話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)

まかない

22〜初めてのクエスト前編〜

朝がやってきた!と言うことで初めてのクエストをするためにクリムを起こし、準備をして、ギルドにやって来た…と言うか下に降りただけだけど、という事でクエストボード前にクリムと来てみるとたくさん依頼用紙が貼られてありゲームで見るのと同じ感じだった。


そして、クエストを選んでいるんだが、、ギルドのクエストは冒険者のランクによって受けれるものが違うらしく、一番下のランクである俺が受けられるクエストは、採取クエストや最弱のスライム討伐などしか無く、熱い戦いやダンジョン攻略みたいな冒険者ぽい事をしたいと思っていたため少し落ち込んでしまったが、クリムによると割とすぐにランクは上がるらしい、まぁ、Bランクのクリムが言うのだから間違いないだろ。


気を取り直して、採取クエストを受けることにした。もちろんクリムも同行することになった、受けたクエストは、クエ草と言う回復薬を作る際に使う素材を20個採取といった感じだ、俺たちはさっそく依頼用紙を取るとカウンターに向かう。


無事に依頼を受けることが出来たので、街の入り口へと向かう。4日ぶりぐらいの門の前までやってきた、ちなみにこの国は城壁に囲まれており、魔物の侵入を防いでいるため安全だが、そこから出ると周りには魔物がいる為注意が必要だが、成人男性だったら簡単に倒せるような魔物しかいないため比較的に安全なのだが、クリムは冒険者としている期間が長いからか何も言われていなかったが、俺は門を見張っている衛兵さんに心配されてしまった、俺も冒険者ですと言うとまだ納得して無さそうだったが、クリムが「僕が試験管だったよ?」と言ったとたん驚いた顔して頭を下げてきて、「なら大丈夫ですね!」と言って通してくれた。クリムによると、うちのギルドは他のギルドと違う試験をしているかららしい、普通のギルドは、試験などせずに登録できる。そのため簡単には登録できない、この街で冒険者登録した冒険者の信頼は高い。


さっそく街を出ると平原が広がっている、季節的には夏なので空には積乱雲のような大きな雲が浮いていた。依頼の品を採取するために森の方へ向かう。


「そういえば、クリムっていつから冒険者になったんだ?」
「えーと、確か8歳だったかな〜」
「え、でも冒険者登録ができるのは、11歳からじゃないのか?」
「クリム知らなかったの?2年前に変わったけどそれより前は何歳でもなることが出来たんだよ!」
「へぇー、それは知らなかったな。」
「リラってなんか、結構常識知らないよね」
「あはは〜」


と笑って誤魔化したが、知らないに決まってんだろ!異世界なんだから、、、と心の中でつっこんで置いた。











「おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • RAI

    間違っていたらすみませんけれど下から10行目のクリムはリラなんじゃあないんですか?間違っていたら本当にスミマセン
    あと頑張ってください!応援しています体に気おつけて下さい

    0
コメントを書く