クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

478話 今頃シェレールたちは

 ミルド様とセシル様に挨拶をした後、ミラと瑠璃さんとともに食事をとり、お風呂に入った。
 それらが全て終わると各自部屋へと案内されてゆっくり休むように言われた。
 俺は、その言葉に甘えてベットに横になる。
 そういえばミラ、この腕を見てものすごく驚いていたな。
 もし、シェレールがこれを見たらどんな反応するんだろ。まぁ、絶対に何があったのか問い掛けられるはずだ。
 もしかしたら、驚きすぎて倒れちゃうかもな。
 シェレールがどんな反応するのか、少し気になるが余計な心配は掛けたくないからな。シェレールの元に帰るまでは絶対に時間を巻き戻せるようにするまで時間魔法を極めないと。
「……………そういえば今、シェレールたちは何してるんだろ。」
 楽しくやってるのならいいんだけどな。何か困ったことはないかな?
 う、浮気とかされてないよな。
 いや、シェレールのことだ。そんなことはありえないだろう。
(そんなに不安でしたら見てみますか?)
 俺がシェレールたちのことについて色々と考えているとナビがそんなことを言ってきた。
 見てみるって?
(今、シェレールさんたちが何をしているのか気になるんですよね?それでしたら向こうの景色を見せるくらいのことは出来ますよ。話すことは出来ませんが。)
 そ、そんなことできるのか!なら、ぜひ頼みたい!
(分かりました。)
 ナビがそう返事すると同時に目の前がピカッと眩しい光に包まれた。
 そのあまりの光の強さに目を開けておくことが出来ず、目を閉じる。そして、目を開けてみるとそこは今さっきの部屋の景色とは変わって青空が広がり草木が生い茂っていたところだった。
「………ここは……」
(右を向いてみてください。)
「ん?………っ!」
 俺は、ナビの言う通り右を向いてみる。
 するとそこにはシェレールとクロム、レーネが歩いていた。
「シェレールっ!クロムっ!レーネっ!」
 俺は、3人の名前を叫んで駆け寄るが3人は俺に気づくことなく歩いていく。俺はその3人に手を伸ばすがその手は体をすり抜けてしまった。
「っ!?」
(マスター、落ち着いてください。今見せているのは私が見せている映像に過ぎません。先程も言った通り、話すことはできません。)
 そ、そうだったな。悪い、久しぶりに見たから取り乱しちゃった。
(まぁ、舞い上がってしまうのも仕方ありませんね。2、3ヶ月ほど会っていませんでしたからね。)
 ああ、まぁな。
 まぁ、でも、元気そうな姿が見られただけで結構だ。
 これって今の映像なのか?
(はい、あちらの星では今がお昼のようです。)
 そっか。それで今、何してるんだろ。
(竜斗がいなくなった今、もし、凶暴な魔物が現れたらすぐに察知できるようにみんなで何組かに分かれて行動しているようです。)
 危険な目に遭わなければいいんだけど………
 なぁ、ナビ、俺が魔法を使ってもすり抜けちゃうのか?
(当然です。)
 うぅ、なんか歯がゆい。
 そんなことを思っていると右の方から魔物が近づいてくる気配を3つ感じた。
 気配は感じるんだな。
(普通の人ならそんなことは出来ませんよ。マスターくらいです。映像なんかで魔物の気配を感知できるのは。シェレールさんたちですら気付いていませんよ。)
 確かにそうなんだけど今のままじゃやばくないか!?あの魔物たち、完璧にこっちを襲う気満々で接近してるじゃないか!
 そんなことを思っているとシェレールたちの死角となっている背後から3匹の狼のような魔物が飛び掛った。
「危ないっ!」
 俺がそう叫んだ瞬間だった。魔物たちは、完全にシェレールたちの死角をついていて3人も全く魔物には気づいていない様子だったのに背後にいきなり魔力で作られた壁が現れた。
「きゃっ!び、ビックリしました。」
「……魔物……」
「背後を狙うなんて狡い作戦ね。」
「ほんと、危ないところでした。ジゼルさんからもらったこの魔道具がなかったらと思うとだいぶ怖いです。」
「……ちょっと……気……抜きすぎてた……反省……」
 そんなことを話しながら3人は、いきなり現れた壁に驚き狼狽えていた魔物たちにトドメを指した。
(魔力の壁を作る魔道具なんてあったのか。良かった。)
「今度からはあんまり気を抜かないようにいかないとね。竜斗が帰ってくる前に怪我して心配なんてさせられないからね。」
 俺は、もう怪我はしていますが。
「はい、そうですね。怪我だけは避けましょう。………竜斗は、大丈夫でしょうか?」
 ごめんなさい、大丈夫じゃないです。
「……きっと……大丈夫……竜斗だから……」
 その竜斗は、現在左腕を失っております。
 絶対に時間魔法を極めないと。
(新たな魔道具も出来たことですし皆さん、大丈夫そうですよ。)
 あ、ああ、そうだな。
(どうしますか?もう終わりますか?)
 ……………あと少しいいかな?
(はい、構いませんよ。)
 ありがとう。
 俺は、久しぶりに見れた3人の姿を懐かしいと思いながら少しの間、見ていた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く