血が繋がってないからあなたに恋してもいいよね

カナタ

新しい家族とご対面。

冬が終わり春へと季節の変わり目の出来事だった。父さんが再婚するという事で「お前の義理母さんと兄妹になる人が来るから来週の月曜開けとけよ」と口を酸っぱくして言われた。
俺の名前は村崎 拓海。ここ私立高校夢見
学園の1年生だけど、後1週間もすれば2年生なり少しずつ大きくなっていく。まぁそんなことより一体どんな子なんだろうとつい考えてしまう。(可愛い子だったらいいなぁ、イヤ少ししっかりしていてもいいなぁ)
と思っていた時(ピンポン!)玄関のインターホンが鳴った「拓海 !   すまんが出てくれないか?」と父さんの声。「分かった」と言ってドアノブに手をかけた。胸いっぱいになった気持ちを押し込めてドアを開けた。
「えっ⁈......」その光景に俺は頭が真っ白になった。




もしよければ見て下さい!


「血が繋がってないからあなたに恋してもいいよね」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 如月ぅ。

    いいねさせてもらいました。自分も如月ぅ。っていう名前で書いてます。お互いに読みあってコメントし合い能力を高めていくってのはどうでしょう?

    2
コメントを書く