クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

263話 不安

 シェレールside
「……今日は……ここまでで……いい……お疲れ……」
「あ、ありがとうございました……」
 私は、クロムにお礼を言うとその場に座り込みました。
 今日もクロムと魔法の練習をしていました。と言うよりもただ、私がクロムの魔法を受けているだけのような気がしますが。
「………はぁ、私、強くなってるんでしょうか?」
「……大丈夫……ちゃんと……強くなってる……」
「え?」
 私が少しへこんでいるとクロムの方から声を掛けてきました。
「本当ですか?」
「……うん……シェレールは……ちゃんと……強くなってるよ……」
「く、クロム……ありがとうござ………」
「……それでも……まだ……私の方が……強い!」
 クロムは、えっへんと胸を張ってそう言ってきました。
 こ、この子は……せっかくとてもいいことを言っていたのに……
「……でも……本当に……シェレールは……強くなったよ……」
「そ、そうですか?私は、よく分かりませんが……」
「……だって……最初は……練習後は……よく……倒れてた……でも……今は……倒れてない……」
「た、確かに言われてみればそうですね……」
「……良かった……」
「良かった?もしかして、私が成長して良かったということで……」
「……いつも……シェレールが……倒れたら……竜斗が……看病……してたから……アピールする……暇がなかった……でも……もう……倒れてないから……竜斗が……看病しなくて済む……これで……今まで……よりも……いっぱい……アピールできる……良かった……」
「そ、そういうことですか……」
「……ん?……なんだか……余裕ある……感じ?……前は……すごい……怒ってたのに……」
「ふふっ、当然です。旦那様は、私しか見てないですから今さらクロムが何しようと無駄です。」
「……そんなの……やってみないと……分からない……」
「いいえ、分かります。それにこれからは旦那様がトイレ以外の時は私がずっとそばにいるっていう約束をしましたから。」
「むっ……なにそれ……竜斗に……迷惑……」
「そんなことありません。旦那様は私と一緒いれて喜んでいますよ。」
「……それは……シェレールの……間違い……だって……プライベートが……ない……そんなこと……してたら……逆に……嫌われる……」
 プライベートがない………た、確かにそうですね。
「で、でも、旦那様は嬉しいって言ってくれたんです!」
「……シェレールに……気を使った……だけ……」
「うっ……」
 な、なんだかクロムの言っていることの方が正しいと思えてきました。
「………わ、私って……竜斗の自由を縛っているのでしょうか?」
「……だいぶ……縛ってるよ……竜斗が……可哀想……」
「っ!」
「だ、だって………うぅ……今度、旦那様と話してみます。」
「……それは……やめた方がいい……」
「え?」
「……竜斗なら……絶対に……今のままでも……大丈夫……って言う……それじゃ……なんの……意味もない……」
「た、確かに………な、ならどうしたら良いのでしょうか?」
「……簡単……シェレールの方から……突き放す……」
「っ!?で、出来るわけないです!旦那様を突き放すなんてこと……絶対に出来ません!」
「……それじゃ……ただ……嫌われるだけ……私としては……そっちの方が……嬉しい……」
「うぅ……き、嫌われるのは絶対に嫌です……で、でも、私から突き放すなんて……」
 あ、あれ?な、涙が……竜斗を突き放すって考えただけで………
「……はぁ……これじゃ……もう少し……時間が……かかる……」
「……無理です……竜斗と離れるなんて……うぅ……絶対に無理です……」
「……全く……これじゃ……私が……竜斗を……取ったら……どうなることやら……」
「あ、それは大丈夫です。」
「むっ……酷い……」
 はぁ、でも、本当に竜斗の本音を聞かないといけませんね。そのためにも心透視のスキルを使わないといけませんね。なんだかそのスキルを使うと旦那様を信じてないみたいで嫌ですけど。でも、今度、話す時はちゃんと使いましょう。旦那様のためにも。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く