話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)

まかない

6~盗賊退治後編~

さて、とりあえず状況を整理しよう。


今は、盗賊に襲われている馬車とその運転手を助けるため参戦した、
そして、俺をとらえるためにきた5人の盗賊を返り討ちにしたところだがどうしよう、盗賊は、あと20人ほどいる。


ただ殺すだけなら簡単だがさすがにそんなことばかりしてもられない、町に入ったらもし自分の身を守ろうとしてひとを殺してしまうかもしれない、そしたらさすがに異世界だとしても罪に問われると思う。
下手したら死刑だってあり得るかもしれい、それなら、殺さないで無力化する方法を考えなければいけなくなる。


俺は、馬車に向かうとそこには、20人の盗賊とそれにかもられて一人リンチを受けている運転手がいた、
盗賊たちは運転手を殺さないようにして痛めつけて楽しんでいたのだ、


その光景を見て、俺はひどく不快な気持ちになるがそれを抑えながら、影に溶け込む。


これも新しく考えた技だ、影の中に入ることでばれずに運転手のところまで来ることができた、
突然現れた俺に盗賊たちは、驚いたように声を上げる


「て、てめぇ、どこからでやがった!」


俺はその叫びを無視し運転手を抱きかかえる。


脚力や腕力などの基礎的な能力も相当パワーアップしているらしく、普通の60キロぐらいは、あるだろう男を軽々と持ち上げることができていた。


俺は、運転手を抱えて盗賊の輪から離脱する。
なんと、俺が触れているものは一緒に影に入ることができたきたからだ!
そして、運転手を地面に置いて、回復魔術を使う、すると、運転手を優しい影が包み込む。
だいたい回復魔術といったら、光に包まれると思うのだが、リッチだからか真っ黒な影になっている、
しかし、その影が消えていくと、運転手についていた傷も影と溶け合うように消えていくと運転手が目を覚ました。


「こ、ここは、、馬車は、、、」


切れ切れな声で運転手が言う。それを聞いた俺は、優しく言う。


「大丈夫か、さっきまで盗賊に襲われていたが、助け出して回復もさした。」


そして、運転手は俺にありがとうございますと、泣きながら頭を下げた。


「今から、盗賊は俺が倒してくる。」


俺は、運転手の返事を聞かずに影に潜る、突然消えた俺に驚いているようだが気にせず盗賊の元へと向かう。


盗賊たちは運転手と俺を探していた、最初に俺が殺した奴らを見つけたらしい、仲間を殺されたことにかなり怒っているらしい、そして俺はそんな盗賊たちの真ん中に出てくる。
それに気がついた盗賊たちが俺に向かって声を上げる、


「このガキ!よくも仲間をこ、、」


俺は盗賊が言葉を言い終わる前に、声を上げた盗賊に影で作った鎖でぐるぐる巻きにする、
そしてぐるぐる巻きにした影を木の方へ投げるすると鎖がさらに木に巻き付くように動いた、
もちろん俺が操って影できに貼り付けたのだ


周りの盗賊からしたら敵にすらならないであろうガキが大の大人である男を出所の不明な鎖で縛り軽々しく投げ飛ばしたのだ、それだけでも驚きだろうに、鎖は意志を持っているかのごとく勝手に木に巻き付いたのだから驚いて当然だった。


俺は、盗賊を見てとても満足していた、殺さずに相手を無力化することができたからだ。
俺は、一方的に盗賊たちを無力化していき、盗賊の木ができた頃、運転手の男が近づいてくる。


「ありがとうございます!助けていただき、お礼を何かしたいにですが、、」


俺は、頼もうとしていたことを言う。


「じゃ、一番近くの町に連れて行って!」


~リッチ~
討伐数0
黒魔術、回復魔術の使用
以上により、
レベル2


能力


黒魔術 レベル 2 
回復魔術 レベル 1 →レベル2
不老不死 レベル 1
影操作 レベル2


耐性


恐怖耐性


神からの祝福


ジャージの自動修復機能

「おれロリ(おれがロリっ子で不死の王な件)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く