異世界生活物語

花屋の息子

異世界遊戯、キラキラとした石

姉で実験した後の雨季の晴れ間、友人の家を回り新しい遊びを考えた事を伝えた、雲の流れも穏やかな日なので、集会所の広場に他の子を誘ってきて貰うように頼んで、俺も他を回って家の周辺の子は…結局全員集まりましたとさ。
「うぉふぉん。えー本日は新作発表会にお集まり頂きありがとうございます。開発者のエドワードと申します、え~」
「早く教えろよ」
「エド何言ってるかわかんない」
カギんちょ共ががやがやしてしまった、前置きは仕様だろ、学校でもあれば校長の長話に耐性付くんだろうけど、無いものだから余計にがやつく。
「ちったー、前置きくらいさせろ、今日やるのは、いっせーのーせだ」
「なんだそれ~」
「説明するから待て、少し待て、やり方は二人で親指上にして拳を合わせる、いっせーのーでって言ったら、数を言いながら親指を立てる、言った数と親指の本数が同じなら片方の拳を下げて、両手が下がれば勝ち、残った数より上を言ったら反則、ルールはこれだけ簡単だろ」
みんなの顔を見ると理解できていなさそうなので、取り合えず近くに居たリアム君4歳に、俺の相手をしてもらう事にした。
「最初はようっくり説明しながらやっていくからな」
「エド、早く早く」
おう、早速説明を端折って聞いてやがったな、拳を横にして付き出しているのを見ると、ため息混じりに一から直しながらになる事を覚悟してしまった。
「そうじゃない、親指が上になるように、そう、じゃあ行くぞ拳を合わせて、俺がいっせーのーで2って言うから、で、って言ったと同時に親指を二本上げてくれ」
「わかった」
「じゃ行くぞ、いっせーのーで2」
俺は一本だけ上げる、リアムはと言えばきちんと言われたタイミングで、親指を上げてくれたのにホッとした、これで上げないとかじゃもう目も当てられないからな。
「これをターンって言う事にしよう、で次はリアムのターンだよ、今度はさっき俺がやったみたいに、いっせーのーでの後に無しから3までの数を言ってくれ」
「いくぞ~いっせーのーで4」
俺の指は2本リアムも2本上げたのでリアムの勝ちだ。
「このターンはリアムの勝ちだから、片方下ろして」
「よっしゃ、勝った~」
わ~いわ~いとはしゃぐリアムの姿を見て、外周に集まった子供たちもウズウズやりたそうに見ている。
「リアムまだ終わってないぞ、次は俺のターンだ片手出してくれ」
リアムに片手を出させて、今度は反則をしよう。
「次は反則するからな」
「なんだよそれ、ズルか?」
「違う違う、言っただろ説明しながらやるって、だから反則の説明もしないと遊べないだろ、今リアムが1本上げられる俺は2本だ、二人足しても3にしかならないからこれで4って言うとそれが反則になるんだ、良いかやってみるぞ、いっせーのーで4」
「これはどうなるんだ?」
「反則した時は、相手が片手を下ろす今回はリアムが片手だから、これで両手が下ろせるからリアムが勝ちだ、みんなも隣の人とやってみてくれ」
俺のゴーサインとともに、二人一組になって「いっせーのーせ」を始めた。
最初こそ探り探りだったが、一時間もやっているとだんだん慣れてきて、無しのフェイントを掛けてくる者も出始めた、こうなれば後はもう勝手に楽しんでもらえれるだろう。
そして「いっせーのせ」は一月もしない間に、この町の子供たちに大流行した、まあ二人居れば遊べるしルールも簡単なのだから、娯楽が少ないのだ新しい娯楽が入れは一気に広がる。
一つ想定外だったのは、賭博性が無いと思っていたが予想に反して対戦者同士での賭けが行われ始めた事だった、と言っても金銭が掛けられるのでは無く、子供の間では「キラキラ石」と呼ばれる、東の草原に沢山落ちている小石がチップになっていたのだ。
中でも隣の家に住むリードは結構強くて、腰につけた巾着状の袋にはキラキラ石がジャラジャラと入っていた、何度か俺にも勝負を挑んできたが6:4で何とか勝ち越してはいるが、来月には逆転されるかもしれないな。
リードは、キラキラ石を大量に持ち歩いて、その強さを自慢している、俺には結構負けているくせに。
姉経由で、年上にも広がり、町全体に新たな遊びが広がった。
さてこのキラキラ石、東の草原に行けば採取可能なのだが、草原にはいくら小型と言っても魔物が出る為、大人と山菜摘みに行く時にしか拾ってこれない、それでも野菜感覚で採取には行くのだから、そんなには間を置かずに採って来れるのだが、中には山菜そっちのけでキラキラ石拾いをして怒られるヤツも居るとか居ないとか。
しかし極めつけは、男連中が酒の席でいっせーのーせをやっている話を聞いた事だろう。
泥酔するまで飲む事はないが、一勝で一杯おごれとかをやっているらしい、何やってんだか?
まあ、大した賭博にはならないから放っておいても、破産する訳じゃないし娯楽の少しくらいは許容範囲だろう。
ちなみにおれはリードよりも、大量のキラキラ石を持ち歩き絶対王者として君臨しているよ、年季が違うんだよ⤴

「異世界生活物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く