クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

477話 恥ずかしい

「うむ、詳しいことは分かった。今日はもう休んでくれ。」
 俺と瑠璃さんは、ミルド様にフリルさんから伝えられたことについて全て話し終わった。
 その頃には既にもう外は真っ暗だった。
「話に付き合ってくださりありがとうございました。明日からはミラ様とともに行動させていただいてもよろしいでしょうか?」
「分かった。ミラ、明日は何をするのだ?」
「主に避難者たちと一緒に話したいと思っています。まだ、不安に思っている人がたくさんにいるので。」
「うむ、なら、よろしく頼む。リュウトとルリもよろしく頼むな。」
「はい、任せてください。」
「お、お任せ下さい。」
「それじゃ、この後はミラに任せても良いか?」
「はい、大丈夫です、お父様。」
「では、任せた。」
 ミルド様がそう言うとミラが俺たちに部屋から出ようと促した。
 っと、部屋から出る前に言うことがあった。
「あの、すいません。瑠璃さんのことはまだ内緒にしていただくとありがたいです。恐らく取り乱す人もいるでしょうから。」
「分かった。そのことは厳密にしよう。」
「色々とありがとうございます。」
「こちらもな。」
 俺は、そう言って一礼してから部屋から出ていった。
 瑠璃さんも俺に続いて一礼してから部屋を出た。
「さて、それではご飯とお風呂、どちらがよろしいですか?」
 部屋から出たミラがニコッと笑って俺たちにそう問い掛けてきた。
「俺はどっちでも構わないよ。瑠璃さんは?」
「私もどっちでもいいよ。」
「もう、どちらか決めてくださいよ。」
「それじゃ、先にご飯にしようかな。結構挨拶とか緊張したからお腹すいちゃった。」
「りゅーくん、緊張してたんですか?」
「ああ、ものすごくしてたぞ。まぁ、最後らへんは慣れてきたけどね。」
「緊張しててあんなふうに出来るなんてすごい。私なんか、何回も噛んじゃったよ。それも最後まで。恥ずかしい。」
「普通は、皆さん、最初はルリさんみたいな感じですよ。竜斗がこういうことに何度も経験していたから出来たんです。ルリさん、落ち込まなくても大丈夫ですよ。」
「あ、ありがとうございます。」
 瑠璃さんは、ミラにそう言われホッとしていた。
「ふふっ、でも、まぁ、竜斗のおかげでスムーズに話が進んだことには違いありませんが。」
「上げて落とされた!?」
「ふふっ」
 だが、すぐにミラからそう言われ涙目になっていた。
 この2人、だいぶ仲良くなったな。
「もお〜………って、りゅーくん、何ニヤニヤしてるの?」
「ん?いや、ちょっとな。」
 どうやらこの二人が仲良くしていたことが嬉しくてニヤついてしまったらしい。さすがにそれは周りから見たら女の子2人を見てニヤニヤしてるヤバいやつだ。
「2人とも、どうせ、噛んでる私を見て内心笑ってたんでしょ。むぅ〜。」
「笑ってないって。俺だって最初はあんな感じだったって。」
「そうですよ。今さっきも言いましたがあれが普通なので笑うなんてことありえません。」
「それならいいのですが………」
「さっ、それよりも先にご飯がいいと言いましたので食堂へ行きましょうか。」
 ミラは、そう言って食堂へ俺たちを案内してくれる。
 その道中
「むぅ……」
「まだ怒ってるのか?」
「そうじゃないけど………」
「仕方ない。今度お詫びとして何か買ってあげるよ。」
「ホント?」
「ああ、ホントだ。そのためにもまずは、この戦争を終わらせることが第一優先だ。」
「うんっ!分かってる!ふふ、何を買ってもらおっかなぁ〜。」
 俺たちは、そんな談笑をしながらミラの後をついて行ったのだった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く