話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)

まかない

12〜なんかよく絡まれる〜

路地裏を抜けてマーニの声がする方へ向かう。
「もう、リラ様どこにいたんですか!心配しましたよ!」


「す、すいません」
マーニが本当に心配していたようなで素直に謝る、てか、俺が好きで路地裏に言ったわけじゃないし、なんかムカついてきた、さっきの奴らに会ったら少し痛い目に合わせるか、そんなことを考えているとマーニが抱きしめてくる。
「マ、マーニ何してるんだ!」
俺は顔が真っ赤になりながらマーニを引き剥がそうとする、がそれでも強く抱きしめてくる。すると、マーニは、泣きそうな声で、
「本当、心配したんですから、、」


「分かった。本当に悪かったよ」
俺が言うとマーニは優しく離す、そうするとマーニは目元を拭って笑顔でマーニは、「じゃ、ギルドに行きますか!」と気持ちを切り替えて言う。俺もそれに頷く、


それから40分程を歩くと茶色のレンガ造りの建物についた。因みにつくまでの40分間で完全に切り替えてくれたマーニと少し屋台を食べ歩きしたため時間がかかったのだ。あと、この世界の食べ物ちょーうまい!串焼きの肉が特に美味かった、なんの肉か分からないけど牛と豚の良いところをたして2倍したような美味しさだったそれがなんと銅貨1枚と言う安さなのだ!日本円で言うと100円ぐらいだ、これだけ美味しかった500円ぐらい出してもいいと思うぐらい、マーニもすごい美味しそうに食べていた。


話を戻すと、やっとついたギルドに入る。すると予想していた通りだった。むさ苦しい男達がまだ昼間だと言うのにお酒を飲んだりしていた。


奥にはカウンターがあり冒険者達が角や毛皮などを買い取ってもらっていた。そんなところに俺のような見た目美少女の俺が入って来たことで視線が集まる。
無視しているとひそひそ話が聞こえてくる。それは、俺を心配する声などだった。なぜ俺が心配されているかわからないのでカウンターまで真っ直ぐ進んでいると、また違う3人組の男達が前に立つ。


「おい、なんでここにガキがいるんだよ!」
と、3人組の真ん中にいたリーダー格であろう男が声を上げる。てか、奥の方に俺がぐらいの見た目の子が居るじゃねーかよ、なんでこう絡まれるかな?
また馬鹿なヤツの相手しなきゃ行けないのかよ…と思い、魔術を使おうとすると、さっき言っていた俺の同じぐらいの子が近ずいてくるすると、俺に絡んできた男達を無視して、俺の前まで来るすると俺の手を握り言う。
「君もギルドに入るの!」と笑顔で聞いてくる。また変なのが来たと思いながらため息を吐いた。


〜リラ~


能力使用無し
以上により、




レベル2


能力






黒魔術 レベル 2 






回復魔術 レベル2






不老不死 レベル 1






影操作 レベル2






黒炎弱 レベル1






耐性




恐怖耐性




神からの祝福




ジャージの自動修復機能



「おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く