クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

476話 説得

「こちらにいる瑠璃さんがその問題点を解決します。」
「それはどういうことかね?」
 ミルド様は、俺が何を言っているのか理解が出来ず頭を傾げた。
「今から話すことは事実ですが取り乱さないでください。」
 俺は、前もって忠告しておく。ここで瑠璃さんが敵国の人物だと分かり取り乱して話を聞かなくなっても困るからだ。
「……分かった。それで話とは?」
「はい。まずは、こちらにいる瑠璃さんは、今戦争している敵国で一応トップとなっております。」
「「っ!?」」
 俺がそう言うとミルド様とセシル様が目を見開いた。まぁ、取り乱さないでくださいとは言ったけど驚くなって言うのは無理だよな。
「……………それで?」
 ミルド様は、驚いていたが少しの間を置いて俺に続きを促した。
 まだ、セシルさんは、理解出来ていないようだが続けよう。
「私は、ミラ様とこの星に来た後、敵国の人物と接触し、乱闘になった後、その人物とともに敵国へ行きました。そして、出会ったのがこちらにいる瑠璃さんです。一応、向こうの星で指揮を執っている人物にも会ってきました。フリルさんです。」
「っ!………その名を知っているということは嘘というわけではなさそうだな。」
「はい、事実です。そして、私は、そのフリルさんにどうかこの戦争を終わらせるために和解が出来ないか頼んでみました。ですが、やはりそう簡単に上手くいくものではありませんでした。なので私は、その星の人たちに信頼してもらえるように少しの間、その星に滞在させて頂きました。私は、そこで何とか少しは信頼されるようになり、こうして瑠璃さんとともに戻ってきたのです。瑠璃さんは、フリルさんたちの星からやってきた使者と考えてください。」
「……………ふむ。リュウトは、私たちのためにそこまでやってくれたのか。」
「この星の人たちのためだけではありません。フリルさんたちの星の人たちのことも考えております。」
「ははっ、よくもまぁ、そこまでのことが出来るものだ。たった1人で。」
「1人ではありません。この星でもフリルさんたちのいる星でも何人もの人に助けられました。私一人でこんなことは絶対にできません。もちろん、ミラ様にも助けられました。」
 俺は、そう言ってミラの方をちらっと見た。
「私のしたことなど些細なことです。先程も申しましたが竜斗がいたからこそ、私たちは今もこうやって生きていけるのです。」
「そんな些細なことが私にとってとてもありがたく感じているのです。」
「ふふっ、ではお互い様ということで。」
「そうですね。」
「…………………」
 ミルド様は、なぜか俺たちの方を豆鉄砲が食らったみたいな表情で見ていた。
「どうしたのですか、お父様?」
「い、いや、ミラがこんな風に楽しそうに話す姿など初めて見たなと思った。」
「そうでしょうか?………そうなんでしょうね。竜斗は、私にとってそれほどの存在なんです。」
「…………それほどの男、ということか。」
「ですのでお父様、竜斗の話を真剣に受け入れて考えてください。本当にこの戦争が終わるのかもしれないので。」
「……………分かった。まぁ、正直、私たちに武力はないからな。和解で済んでくれるのならそれが一番いい。」
「っ!ってことは………」
「リュウト、ルリ、私たちはこれから何をすればいいのだ?」
 どうやら、ミルド様は俺たちのことを認めてくれたらしい。
 俺たちは、その後、詳しいことについて話していった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く