではなかったようだ、この世界に来てから早一年半が過ぎようとしている。
子供の脳はどう言う構造なのかと思うほど、言葉も理解できる様になってきた、生前あれほど苦労した英語の授業に、この能力もって戻れないかと想うほどに。
ただ発音はまだ旨く出来ないので、パパとママはなんとかクリアしたがお姉ちゃんが「ねねちゃ」になって、祖父母は「じ~じ、ば~ば」なってしまうのはご愛敬と言うところだろう。
って何だか言っててかわいいな俺。
前後するが俺の家族を紹介しよう、まずは父さんグラハム18歳、普段は畑仕事をしているが領主に使える兵士でもある、日本風に言えば一領具足みたいなものだ。
次に母さんシーリス17歳、主婦で家の事をやっている、お腹は膨らみかけているのでもう半年くらいで、弟か妹が出来る予定だ。
姉さんリース3歳俺をかまってくれている。
父方の両親となる祖父母クライン37歳とハンナ36歳、祖父ちゃんは父さんと代替わりする前は兵士だったらしい、今は畑仕事メインで頑張っている、祖母ちゃんはこの町一番の料理名人らしい、母が毎日特訓を受けている、うちの家族はこんな感じだ。
日本だったら、なんかイロイロ問題になりそうな年齢だよな、○4才の母的なあれで。
そんで俺はと言うと、やっと外を歩けるようになったので、母や姉とお散歩が日課だ。
外に出て解った事は、ここがとんでもなく田舎だと言う事だった、まず家の数が少ない、日本に住んでいた時も都会人どころか、生まれも育ちも長野の山間部だったけど、ここまでのド田舎ではなかった。
家の作りも戦後のバラック住宅の方が上等に見えるレベルで、板壁には隙間が開いている家だし、窓は板を太い枝で支えるタイプ、障子もガラスも見た事が無い、その所為で冬なんかは家の中はだいぶ暗い、生まれてこの方ロウソクも見た事が無いから文明レベルも低そうだ、明かりは皿に油を入れて芯に火を点ける灯明を使っている。
水は川の水で水道などという物は無いし、道路は土引きでかなりデコボコしている、アスファルトが懐かしいなんて思ってないんだから。
この土舗装は雨が降ればぬかるむし、乾季の今は風が吹けばホコリが舞い上がる、まあ周囲一面が畑だからその所為もあるんだろうが目に土ボコリが入って痛い、何度涙を流した事か。
そんな道をしばらく歩くと商店の前に来た、ここは馴染みの肉屋さんで店主はこれで肉屋かよ、と言いたくなるほどの、ヒョロヒョロな男が営んでいる、肉屋なんだからしっかり食えよ。
「い、いらっしゃい今日は何にしましょう?」
その体型でドモルなよおっちゃん、ヒョロさに余計箔が付いちまう。
「この鹿のお肉と1ケムと、挽き肉100フルちょうだい」
この鹿の肉は、この辺りでは一般的な肉らしくよく食卓に上がる、母が注文していたケムとフルは、ケムとキロがだいたい同じくらいフルは、グラムに当たる単位のようだ。
「毎度有り難うございます、鹿肉一ケム百フルで1200ピリンに成ります」
ピリンはこの国の通貨だ、千単位まではピリンで万単位からは、また変わるらしいが二歳児が万単位の金を見る機会など無い訳でまだ見た事は無い、千ピリン硬貨までしか見た事が無いのだが、この歳で金に興味を示のもどうかと思って、触った事もないので材質は解らなかったけど、千ピリン硬貨は500円のような色合いの黄色みがかった金属で出来ていて、コインと言うより甲州金のような潰れた饅頭型をしている。
百ピリン硬貨は、10円玉と同じ青銅製だ、この下に十ピリン硬貨もあるが同じ青銅製だった。
「また宜しくお願いします」
お金を払って物を受け取ると、元気の無い声でお礼を言われた。
来た道を帰りながら、姉が俺が感じたのと、同じ質問を母にした?
「ねえママ、お肉屋のおじさんお肉ちゃんと食べてるのかな?、いつも元気ないけど?」
と言うと母のツボに入ったのか、ケラケラと笑いだし周囲の目線を集めてしまった。
「そうね、いつも元気ないわね、あなたたちはお肉大好きだから元気いっぱいね、いっぱい食て大きくなってね」
「うん、いっぱい食べる~」
姉が元気良く答えると、母は嬉しそうに微笑んだ、ここは俺も応じた方が良いだろう。
「ぼくもたべる~」
「エドもいっぱい食べてね」
「うん」
自分でも猫かぶり気味かと思うけど、二歳にもならない子供が俺とか使ってたらおかしいかなって事で、僕で通している、コ○ン君の気苦労が分かる気がするよ。
うちでは主食用のエンバクと副菜となる野菜は作っているので自給自足だ、肉は父や祖父が農閑期になれば自分で採ってくるが、農繁期の今は畑が忙しいため購入している。
今買ったこのシカの肉だが奈良に居るような、何とも愛らしいかわいい鹿ちゃんなどではない、3ヶ月ほど前に祖父と父でし止めて来たのを見た日から、しばらくオネショが止まらなくなるほど恐ろしいバケモノだ、このあたりでは一般的な魔獣らしいがホーンディアーと言う、大きさだけで言えば鹿の二倍程度なのだが妖刀かと思うほどの赤黒い一本角と死んでるにもかかわらず見開いて血走った目、眉間に入った威嚇皺とどれを取っても、オシッコをチビル理由には事欠かないレベルだ、見たその時はバッチリ卒倒したさ。
しかしその見た目とは、正反対に味はめちゃくちゃ美味い、味は牛肉に近いが牛のような臭みは無く油もぱさつかない程度しかないため、いくらでも食べられる肉なのだ。
そのほかに食卓に上るのは、口の中にエイリアンかと言うほどに牙が生えた肉食ウサギの魔獣ファングラビだ、あの口を見ればウサギさんなどと思う者は絶対いないわ、この世界の人間に本物は可愛いのだと言ったところで頭がおかしいヤツ扱いを受けるだろうな、カワイイのに。
ただ、こちらも見た目とは裏腹に味は大変よろしい、肉食獣は臭みがあると聞いた事があったが、地鶏に似た濃厚な旨みとさっぱりとした味わいで、現世に戻って料亭に持ち込みたいと思ったほと旨かった。
これ以外にも、魔獣はいるが父たちが採ってきていないので、どう言う者が居るのかは解らない、大きくなったら俺が倒す?
何て思っていたら家についてしまった、母は姉に畑にいる父から野菜を貰ってくるように、お手伝いを頼み俺を連れて家の中に入った、流石にまだ二歳に達しない俺ではお手伝いは無理だ。
この世界残念なのは、毎日の料理だが味自体は美味しいのだが、はっきり言ってバリエーションが少ない、まあ現代日本にいたらどこに行っても、料理のバリエーションにはケチを付けたくなるのも仕方の無いのかもしれないけどな、世界一美味い物が食べたければ銀座に行けとか言うらしいし。
まあ救いは、朝食はから揚げ弁当で、昼はコーヒーだけまともなのは夜だけと言う生活をしていた身からすれば、現在の方が余程充実した食生活をしているのだから、生前何をして居たんだと自分で自分を罵りたいなどと思ってしまうのだ。

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く