クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

259話 起きてくれ

「………ん……んん」
 俺は、体になにか違和感を感じ目を覚ました。
 いつもよりも妙に体が重く感じている。
 別に具合が悪いとかではない。
 俺は、なんだろうと思いながら横になってる自分の姿を見る。
「……あ〜、なるほど。」
 そこにはシェレール、クロム、レーネが俺にベッタリとくっ付いて眠っていた。
 これはあれだな。俺が動いたらみんな起こしちゃうな。
 仕方ない。ここは、もう少し寝とくか。
 昨日、俺とシェレールは、この部屋で夕食をクロムたちと共にして色々と片付けて少しゆっくりしているとシェレールが俺にくっついたまま眠ってしまったのだ。俺は、シェレールを抱っこして帰ろうとクロムたちに言ったのだがクロムとレーネから今日はここで寝て言ったらいいと言われその言葉に甘え、そのまま寝たのである。
「今、何時なんだろ?」
 俺は、今の時間が気になっのだが俺の今の体勢だとちょうど時計が見えない。
 ナビ、今何時か教えてくれないか?
(はい、今は、6時30分です。)
 分かった、ありがとう。
 朝食は8時だからまだ時間は十分にあるな。
 みんな、気持ちよさそうに寝てるな。
 でも、さすがに3人に抱きつかれたまま寝てるとさすがに暑いな。
 まぁ、そんなこと考えたって起こすわけにはいかないから我慢だな。
「……………ん……う……ん……」
 おっ、クロムが起きたみたいだな。
「クロム、おはよう。」
「………………竜斗?……ん〜……」
「お、おい。」
 クロムは、一度起き上がったのだがまた俺にくっついて眠った。
「……ふふ……竜斗がいる……幸せ……」
 ………こりゃ寝ぼけてるな。
 ま、一度起きたからここは起こして離れてもらうか。
 俺は、クロムに触り体を揺らす。
「クロム、起きてくれ。」
「……ん〜……邪魔しないで……」
 クロムは、俺の手を払いまた眠る。
「……幸せ〜……」
 な、なんだか、本当に気持ちよさそうに眠ってるな。………これじゃ、起こせないな。
「はぁ、仕方ない。シェレールかレーネが起きるのを待つか。」
「ふふっ、旦那様、私なら起きてますよ。おはようございます。」
「え?あ、シェレール、起きてたのか。」
「はい、旦那様が起きる少し前からですが。」
「良かった。なら、ちょっと離れてくれないか?結構暑いんだけど。」
「ん?嫌ですが?」
「…………なんで?」
「逆に問いますけど、なぜ私が離れなくてはいかないのですか?彼女である私を離れさして他の幼女とくっつきたいと旦那様は、そう言うのですか?」
 あ、やばい。シェレールの目から光が消えてきた。
「ご、ごめん!は、離れなくていいよ。」
「え?違いますよね?」
「え?…………あ、シェレール、俺にくっついてくれ。」
「はいっ!」
 シェレールは、俺から満足な答えが返ってきて心底満足そうに返事をしてまたさらに強く俺に抱きついた。
 あとは、レーネしか居ないんだけど………
「すぅ………すぅ………」
 レーネは、まるで起きる様子がなかった。
「……竜斗〜……幸せ〜……」
 いまだに寝ぼけてるクロム。
「ふふっ………」
 すごい嬉しそうに抱きついてるシェレール。
「すぅ………すぅ………」
 まだ、気持ちよさそうにぐっすりと眠ってるクロム。
 …………こりゃ、まだ当分この状態が続くな。
 俺は、暑いのを我慢してみんなが起きてくれるのを待った。
 みんなが起きたのはかれこれ一時間後。みんなが俺の上から起き上がり俺も起き上がると背中がびっしょりと濡れていた。
「旦那様、朝食の前にお風呂に入った方がいいですね。」
「ああ、そうしてくるよ。」
「それじゃ、行きましょうか。」
「あ………」
 そういえば俺が約束破ったからシェレール、トイレ以外はずっと俺についてくるんだったな。
 …………ま、まぁ、お互い裸は見慣れてるからいいか。
「……ずるい……」
「竜斗とお風呂か〜。………羨ましいな〜。」
 後ろからなにかごちゃごちゃ聞こえるがシェレールは、何にも気にせず風呂場へと俺を引っ張りながら向かった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー331519

    誤字脱字、typoが多すぎる。偽名使ってるのに大声で本名叫ぶとか、なのに周辺の人は気づかないとか酷すぎ。

    0
  • けん玉マスター

    258話2つありますよ〜!

    0
  • 夜叉神

    もう少しでシュレールがヤンデレ化しそう。というかさすがにウザイ

    1
コメントを書く