クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

449話 看護

「……ん………くん…………りゅーくんっ!」
 俺は、誰かに呼ばれているということを感じて、目を開く。
「りゅーくんっ!良かった。目、覚ましたんだね。」
「………瑠璃さん?」
「う、うんっ!良かった、ちゃんと認識出来るみたいだね。」
「………えっと………俺、どうしちゃったんだろう?」
「りゅーくん、浴室で倒れていたんだよ?」
「あ、ああ、そう言えばそうだっけ?」
 確か、疲れすぎて出ないと思って湯船を上がったけど途中でダウンだしんだよな。
「でも、良かったよ。本当に。」
「ごめんね、心配掛けちゃって。」
 俺は、そう言って気だるい体を無理やり起こそうとする。
「あ、まだ、寝てなくちゃダメだよ。」
 瑠璃さんは、そう言って俺が起き上がろうとしたところに手を出してもう一度横になるように促す。
 俺は、それに促されるまま、再び横になる。
「そういえばフリルさんは?」
「りゅーくんが起きた時ように冷たい飲み物を持って来てくれるって言ってたよ。」
「そっか。フリルさんにも心配掛けちゃって悪かったな。後で謝ろう。」
「ううん、私たちがりゅーくんがこんなに疲れているのにそれに気が付かなかったのが悪かったんだよ。だから、りゅーくんは気にしないで。」
「言わなかったこっちが悪いんだ。だから、瑠璃さんたちの方こそ気にしないでくれ。」
「りゅーくんは、そういうところに関しては意地っ張りだよね。もう1回寝てもいいんだよ?」
「いや、もう大丈夫だ。まだ、少し体がだるいけど。」
「それじゃ、そのまま横になってて。そろそろフリルさんが飲み物を持ってくると思うから。」
「ありがとう、お言葉に甘えてそうさせてもらうよ。」
 俺は、そう言ったところで1つ、気になったことがあった。
 俺は今、体に服を身につけている。
 俺が倒れたのは浴室だ。もちろん、湯船から上がったばっかりだったので服などは着ているはずも無い。
 だったらなぜ、今俺は服を着ているのだろうか。
 誰かが着せてくれたことなんだろう。
 だが、一体誰が?この場にいるのは俺と瑠璃さんだけ。飲み物を取ってきているフリルさんや瑠璃さんのこの2人の可能性もある。
「…………その………あまり気にしないでね。あ、あんまり見ないようにしてたから。ちょ、ちょっとだけ見ちゃったけどそこまで見えてないから!安心してね!」
 瑠璃さんは、俺の気にしていることを読み取ったのかそんなことを頬を真っ赤に染めながら言ってきた。
「だ、大丈夫だから!瑠璃さん、大丈夫だから!」
 瑠璃さんだったか。
 いや、ここに関しては瑠璃さんに非があるわけが無い。
「ま、まぁ、その、変なものを見せてしまいすいませんでした。」
 俺は、自分の大事な部分を女の子に見られたということに今更ながら恥ずかしさを覚えてしまい、瑠璃さんに頭を下げた。
「そ、そんな!確かに初めて見るものでしたが………嫌ではありませんでした!」
 なぜだろう。そんなことを言われても全く嬉しくはない。
 言った本人の瑠璃さんも私何言ってるんだろうと思ったのかどんどん小さくなっていった。
「なんか気を使わせちゃって……すまん。」
「う、ううん。大丈夫。私の方こそ変なことを言っちゃってごめんね。」
 俺たちは、お互いに頭を下げたあと、何を話していいのか分からずフリルさんが来るまでずっと黙っていた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く