クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

341話 星空

 シェレールとあれこれした晩、俺は隣であられもない姿で寝ているシェレールの頭を優しく撫でながら窓から見える外の景色を見ていた。
 夜闇の中、キラキラと光る空の景色がなんとも美しく意識が必然とその景色へと引っ張られた。
 その景色をもっとまじかで見たいと思った俺は、シェレールを起こさないようにゆっくりとベットから降りて寒くない格好に着替えベランダへと出た。星には全く詳しくない俺はこのキラキラと輝いている星が綺麗としか思えないけれど俺にはそれで十分なのかもしれない。綺麗だと感じられる感性を持ってさえいれば俺には十分だ。
「………ん……ふぁ〜」
 俺は、疲労を出すかのように大きくあくびをする。
 だが、眠気はあるのに眠たくない。眠りたくないほど俺は、星空に魅せられている。
 この世界は、前の世界と違い夜になると出歩く人など全く居ないしほぼみんな寝ているので辺りは本当に人が住んでいるのだろうかってくらい真っ暗だ。そのおかげで星は、さらに輝いている。この頃、忙しくて星空なんて見る時間取れなかったからたまにはこうやってゆっくり見るのもいいな。明日は、シェレールも誘って見てみようかな。………いや、それなら星空鑑賞会なんてしたらどうだろうか。お礼のためのパーティも込めてそんなことをしたらみんな、喜ぶんじゃないかな?そのためには見る場所や家具とかもいるな。それに星のことを話すためにその勉強もしないといけないし……色々と大変だな。
 今度、シェレールとも相談して色々と決めよう。
 そう決めた瞬間、星空に流れ星が流れた。
「うわっ!流れ星!初めて見たな〜。」
 俺は、今初めて流れ星を見ることが出来た。そして、次の瞬間、さらに驚くべきことが起きた。
 その流れ星が過ぎ去った後に無数の流星群がその流れ星を追いかけるようにして俺の目の前から過ぎ去って行った。
「こ、こんなに!?そ、そうだ!願い事をしないと!」
 俺は、手を合わせ願った。流れ星は、宇宙の塵とかが流れていて別に何か願いが叶うわけでもないのだが俺はおまじないと思い願っておくことにした。
「シェレールと一緒に幸せになれますように!」
 あれ?これって3回言うんだっけ?
 いや、こういうのは1回だけ言うのがいいんだ。まぁ、俺論だけど。
 って、今度は逆方向に1つの流れ星が流れた。しかも、さらにまた無数の流星群が流れた。
「なんか本当に追われてるのか?」
 ま、まさか、そんなわけないよな。
「って、こんどはこっちに来てる!?それにめっちゃ近くないか!?」
 1つの流れ星は俺の真上を過ぎ去って行った。だが、無数の流星群がこちらに来ることはなかった。
 そして、1つの流れ星が俺の頭上を流れた瞬間、頭の中に女の子の声が流れてきた。
(助けて!)
 すごい焦ったような声色でそう言ってきた。
 そして、その流れ星は、1つの山へとぶつかった。
 こ、今度は、なんだ!?
 また、面倒事に巻き込まれそうな予感はしたが………助けを求めてきたんだし行かない訳には行かないよな〜。
 ナビ、何が俺の頭の上を通ったか分かるか?
(………すいません、よく分かりません。)
 ナビが分からないとなると直接行った方がいいよな。
 俺は、飛行のスキルを使いふわりと浮かび上がり流れ星が当たった山へと向かった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • マシュまろ

    …浮気はよろしくないですぞ…(ニヤリ)

    0
  • ネコネコ(ФωФ)

    また新しい展開が来るのか?!(歓喜)

    0
コメントを書く