話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)

まかない

13〜属性について詳しく〜

〜魔術設定〜
この世界の魔術は大きく分けて6つの属性がある。
          第四属性
          最も通常的な属性


火属性
火を司る属性、主に火にまつわるものを作り出すため固形や液体を作ることは難しい、しかし1番この属性の所持者が多い。


水属性
水を司る属性、水は圧縮して使ったり、もちろん飲むことも可能なため割と必要な場合が多い属性、火属性と合わせて水蒸気を作ったりできる。


風属性
風を司る属性、イメージしだいでは、様々な使い方ができる属性、圧縮して相手に飛ばしたり、使いこなすことが出来ると空中さえ歩けるようになる。


土属性
土を司る属性、即席で色々な道具を作れる生産系の属性だが、戦闘でも、敵とのあいだに壁を作ったり出来るためサポートとしての役割が大きい属性。


          聖魔属性
          聖魔と書いているだけで、レアだが、誰でもこれらの属性を持っ 
て生まれることがあるため闇魔術持ってるから敵、とかではない
闇属性
闇を司る属性、光属性と同じく様々なものに変化させることが出来る(例えば、本編中のチェーンや影を操るなど)と割と優れている。だが、生まれてから取得するのは非常に難しい属性


光属性
光を司る属性、闇属性と同じく汎用性高いが、できることの内容がほぼ逆のためどちらがいいとは言えない、もちろん闇属性同様生まれてから取得するのは非常に難しい属性、


           特殊魔術 
           読んで字のごとく特殊な魔術を指す。様々な種類があり、属性同士の合成など合わせると数え切れないほどの種類になると言われている。


回復魔術
回復して傷を治すことが出来る魔術。神の奇跡と言うほどの効果だが、基本的に光属性からの派生と言われている。








属性は、そのまま使うことで魔術などの能力に変わる。そのため発生する魔術も多くなる。例えば、水属性で水を氷にしようとしたら氷魔術が発生するなど、しかし火属性で氷を作ろうとするのは不可能に近いと考えるが、うまくイメージすることで、氷魔術と火を固形にと考えたことで、溶岩魔術などに派生したりする。もちろん火から氷を生み出すなど不可能に近いので相当なイメージとレベルが必要になる。しかも、獲得できたからと言って絶対使いこなすことが出来るとも限らないのである。


そのため結局は、親和性の高い魔術や耐性、能力などをとるのが定石である。

「おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く