クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

496話 みんな、ただいま

「みんな、どこにいるんだろ?」
 魔王城に入ったはいいが、正直ここに住んでいたのは一年以上も前の事なので魔王城の中を思い出しながら歩いている。
(マスター、皆さんを探す前に透明化を解いたらどうですか?)
 え?あっ、そういえば今さっき、門番の人がいたけど全然俺が入っても何も言わなかったな。不思議に思ってたけど透明化を解いてなかったことが原因か。
 俺は、透明化を解く。
 すると、その瞬間、王城の中に設置されている魔道具のスピーカーが大きく音を鳴らした。
「うわっ!?な、なんだ!?」
 俺は、咄嗟のことに硬直してしまった。
 すると、遠くからドタドタと大きな足音が響いくる。
 そして、あっという間に鎧を着た人たちに囲まれてしまった。みんな剣を持って俺に刃を向けている。思いっきり敵意を向けられてる。
「え、えっと〜………」
「動くな!」
 俺は、敵意を剥き出しにされ、さらに大きな声で怒鳴ってきたので咄嗟に殺意を全方向に放ってしまった。
「っ!?」
 すると、俺を囲んでいた兵士の9割程度が倒れていく。残った人たちも剣を離して荒々しく呼吸している。
「な、なに……もの……だ……きさ……ま……」
 俺に怒鳴ってきたやつも荒々しく呼吸しながらそう言ってくる。
 あ〜、これはあれだ。まずいやつだ。
 すると、後ろの方からまたドタドタと大きな足音が聞こえてきた。
「っ!……ど……どうした……の?」
「く……クロム様……皆様も………お逃げ……くた……さい……」
 俺の目の前で激しい呼吸をしている人は後ろにいる人たちにそう声をかけた。
 ん?クロム様?
 俺は、今目の前の人が言っていた言葉に知っている名前があることを知り後ろを振り向いた。
「「「「っ!」」」」
「みんなっ!」
 俺が後ろを振り向くとそこには懐かしい人たちの顔があった。
 みんなも俺に気づいたらしく驚いたような顔をしていた。だが、そこから2人に飛び出してくる。
 そして、思いっきり俺に飛びついてきた。
 俺は、その2人をちゃんと片腕で抱きとめた。
「………ただいま、シェレール、クロム。」
「おかえりなさい!旦那様!」
「……おかえり!……竜斗!」
 2人とも感極まって涙を零していた。
 そして、みんなもどんどんやって来た。
「なんの前触れもなく帰ってくるのね、竜斗は。おかえり。」
 ユイは、少し呆れた様子で言ってきた。
「柊くん、おかえり。みんな、ずっと待ってたよ、柊くんが帰ってくるの。」
 白井さんは、嬉しそうに笑いながら言った。
「リュウさん、おかえりなさい。元気そうでなによりです。」
 ルビーは、俺が何事もなく帰ってきてくれたことに喜んでいる。まぁ、実際左腕が無くなっているから何事もなくとは言えないが今、まだみんな、俺の左腕が無くなったことに気づいていないらしいので流しておく。
「竜斗っ!帰ってくる時はちゃんと前もって連絡しなさいよ!」
 レーネが頬を大きく膨らませて俺に怒ってきた。
「いや、ついさっき帰ってきたばかりだから連絡とか出来ないんだけど?」
「それでもっ!……ほら……その……何も準備とか……出来てないし……」
 レーネは、恥ずかしそうに小さな声でそう言った。そして、ゆっくりとみんなの元から俺の所へとやってきた。シェレールとクロムが俺の前側を全部支配しているのでレーネは俺の後ろへ回り腰のところでギュッと抱きついてきた。
「レーネ?」
 レーネは、そのあと何も言わないので尋ねてみる。
「何よ?私がこうしちゃダメなの?」
 すると、少し不機嫌そうな声でそう言ってきた。
「いや、べつに。」
 俺は、嫌になんかなるわけがないので素直にそう言った。
「ふふっ、ならいいの。………本当は帰ってきたら色々としてあげたかったけど……」
 レーネは、俺の返答に対し、嬉しそうに反応した。最後らへんの方は小さな声で言っていたので聞き取れなかった。
 そして、俺はギルの方を向いた。
「……ありがとう、ギル。」
「僕は何もしてないんだけどね。特にこれといって事件もなかったし。」
「それでもギルのおかげで俺も安心して出掛けられた。そして、みんなもこうやって元気でいてくれてるんだ。本当に良かったよ。ありがとう。」
「まぁ、力になれたのなら嬉しいよ。」
 ギルにお礼を言ったあと、一旦シェレールとクロム、レーネを離してみんなから距離をとった。
「みんな、ただいま。」
 そして、もう一度帰ってきたことを俺自身に実感させるためにそう言った。
 すると、みんな顔を見合わせて一緒に言った。
「「「「「おかえりなさい!!」」」」」

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く