俺は君が

須方三城

エピローグっていうかプチ後日談



 緊張する。
 今年、入社の際に買ったばかりのスーツを着込んで、俺は彼女の実家の門の前に立った。


「そんな緊張しなくても大丈夫。父さんも母さんも、付き合いたての頃から歓迎ムードだもん」
「そ、それでもな……やっぱアレじゃん、悪い印象は与えたくないし……」


 細心の注意を払うとなると、やっぱ緊張してしまう。


「……あなたの場合、どれだけ悪ぶっても悪い印象与えられないと思うけど」
「なっ、俺にだってたまにはニヒルな格好良さが……」
「ぷっ」
「うぉぉぉぉい!? その笑い方は傷つくよ!? 俺ただでさえ緊張してるからちょっとの刺激で泣くよ今!?」
「はいはい、じゃあ、行きましょー」
「ちょ待っ、まだ心の準備がですねぇってああああああああ!?」


 俺の意見など完全無視で、彼女は門を開け放ってしまった。


 ……うぅ、この数年ですっかりカカア天下と化してしまった気がする。
 男と付き合うと女性は急激に強かになるって聞いた事があるが、まさか身を持って体感する事になるとは。


「ほら、行こ」


 ま、それでもだ。
 その控えめな笑顔の可愛らしさは、今もなお健在である。


「……ったく……人の気も知らないで」


 彼女の笑顔のおかげか、もう敷地内に踏み込んでしまったためにヤケクソになったのか、何となく、気分が軽くなった。
 こうなったら、ちょっとだけ逆襲するしかないな。


 彼女には、弱点がある。
 それは、俺に『ある言葉』を言われると、りんごみたいな真っ赤な顔して取り乱してしまうという点だ。


 もう何万回と言い聞かせているのに、未だに慣れないらしい。
 本当、あのリアクションはいつ見ても可愛い。この先も一生慣れないでいただきたい。


「そうだ、ちょっと耳貸してみ」
「ん? 何? 父さん達に何かサプライズでも仕掛けるの?」
「いいからいいから」
「?」


 くくく……無防備に近付いて来てからに。
 本当警戒心の薄い小動物の様な子だ。


「よぉーく聞いてくれよ」
「うん」


 さぁて、逆襲開始だ。




「俺は、君が―――



「俺は君が」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く