話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)

まかない

25〜自己スキル②〜

「で、クリムどうやって自己スキルを作ることができるんだ?」
俺は自己スキルの作り方を教えてもらう最中だ。するとクリムは立ち上がる説明し出す。


「まず、自己スキルには普通のスキルと一緒で効果に種類があるの、1つ目は攻撃スキル、これが一番種類の多くて、名前の通り攻撃に向いてるスキルで自己流スキルも多くあるんだ。」
「え?自己スキルと自己流スキルはなにが違うんだ?」
「そこから、、自己流スキルって言うのは属性さえ合えば誰でも使えるスキルで人から教えてもらったりスキルを書き写されたスキル本とかで学ぶことで会得したり、ある程度の技量がある人なら自分で作ることができるスキルなの、でも自己スキルは作った人以外は使うことが出来ないし作るための条件も厳しいスキルなの」
「なるほど、てことは自己流スキルは誰でも使えるスキルで、自己スキルは自分専用のスキルってことか、」
「ま、そう言う事だけどリラは大雑把だな〜」


とクリムは大雑把と言っていたが仕方ないじゃないか!まだよく分からないし、という心の声が届く訳もなく、クリム先生の説明は続く、


「、、、と言う事でさっきの話に戻るけど、攻撃スキルの他にあと強化スキル、妨害スキル、支援スキルがあるの、強化スキルと支援スキルは似ていて強化スキルは自分しか強化できないけど強化できる上限が高くて、支援スキルは周りにもスキルを掛けることができる代わりに上限が低くなるの、だから内容は同じでも強化、支援を別々に同じものを持ってる人もいるの、で妨害スキルは、相手の足止めとか状態異常を掛けたりできるの、という事でリラはどんなスキルを作る?」


「うーん、他の自己スキル持ちはどんなスキルを作ったんだ?」クリムに聞くと、クリムは椅子に座り込み少し考え込むと、思い出したように顔を上げると、
「しっかりとは覚えてないけど、おとう、、じゃなくてギルマスに小さい時助けられたけどその時ギルマスの存在感がいきなり大きくなったと思ったらとてつもない光がギルマスの手に集まっていってすごい音がした瞬間、前にいた敵と山が完全に消え失せていた。」
「そ、そのあとはどうなったんだ?」


するとクリムは困ったような顔をして、「それが気を失って覚えてないないんだよね、、」この話を聞いてギルマスは怒らせてはいけない人ランキングに堂々の1位になった瞬間だった、、

「おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く