クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

498話 言葉の意味

「…………」
「…………」
「…………」
 みんなにあっちで起こったことを説明した後、明日俺が帰宅したことを祝ってくれるらしい。
 みんなは、その準備をするためにバラバラに散らばった。
 俺は、今日はゆっくり休んで欲しいと言われたので部屋で待機している。
 のだが………………
 シェレールとクロムは、俺の傍にずっと残っている。
 右にシェレール、左にクロムでがっちりと掴まれている。
「……………悪かったよ。俺もなるべく怪我をしないようにしたけどやっぱり無傷ってわけにはいかなかったんだ。」
「…………だからってこれは大怪我過ぎませんか?」
「ま、まぁ、2つの星を助けるためなんだ。これくらい………」
「……だから……竜斗……自信が……怪我を……していいと?」
「うぐっ………」
 2人から鋭い視線と冷たい言葉で責められる。
「それに………私たちが怒っているのはそれだけではありませんよ。」
「え?」
「……ん……さっきの……あの言葉……」
「あの言葉?」
 俺は、何が悪いことを言ったのか頭をフル回転させて考える。
 ………………いや、特に何も言ってなくない?
「えっと………何が悪かったのか全く心当たりがないんですが………」
「旦那様言いましたよね?『みんなに寂しい思いをさせてた』って」
「ん〜………そんなことを言ったような……」 
「……絶対に……言った……」
 まぁ、普通に口に出しそうな言葉だ。それのどこが悪かったのだろうか?
 俺の考えていることを表情で読み取ったのか、シェレールとクロムはプクッと頬を膨らませてる。
 ああ、可愛い。
「旦那様は…………旦那様は……どうだったのですか?」
「ん?」
「……竜斗は……寂しく……なかったの?」
「あっ」
 今、分かった。
 俺のあの言葉で怒った理由が。
 あの言い方じゃまるで俺が寂しいとは思わなかったと思わせてしまうだろう。
「………ううん、俺もみんなに会えなくてずっと寂しかったよ。」
 だから、俺は素直な気持ちを二人に言った。
「俺だってずっと寂しいって思ってた。でも、そんなことを口にできる立場でも状況でもなかったからな。だから、素直な気持ちを言うなんてことを忘れてたんだ。ごめんな。」
 俺がそう言うとクロムが俺を抱きしめる力を強めた。
「……ここは……竜斗の……帰るべき……場所……だよ……だから……遠慮……しないで……」
「っ!」
 クロムの言葉が心臓を貫くようなそんな気がした。
 俺は、忘れていたのかもしれない。この場所が俺にとってどんな場所なのか。
 帰ってきてから最初に向けられた感情が敵意だからだったからだろうか。みんなの前でも少し気を張っていたのかもしれない。
 違うよな。
 俺にとってことは安心できる場所で楽しい思い出が詰まった場所なんだ。
「………忘れてたよ。俺にとってこの場所はどれほど大切な場所で……そして、俺にとってみんなはどれほど大切な存在なのかって。」
「…………旦那様……」
「…………竜斗……」
 気づけば瞳から涙が零れていた。
 シェレールとクロムは、俺を心配するように見詰めてくる。
 ああ、こういう時にやっぱり両腕あった方が便利だな。
 片腕じゃ2人の頭に手を乗せることができない。
 だから、俺は精一杯の笑顔を作り2人を安心させるように言った。
「大丈夫、ちゃんと分かったから。俺はなんのためにここへ帰ってきたか。ちゃんと分かったから。」
 だから、改めて言おう。ちゃんとその言葉の意味を理解した上で。
「シェレール、クロム、ただいま!」
「「おかえりなさい!!」」
 シェレールとクロムは、先程の怒った表情ではなく嬉しそうにそして、俺と同じように涙を流しながらそう言った。
 その後、レーネも参加してみんなで俺がいなかった時に起こったことを楽しそうに話した。
 そして、気づけば外は暗くなり今日は簡単に夕食を済ませて風呂に入ったあと、すぐに俺は眠ってしまった。それほど俺は疲れが溜まっていたらしい。久しぶりにゆっくりと眠ることが出来た。
 俺が眠ったあと、3人は色々と何かをしているようだったがもう眠った俺には分からなかった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く