話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)

まかない

11〜強盗撃退と魔術の基本〜

今、俺は3人の男達と向かいあっている。
「げへへ、ガキ!その袋の中に入っている物を俺らに素直に渡せば痛い思いせずに済むかもしれねえぞ〜?」


こいつら、俺が楽しく屋台を見ていたのに邪魔してきたな…
俺は久々に怒っていた。そして、男達は俺が無視をしたと思ったのか、額に筋を浮かべている。


「おい!ガキわかってのかこの状況?早く金を渡せ!」
痺れを切らしたのか、手を伸ばし近ずいてくる、横にいるほかの男達も「あいつ兄貴を怒らしたし、死んだかもなw」 なんてことを会話していた。


俺の楽しい時間を邪魔した挙句この言いよう流石に反撃してもいいよね!だって手を出してきたのは、相手だし。
「いい加減にしろ!いつまで無視してるんだ!」と言いながら俺の腕を掴んでくる。よし、これで正当防衛を主張できるな、


俺はいつものように影を使うと殺してしまうので、少し考えていた技を使用する、それは影を火のようにする方法だ!


魔術には、火水風土と俺が使っている闇、それと正反対の光がある。だがこの世界の魔法は、決まった技しか出来ないのではなくイメージで技をオリジナルで作り出すことができるのだ。例えば、今からやろうとしていることで、影を火に近いイメージをすると、影は闇魔術らしくもっと黒くなり、火のようにゆらゆらとし出す、すると一番近くにいた男にあたると「あっち、なにしあがる!」男は、暑さで一歩下がる。


このように魔術では様々な物を作り出すことができる、しかし、親和性と言うものがあるようで手加減をしたとはいえ、男はまったく傷がついていない、このように闇では、火のようなものは作れても火魔術で作り出すような火力を出すことは出来ない。


試しにほかのことも試してみる。闇魔術を相手の影に入れる、そうすることで相手を自由自在に動かすことが出来るのかようになった。
「あれ?なんで勝手に体が動くんだ!」


俺はそのまま、男達を影で操り、全力で走らせてみたり、筋トレさせてみたりして楽しんだ。男達は、ハァハァ言いながら息を切らしていた。
それを見て満足した俺は魔術を解く、すると、男達は、走っていく、
「覚えてろよー!」
なんて、言いながら逃げて行った。てか、まだ走る体力あるのかよ…なんて呆れていると、通りの方から。


「リラ様〜どこに行ったんですか?」


と言う声が聞こえたので、声が聞こえたの方へと向かう。
てか、来てすぐ絡まれるとかついてないななんて思いながマーニの方へと向かう。


リラ~


能力使用、黒魔術、回復魔術


以上により、


レベル2






能力


黒魔術 レベル 2 


回復魔術 レベル2


不老不死 レベル 1


影操作 レベル2


黒炎弱 レベル1


耐性


恐怖耐性




神からの祝福


ジャージの自動修復機能

「おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く