《ハーレム》か《富と名声》か。あの日、超一流の英雄王志願者パーティーを抜けた俺の判断は間違っていなかったと信じたい。

しみずん

0 豊穣の大地グラ

 豊穣の大地グラ。

 広大な面積を誇るその大地は豊かな大地の恵みで溢れ、訪れた者は皆、まるで楽園にでも迷い込んだのかと錯覚してしまう程に美しい大自然が広がる場所だった。

 そんな豊穣の大地グラを治めていたのは、知らぬ者などいないであろう、かの英雄王で有名なトルメキア帝国。

 英雄王が治めるトルメキア帝国は法律によって統治され、人々が安全に平等に暮らせる夢のような大国であった。

 そんなトルメキア帝国を治める英雄王は約半世紀に一度、前任の英雄王から資質あふれる若者へと王位継承される。

 若者達は皆、次世代の英雄王になる事を夢見て切磋琢磨する。

 そして次期、英雄王の最有力候補として注目されているのが我等がリーダー《金のシリウス》である。

 そんな金のシリウス率いる英雄王志願者パーティーの、とある日の出来事からこの物語は始まる。

「《ハーレム》か《富と名声》か。あの日、超一流の英雄王志願者パーティーを抜けた俺の判断は間違っていなかったと信じたい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く