クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

475話 挨拶と説得

 ミラの部屋から出て約数分後。
 迷いそうなほど複雑な廊下をずっと歩いているとミラは、一つの扉の前で止まった。
「ここがお父様とお母様のお部屋です。少し待っていてください。いきなりお客様と言っても驚くでしょうし、護衛の人たちもさせる必要があるので。」
「分かった。なら、俺たちは合図があったら入るよ。」
 俺と瑠璃さんは、そう言って扉の横に経つ。
「それでは行ってきますね。」
 ミラは、そう言うと扉をノックする。
「お父様、お母様、ミラです。」
「はいっていいぞ。」
「失礼します。」
 ミラは、部屋の中から入室許可をもらうと部屋の中へと入っていった。
「……………」
「……………」
 俺たちは、話すことがなく黙っている。
 ここで俺からなにか話しかけれたらいいんだけど俺がそんな唐突にコミュ力が上がることは無い。
 俺がそんな情けない俺と葛藤していると瑠璃さんの方から話しかけてきた。
「りゅーくん、こういう王様みたいな偉い人と話すのは慣れてるの?」
「慣れてると言うわけではないけど何回かは経験したことがある。」
「へぇ〜、そうなんだ。」
「瑠璃さんと初めて会った時もそんな感じでいったぞ。」
「あ〜、確かに最初会った時はどこか距離感を感じたな。」
「あの時、瑠璃さんも俺といい感じの距離感を掴めえていたからたぶん大丈夫だよ。」
「うん、ありがとう。」
 と、そんな話をしていると部屋の中から護衛の人と思われる人たちが部屋の中から出てきた。
 そして、最後にミラが来て
「竜斗、ルリさん、どうぞ、入ってきてください。」
 ミラに部屋の中へと促される。
 俺は、いつもの足取りで、瑠璃さんは、緊張した足取りで部屋の中へと入っていった。
「お主らがミラの言う客人か。」
 部屋の中で座っていた王様と思える風格がする人が俺たちを見てそう言った。その隣には綺麗に化粧がされてありどことなくミラに似ている女性がいた。
 どちらも初めて会った時よりも元気が出ていた。
「初めまして。柊竜斗と申します。今回は急に訪問してしまいすいませんでした。」
「は、初めまして。逢坂瑠璃と申します。」
 瑠璃さんは、俺に続いて自己紹介をした。まだ、少し緊張は解けてないが十分だ。
「私は、この星の王であるミルドだ。」
「その妻のセシルです。」
「よろしくお願いします。」
 俺は、2人の自己紹介を終えると頭を下げてそう言った。
「よ、よろしくお願いします。」
 瑠璃さんも俺に続いて頭を下げた。
「そう畏まらなくてもいい。公式に場ではないのだからな。」
「はい、ありがとうございます。」
「ミラからはリュウトは、恩人だと聞いているが詳しく事情を聞いてもいいか?」
「はい。簡単に申し上げますとミラ様が避難してきた星に私たちがいて一時的に助けていました。」
「ほう。では、リュウトはその星からわざわざこの星までやってきたのか。」
「はい。私が無理を言ってミラ様に動向をお願いしました。」
「その理由を聞いてもいいか?」
「困っている人がいるのであれば助けるのは当然です。」
「それでリュウトは、もしこの戦争が終われば何を望む?」
「いえ、何もいりません。これは私が勝手に願い出ましたので。」
「何も望まぬというのか?」
「はい、その通りです。」
 俺がそこまで言うとミルド様は、チラッとミラの方を見た。
「竜斗は、とてもお優しい方です。今回の件も正直、竜斗がいなかったら私がここに帰ってくることはありませんでした。それほどの功績をしたというのに竜斗は、何も望みません。竜斗は、本心から困っている人を助けたいと思っています。私は、竜斗は、信頼に足る人だと断言できます。」
「ほぅ。ミラがそこまで言うのか。ちなみに竜斗は、どうやってこの戦争を終わらせようと思ってる?」
「相手の星の人との和解で終わって欲しいと思っています。」
「和解………か。そう簡単にいくものでもないだろうに。」
「当然それは分かっています。ですが、どちらかが勝ってもどちらかは戦争に負けて辛い思いをしてしまう。ならば、1番みんなが幸せになれる方法は、それしかないのだと私は思います。」
「それが出来れば良いのだがまず、問題点としてあちら側と接触する機会がないからな。話もまず出来ないだろう。」
「その点は大丈夫です。」
「ん?」
 俺は、俺の横にいる瑠璃さんの方をちらっと見た。
「こちらにいる瑠璃さんがその問題点を解決してくれます。」
 さて、ここから本腰を入れて説得しますか。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く