異世界魔王とメイド騎士

夜空ノラ

第0話 現実世界の私とその友人

新学期が間近の8月下旬
私は高校生活最後の夏をエンジョイしようと
クラスメイトたちと海へ遊びに来ていた。

私の名前は 橋口琥珀(はしぐちこはく)
どこにでもいる女子高生
趣味はアニメとラノベ、いわゆる隠れオタクである

「琥珀、琥珀、こっちで一緒に遊ぼうぜ?」
少し遠くで叫んでいるのはクラスメイトの青山凛(あおやまりん)
イケメンだが幼馴染みという理由だけで
「琥珀は俺といるのが当然」みたいなことを素でいっちゃう凛には
少しいや相当困っている。
さらに凛はご都合解釈という特技を持っている
この前凛の5回目の告白を断った時も
まだまだ諦めていないようだった。
こんなのでもモテるのだから顔面偏差値はとても大事なんだなと
思った。

「ほら琥珀行こう」

今のは夏野恵美(なつのえみ)私のオタク趣味を知りながらも
仲良くしてくれる親友だ。私と恵美も幼馴染みでいつも一緒にいる
凛とのこともいい感じに仲裁してくるのでとても助かっている

私はそれに頷き凛の所にしぶしぶ走っていった。
私たちはくたくたになるまで遊んだ。

私たちは田舎に住んでいるので家に帰るにはまずバスで
空港までいかなければならない。
バスは予約を取っていて貸し切りだったのでとても良かった
みんな海で疲れたのかみんなすぐに寝てしまった

私も眠くてうとうとしているとバスが大きく揺れた
その後少しの浮遊感の後私の身体に感じたことのないような
痛みと衝撃が襲った

私はそこで意識がとんだ





ニュースをお伝えします
今夜未明ごろ高速道路でバスの転落事故が発生しました
バスには高校生の一団が乗っていたとのことで
死亡者3名 重軽傷者13名 とのことです
事故の原因は運転手の居眠り運転だそうです。
次は天気予報です....

「異世界魔王とメイド騎士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー298098

    エアコン!?

    0
コメントを書く