クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

480話 自己評価

「リュウト、私の娘、ミラを妻に貰ってくれないか?」
「…………はい?」
 俺は、ミルド様のお願いに頭を傾げる。
「今さっきも言った通り、ミラには幸せになって欲しい。」
「はい、それは分かっています。」
「だから、リュウトにはミラと結婚して欲しいんだ。」
「それはよく分かりません。」
 うん、ホントよく分からない。
「リュウトは、もう少し自己評価を高く持った方がいい。」
「ある程度の評価は自分でもしていますよ。なら、それをもっと高めるべきだな。まぁ、なんにせよ、頼む。ミラを貰ってくれ。」
「…………そういうことをミラ様のいないところでするから良くないのです。そういうことはミラ様自信ともよく話してください。」
「………もし、この話が成立すると戦争が収まるとしても?」
「…………どういうことですか?」
「リュウトの知っている通り、今回の戦争のきっかけはミラの婚約だ。だが、もしミラがリュウトと婚約をするとどうなると思う?」
「この戦争が終わるとでも言いたそうですがそんな簡単な話ではないでしょう?」
「それがリュウトではなければの話だがな。」
「どういうことです?」
「リュウトは、フリルから一定の信頼は得ている。私もこの1ヶ月間見てきて、信頼はしている。お互いの星が認めたリュウトだからこそ、この話は成立する。ミラだってリュウトを信頼しているはずだ。」
「ミルド様にまで信頼していただいて嬉しいのですが………やはり、そんなことで結婚なんて考えられません。そもそも俺はもう結婚していますので。」
「はぁ、やはりダメか。」
「当然です。と言うよりもそういう話をミラ様とはしないのですか?」
「しないな。ミラは、こういう話をあまり好かないからな。」
「今してもそんな場合ではないって言い切られそうですね。」
「全くその通りだよ。」
 俺とミルド様は、その光景を容易に脳裏に写せだせ、苦笑する。
「すいません、せっかくのお誘いなのに断ってしまって。」
「いや、まぁ、断られたのは残念だけどリュウトなりに考えてくれたからな。ありがとう。」
「いえいえ、まぁ、今回のことは役に立てませんでしたがまた何かありましたら呼んでください。」
「ああ、そうさせてもらうよ。今日はありがとう。」
「はい。では、私はここで。」
 俺は、そう言ってソファから立ち上がり部屋から出ていった。
「ん〜、この後どうしよっかな。ミラたちのところにも行こっかな。…………いや、今日は1人でまだ見れていないところの偵察にでも行ってこよっかな。もしかするとまだ、避難できてない人がいるかもしれないからな。」
 俺は、そう思い王城から出て、空へと飛び立った。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く