クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

345話 ミラの過去

「ミラって追われている身?」
「ぁ…………」
 俺がそう質問するとミラの体は、硬直した。
 やっぱり、聞いちゃまずかったかな。
「あ、ごめんね、別に答えたくなかったら答えなくていいから!」
 俺は、慌ててミラにそう言った。
 するとミラも慌てて首を横に振った。
「だ、大丈夫です!助けてもらった人達に隠し事をするのは心苦しいので!」
 おお!いい子!
「えっと……じゃあ、話してもらえるのかな?」
「は、はいっ!えっと………その……確かに竜斗の言う通りわたしは、追われている身ではあります。」
 ミラは、俺の質問にまず答えてくれてその後にどうしてそうなったのか理由を述べてくれる。
「わたしの住んでいた星では近隣の星と星とで戦争を繰り広げていたんです。それで草木が荒れて人々もどんどんと死んでいき……それでずっと逃げ回っていた私もとうとう狙われてそれを庇って両親が………うぅ…」
 ミラは、逃げる前のことを思い出したのか、涙を零すのを必死に堪えていたがそれでもポロポロと数滴涙が膝に零れていた。
「わ、悪い!泣かせるつもりはなかったんだ!ご、ごめん!」
「い、いえ……す、すいません……泣いてしまって………」
「ミラ、別に話したくないことなら話さないでいいのですよ。旦那様もちゃんと分かってくれるはずですから。」
 シェレールは、前に俺が買ってあげたハンカチをミラに渡し、そう言った。
「……ありがとう……ございます……シェレール……でも……大丈夫です。今さっきも言った通り、ちゃんと2人には真実を話しますので。」
「そうですか。なら、私は止めません。」
「それなら俺も止めない。その代わり、俺たちだってどんなことでもちゃんと真実を話すよ。」
 シェレールが俺に何も言わないということはミラの話に嘘がないということだ。なら、俺たちはミラが話したいことを話してそれでミラの方から質問があったら俺たちもちゃんと嘘をつくことなく真実を話す必要がある。
「ありがとうございます、2人とも。わたしも落ち着いたので話を続けますね。」
 ミラは、笑顔で俺たちにそう言った。それが無理やり作った笑顔なのかどうなのか分からないが、今の俺たちはしっかりと話を聞くということをするしかない。
「わたしは、両親に救われた後、宇宙船でこの宇宙をさまよっていたのです。周りの星は、人が暮らせるようなところがないので降りようにも降りられませんでした。そして、自分がいた星から出て行ってから約1ヶ月ほど経った後、わたしの星を襲った人たちがわたしを探し、見つけられて追いかけられてました。数が多かったのでさすがに逃げられることは出来ず、とにかく必死に降りられるところを探していたんです。そしたら、この星を見つけてそれでめったに使わないワープを使って追っ手から逃れてこの星に降りられたんですが……ワープを使ったせいで少し手元が滑ってしまい山に衝突してしまいそれで起きたらここに居たんです。」
「そうだったのか。ありがとう、教えてくれて。怪我が治るまでここで暮らして………」
「っ!」
「………もらうのはちょっと無理なので頼れる知り合いが住んでいるところで暮らしてくれないか?」
 ミラにここに暮らしてくれって提案をしようとした瞬間、シェレールが目を大きく見開いてこちらを見てきたのですぐに言い直した。
「で、でも……さすがに悪い……」
「おっと、遠慮なんかしないでくれよ?ミラを救ったのは俺だしミラのことを色々と知っちゃったんだから助けたいと思うのは当然だ。」
「………ありがとうございます。」
「ま、まぁ、俺の家に泊めるって訳じゃないんだけど………でも、たぶんあっちの方でもきっとみんな良くしてくれると思うよ。」
「そ、そうなんですか………あ、あの………き、聞いてもいいか少し迷っていたんですが………」
 ミラは、どこか渋るような表情でそう言ってきた。
「全く……ミラが今までのことを正直に話してくれたんだから俺たちのこともちゃんと話すに決まってるよ。どんな質問でもしてきて?」
「あ、ありがとうございます。では………後ろにいる人たちって誰ですか?」
「「……………え?」」

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アキ

    こわ!え、何?何がおるん?

    0
コメントを書く