クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

392話 説明

「ミラのことはみんな聞いてると思うからその説明は省くな。」
 俺は、夜ご飯食べている最中、みんながいるこの場でパーティをすることをみんなに教える。
「なるほどね。その準備をしてたからさっきまで居なかったのね。」
 俺が説明し終わるとユイがなるほどと納得していた。
「みんな、明日参加できるか?」
 俺は、念の為そう聞いておく。
 するとみんな、当たり前といった表情で参加できると言ってきた。
「それじゃ、明日の昼、開催するつもりだから11時にこの食堂に集まっていてくれ。」
 俺がそう言うと、分かったという返事が返ってきて俺の説明が終わり席に座った。
 すると次は、ミラが立った。
「すいません、私から少しいいですか?」
 ミラは、みんなに確認するように当たりを見る。
 みんな、ミラの方を見ていると確認した後、まずはぺこりと頭を下げた。
「みなさん、短い間ですがこんなに仲良くしていただいて本当にありがとうございました。たとえ星に帰ったとしてもみなさんのことは忘れません。忘れるわけがありません。それほどみなさんとの思い出は沢山出来ました。」
 ミラが今までのここであった思い出を振り返るように少し物思いに浸りながらそう話した。みんなは、ミラの言葉を黙って聞いている。
「ここにいられる時間は短いですがみなさんとはまだまだ話したいことがあるのでどうか私に付き合っていただけると幸いです。」
 ミラは、そう言うと最後に「私の話はこれで終わりです」と言ってぺこりと頭を下げてから席に座った。
 そこから少ししんみりとした空気が流れてしまった。仕方ない。みんな、ミラたちと別れるのは寂しいんだから。もちろん俺も寂しいに決まってる。
 でも、俺はまだみんなに言わなきゃいけないことがある。だから、俺はまた席を立った。
「あ〜、みんな、1ついいかな?」
「ん?どうしたの、竜斗?」
「俺、ミラたちについて行くことにした。」
「「「「……………っ!?」」」」
 最初、シェレール、クロム、ミラたち以外は話が急すぎたのか理解出来ず少しの時間を置いてようやく理解できたようだ。
「はぁ!?りゅ、竜斗、それ本当!?」
 ユイがまず俺に尋ねてきた。
「ああ、本当だ。俺からお願いして連れて行ってもらえることになった。」
 俺がそう言うとユイの横にいた白井が立ち、俺に問い掛けてきた。
「それってもうずっと会えなくなっちゃうの!?」
 みんな、それが聞きたかったのか白井の言葉にコクコクと首を縦に動かした。
「いや、帰ってくるよ。俺を待ってくれる人たちがいるからな。」
 俺は、そう言ってシェレールとクロムを見る。2人は、どこか恥ずかしそうにモジモジとしていた。そして、みんなは俺の返事を聞いて安堵の息を漏らした。
「だから、どれくらいの時間が掛かるか分からないけどちゃんと帰ってくるよ。だから、みんな、待っていてくれ。」
「そ、それはもちろん待ってるけど……竜斗も当分居なくなるのね………」
 さらにしんみりしてしまった。
「………みんな!ダメよ、こんなに暗くなっちゃったら!」
 と、みんなが落ち込んでいるところにクロムの母であるセレスさんがそう言った。
「竜斗たちは、2日後には行っちゃうんだからそんな落ち込んでたら時間がもったいないわよ!」
 セレスさんがそう言うとみんな、確かにと言ったように目を開きさっきまでのしんみりな空気から一転して人の話し声が交う賑やかな場になった。
 俺は、なんとかあのしんみりしたままの空気が続かなくて良かったとホッとした。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く