話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)

まかない

17〜最高の1日〜

俺は冒険者登録のために水晶に触れる、すると一瞬だけ発光してすぐに光が収まる。突然の光のせいでつぶっていた目を開けるとそこにはカードのようなものに水晶がなっていた。
「おめでとうございます。これで、登録が完了しました。」


と、受付嬢が声をかけてくる、俺も反射的に「ありがとうございます」と言うとクリムも「おめでとう!これで立派な冒険者だね!」と嬉しそうに言ってくる。


そして、カードを持ち上げてよく見てみるとステータスがしっかり記載されていて、今更ながら本当に異世界に来たことを自覚する、反応が薄いように見えるが感動してそれどころではない感じだからだ。因みステータスはこんな感じだった。


冒険者ランクG
リラ=???? 種族人間(???) 11歳


基本ステータス


STR A      AGI S


DEX SS     INT SSS


VIT A+     MND SS+


能力スキル
黒魔術 レベル3
回復魔術 レベル2
不老不死 レベル 1
影操作 レベル1
黒炎弱 レベル1
黒糸弱 レベル1


耐性
恐怖耐性


祝福(???)
????の自動修復機能


称号
不死者 極めし者 唯一の存在 不死の王




といった感じなんだが…これバグってじゃないか?なんかステータスが超強いしかっこいい称号もあるんですけど、、、


「どうかされましたか?カードに不備などはございませんでしたか?」
「い、いえ大丈夫です、」動揺で声が裏返りそうになるが、受付嬢は気づかず、


「分かりました。冒険者になったからと言って民間人などを傷つけた場合、冒険者登録を取り消しになる可能性があるので気をつけてくださいね。」
説明をしてくれた。


「これ冒険者登録が完了だな!さっそくステータス見せてくれよ!僕のも見せるから!」と、テンション高く言ってくるクリム、でも流石にこれ見られるのヤバいんじゃないか、面倒なことになりそうなるような、するとクリムが俺の隙を見てカード奪う。俺は声を出させないようにクリムの口を手で覆うが1歩遅かった。


 「リラもSSSがあるの!?」大声でクリムが叫んでしまい、冒険者の視線が一気
に集まる。あーあ、強いからって言って、こっちの世界でも使い潰されて最後には捨てられるのかな…てか、待てSSSてすごいステータスだよな、
でもクリムは、リラもって言ったぞてことは、俺はクリムのカードを見る、そこには。


冒険者ランク C
クリム=スリート 人間(仙人) 11歳


STR SS     AGI SSS


DEX SS+    INT S  


VIT A      MND A+


能力スキル
風魔術 レベル4
聖魔術 レベル5
聖風魔術 レベル2
神速 レベル5
無音 レベル3
短剣術 レベル6
料理 レベルmax


耐性
恐怖耐性 
毒耐性 


祝福
????


称号
不死者 料理神 恐怖なき者 殺戮者 唯一の存在 極めし者 敗北者


「ちょ、え、強すぎねーか!クリムもSSSあるじゃねーか!」と声をあげてしまう。するとクリムがどうだ!と言う感じでドヤ顔している。少しイラッとしたの無視をしていると周りの視線が完全にこっちにかたまっていた。


まずいことになった…冒険者たちの顔は驚愕でかたまっている。クリムを見ると、(あちゃー)みたいな感じで舌を出していた。かわいいな〜じゃなくてどうすればいいんだこの状況。どうすればいいかわからずオロオロすると、1人の冒険者が大声で言う「さ、最強冒険者パーティーの誕生だ!」すると周りもつられたように声を上げる。


驚いていると、さっき大声を上げた冒険者が近づいてくる「君たちどっちとも極めし者だったのか!ん?俺か、俺はこのギルドのギルドマスターだ!」と言ってきた。
え、こんなのが?みたいな顔になってしまったがよく見ると結構筋肉質な体で酔っているからか、赤くなった顔にはしっかりとした意志を感じた。


「二人とも極めし者なら心強いな!しっかり働いてくれよ!」
と笑いながら去っていった。後で聞いたところうちのギルマスは強くて有名だが同時に酒ばっか飲んで仕事しないと有名らしい、そんな感じのギルマスが去っていったが、ギルドの中は1日騒ぎとなり、その騒ぎは夜まで続いた。
その間、俺とクリムは冒険者たちに呼ばれたりして、忙しい1日となった。冒険者たちは思ったより良い奴ばかりで楽しいギルドだった。


そして、騒ぎが落ち着いてきたのをみてギルドの2階にある宿に泊まることにした。もちろんクリムと2人で、いやーそのあとクリムと疲れを癒すために温泉行ったんだけど、良かったな〜本当に気持ちよかった、こっちの世界の温泉は、なんか地球にはない効能があったからか全然違ったもっとこう包み込むような感じの温泉だった。久しぶりに入ったからか余計に気持ちよかった。


因みにクリムも完全に俺と同じで完全に幼女体型のため見どころが全然なかった。親戚の子供をお風呂に入れてあげるような気分になった、は?それだったら娘だろって?俺はまだそんな歳じゃねーよ!と、どこかの誰かにツコッミでも入れなが温泉を堪能した。


戻った後は、クリムが料理を作ってくれた。地球にあるもので表すとシチューとパンだった、で,重要なのがその味!もうね言葉にできないぐらいうまいのだよ!肉なんか口に入れた瞬間解けるように溶けていくし、美味しすぎて「クリム!お代わり!」と元気に言うと「そんなに美味しそうに食べて貰えると嬉しいな」とエプロン姿のクリムが可愛いく笑う。


俺、クリムと結婚してー!そんな事まで思う最高の1日だった、

「おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く