クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

287話 一人で

 竜斗side
 苦しい………辛い………怖い………
 俺は、今、そんな感情を抱きながら眠っている。
 目を開けても誰もいない。目を開けても光なんて入ってこない。
 ただ俺一人だけがその空間でポツリと立っていた。
 誰か探してみようにも体が動かない。それよりもどんどん俺の体が俺のものじゃなくなっていくような気がする。
 俺は、もしかするとこのままずっと一人ぼっちなのかもしれない。
「ふっ、安心しろ。貴様は、一人ではないぞ。」
「っ!」
 俺は、声に反応して目を開く。
 するとそこにはこの暗い空間よりも黒い人が立っていた。
「………だ………れ……だ………」
 俺は、久しぶりに声を発した。随分久しぶりだったから少し声が震えてしまった。
「おいおい、誰だって、少し口の聞き方が悪いんじゃないか?俺様は一応神だぜ?」
 黒い人物は、自分を神だと名乗る。
「神………ふっ」
 今度は普通に喋ることが出来たがつい自分を神と名乗る自称神に向かって鼻で笑ってしまった。
「あっ!貴様今、笑ったな!?」
「いや、別に……」
「嘘をつけ!俺様は、神と言ってるだろ!?貴様の嘘くらい軽くお見通しだ!」
 自称神は、腕をブンブンと振って怒りをあらわにする。だが、その姿は神と言うよりもまるで子どもだった。
「貴様!今、俺様をガキとか思っただろ!?」
「なっ!よ、よく分かったな……」
「ふっ、これでも俺様、神!だからな!」
 自称神は、神の部分を強調して言った。
「貴様!今さっきから自称神ってうるさいぞ!そろそろ認めろ!俺様が本物の神だってことを!」
「いや〜……だって、俺の心を読むくらいみんな結構やってたぞ?」
 特にシェレールがめちゃくちゃ上手かった。俺が嘘をついたら一瞬で見抜かれるんだからな。
 そういえばシェレール、今、何してるんだろ?元気にしてるかな?あ〜、会いたいな〜。
「貴様!俺様を放っておいて今ここにいない女のことを考えるなんて!」
「……………」
 こいつ、案外めんどくさいな。
「めんどくさいとか思うな!」
 ちっ!またバレたか。
「はぁ〜、あくまで俺様が神とは認めないようだな。」
「あ〜………いや、認めてる認めてる。」
 認めてないと言うとあとからめんどくさそうなので適当に流しておく。
「………分かった、なら証拠を……と、言いたいところだがあいにく俺様の力はだいぶ無くなってしまってな。」
 自称神は、肩を竦めてやれやれと言う。
「…………」
 俺は、目を細めて明らかに疑いの目をして自称神を見る。
「なんだよ、その目は。元は俺の力がなくなったのはお前のせいなんだぞ!?」
「はぁ?俺のせい?」
「ああ、俺の八割の力はお前の意味分からんスキルで消されてしまったからな。」
「意味分からんスキルって………あっ!もしかして……」
 俺は、一つだけ心当たりがあった。
「お前、レイスさんに取り付いていた邪神か!?」
「ははっ、ようやく分かったか。全く、全然気づかねぇから少し焦ったぞ。」
 こいつがレイスさんを苦しめていた邪神………
 俺は、途端にレーネとレイスさんのあの親子の姿を思い出しそれを壊していたこいうがすごく憎く思った。
「このっ!」
 俺は、怒りに身を任せて邪神を殴りにかかる。
 だが、俺の拳は、簡単に邪神に受け止められてしまう。
「俺の力もだいぶ減ってしまったが今のお前もだいぶ力を失ってるだろ?そんな奴に負けるかよ!」
 そして、拳を握られたまま動けない俺に蹴りを入れてきた。
「がっ!」
 俺は、そのまま数メートル吹き飛ばされ地面に転がる。
「今、ここで俺の憎しみのまま動いてお前を殺してしまってもいい。」
 邪神は、そう言って俺を睨む。すると先程まで感じていた苦しさとかがさらに膨れ上がり俺を押し潰す。。
「かはっ!……はぁはぁ………」
 な、なんだ………目眩がする……何をされた?
「ふっ、苦しそうだな。このままお前が苦しむのも見ていてもいいだろう。…………だが……」
 邪神がだがと言った瞬間今まで俺を押し潰していたものがなくなった。
「俺様もこの頃ずっと一人で暇だったんだよな。いや〜、ようやく喋れる奴がいて暇を潰せるぜ。」
「……な………に………?」
 俺は、目を見開き尋ねる。
「だから、今まで俺様と話せるやつなんていなかったんだよ。だから、お前を見つけることが出来てようやく暇が潰せると思ったんだ。悪いな、さっきは怖がらせてしまって。」
「……ふ………ふざけるな!」
 俺は、ハハハと笑っている邪神に向かって怒鳴った。
「お前のせいでレーネがすごい苦しんだんだぞ!お前のせいでレーネとレイスさんは離れ離れになってしまったんだ!」
 俺は、目を大きく見開いて怒鳴る。
 だが、そんな俺とは裏腹に邪神は、首を傾げていた。
「なんだ、お前、知らないのか?」
「何がだよ?」
「俺様があのレイスって言う女に取り付いた理由。」
「…………は?」

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く