クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

457話 対策

「竜斗くん、あれ、どうにかなりそう?」
 フリルさんが目の前の竜を見ながら俺にそう確認してきた。
「どうにかなるかならないかではありません。この竜がここら辺の人が行方不明になる原因でしょう。なら、どうにかしてみせるんです。」
「………そうね。竜斗くんの言う通りだわ。でも、これはちゃんと正直に答えて欲しいんだけど………私たちがいたら邪魔?」
「………俺はまだ2人の実力はあまり知りませんからここで下手に連携を組もうとすると失敗するどころか全滅することは分かります。」
「ってことは邪魔ってことね。瑠璃、あれを使うわよ。」
「あれ?……あっ、あれですか。」
「あれってなんですか?」
「私たちがいても役に立たないどころか逆に邪魔になるってことは分かったから先に王城へ帰ってるわ。」
「出来るんですか?」
「瑠璃のスキル、転移ってのがあるの。それで帰るのよ。」
「瑠璃さんも持っていたんですか。それなら助かります。」
「もってことは竜斗くんも持ってるんだね。」
「そういうことです。」
「って、こんな話してる場合じゃなかったわね。ルリ、行くわよ。」
「は、はいっ!………りゅーくん、絶対に帰ってきてね。」
「ええ、もちろん。もう1人にしないって約束もしましたよね。約束は、守ります。」
「……うん。」
 瑠璃さんは、俺の言葉に満足したのか、笑顔で頷いてフリルさんの手を取り転移のスキルを発動させてその場から消えてしまった。
「………よしっ、これで思いっきりやれる。」
 俺は、身体強化をMAXにまで上げる。
 なぁ、ナビ、今、前に竜王戦で使った希望を持つ物の力を使ったらどうなるかな?
(…………持って1分というところですね。もちろん神技は使えません。)
 1分か。もし、それ以上やるとどうなる?
(身体的な破壊はもちろん、心身的な破壊もあります。)
 ま、マジか!さすがに心を壊されたら溜まったものじゃないな。
(はい、ですので絶対にしないでくださいね。)
 ああ、分かってる。
 体を壊すような無茶はしない。
 でも、ある程度の無茶はしないとこいつには勝てない。
 ナビも分かるよな?
(はい、もちろんです。ですので、最大の譲歩として1分間と言ったんです。)
 俺の気持ちを先読みしていたのか。
(当然ですよ。私はマスターのことを最優先事項で考えていますからね。)
 ははっ、それは嬉しいよ。
(マスター、そろそろ威圧のぶつけあいは終わらせた方がいいです。あの竜が何をしでかすか分かりません。)
 ああ、そうだな。
 俺は、今さっきの威圧を当てられた時からずっと俺も竜だけに威圧を放ち続けていた。
 だから、今さっき、あんなに話してもあの竜は俺たちの方には攻撃して来なかったのだ。
 だが、そろそろ空気がピリピリとし出てきた。
(マスター、あれを使いますか?)
 ああ、そうだな。
 俺は、ナビにそう促されてアイテムボックスからあるものを取りだした。
 俺は、考えていた。もし、また竜王みたいなやつが出てきた時にどう戦うのかを。
 前は、刀神ヘルメスを使ってきたが耐久度が先に根を上げてしまった。
 だから、俺は自己流で作ってきた。耐久度と攻撃力に特化した武器を。
 刀よりもだいぶ太めな剣。大剣と言ったらいいだろう。
 これならすぐに壊れたりはしないだろう。
「………よしっ、行くか。」
 俺は、威圧を放ち続けたまま、竜に向かって走り出した。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く