クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

495話 ナビの機能アップ

「ふぅ、何とか着陸は上手くいったな。」
 俺は、シェレールたちのいる星に無事着陸したことに安堵する。
 一応この宇宙船には透明化のスキルを掛けてあるので誰にも見つかっていないだろう。
 俺は、ドアを開けて宇宙船から降りる。
 約1年ぶりだ。
 目の前に広がる原っぱを見たことなどないのにこの星に着いたということで妙に懐かしく感じて泣けてくる。
 久しぶりの再会なんだ。涙なんか流してたらせっかくの再開がもったいないよな。
 俺は、服の袖で涙を拭うと宇宙船をアイテムボックスにしまった。
「それじゃ、行くか。」
 俺は、転移でみんなの元へ向かおうと思ったが久しぶりのこの世界を見て回りたいと思い、俺は飛行のスキルを使った。
 ナビ、シェレールたちのいる所は分かるか?
(はい、今から案内しますね。)
 ナビがそう言うと俺の頭の中にマップみたいなものが出てきてそのマップには赤い点と青い点が付いている。
(赤い点は、マスターです。青い点はシェレールさんたちです。)
 おおっ、いつの間にこんなことができるようになったんだ?
 前に案内を頼んでもここまでは出来ていなかった。
(宇宙船で移動中、マスターがミラさんたちとの話に夢中で私に構ってくれなかったのでこういうものを考えていました。)
 あ、あれ?なんか怒ってる?
(別に怒ってません。)
 なんか怒気が感じられる声色だ。
 俺は、不思議に思いつつもこれ以上詮索すると本当に怒りそうなので何も言わなかった。
 移動する前に透明化のスキルを自分に掛けて青い点のところに向かってゆっくりと飛んでいく。
(マスター、大丈夫なんですか?)
 1時間ほど飛んでいたところ、急にナビがそう尋ねてきた。
 大丈夫って何が?
(マスターが今の状態でシェレールさんたちに会うことです。)
 ん?………あ。
 俺は、ナビからの指摘にようやく気づいた。
 結構前のことだから今はもう何の違和感もなかったけど俺、竜の戦闘で左腕なかったんだった。
 いや、だいぶやばいな。
 俺は今になって俺の状態がやばいことに気がついた。
 な、何とか出来ないかな?
(完全創造で腕を創って誤魔化すみたいなことは出来ると思うんですが………)
 ナビがその後の言葉を呑む。
 いや、言いたいことは分かる。
 俺は、嘘をつくのが下手すぎてどんなに誤魔化してもすぐにバレるということだろう。
 というよりもシェレールたちに嘘をつくなど俺の性格上出来ないだろう。
 仕方ない。これは土下座でも何でもして許してもらおう。
 俺は、そう決めて移動中ずっとどんな謝罪の言葉を述べようか悩んでいた。
 そして、この星に着いてから約3時間ほど経ってみんなの住んでいる魔王城に着いた。
「…………懐かしいな。」
 みんなが住んでいる魔王城はもちろん俺が暮らしていたところなのでものすごく懐かしく感じた。また、泣きそうになってしまったが何とか堪えて魔王城の中へと入っていった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く