クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

210話 寂しい

 シェレールside
「………んん……ん……」
 私は、目が覚め体を起こす。
 また、竜斗のベットで寝ちゃったな。
 竜斗………まだ帰ってこないんですか?…………寂しいです……
 私は、竜斗の枕を抱きしめほんのり香る竜斗の匂いを堪能します。
 この頃、これが毎朝の日課になってるような気がします。
「竜斗〜……すぅ〜……はぁ〜……」
 な、何だか、変態みたいな行動をしているように感じるんですが……大丈夫ですよね?彼女なんですから。
 でも、そろそろ起きないと朝食に遅れますね。
 私は、名残惜しさを感じつつ枕を置き竜斗の部屋に置いてあった服に着替えます。
「さて、行きますか。」
 私は、少しだるく重い体を無理やり動かして食堂へと向かいます。
「シェレール、おはよう。まだ具合悪そうね。」
「い、いえ、そんなことはありませんよ。もう大丈夫です。」
「柊君が調査に行ってからずっとそんな調子だもんね。」
「師匠、元気だしてください!リュウさんだってもう戻ってくると思いますよ!」
 みんなが私に元気になるように言葉を掛けてくれます。
 この2日間はずっとそんなかんじでした。
「でも、調査は2日程度で終わる予定だったんでしょ?竜斗たちになんかあったんじゃ………」
「ゆ、ユイちゃん!そ、そこは言っちゃダメだよ。」
「そ、そうですよ。ほ、ほら、師匠がすごい不安そうな顔したじゃないですか!」
「あ、そ、そうだった、ごめんね、シェレール。悪気があったわけじゃないの。」
「……いえ、大丈夫です。……それに竜斗ですから何かあっても大丈夫ですよ。私は、ちゃんと信じてますから。」
 そうです、私は、ちゃんと竜斗を信じてます。
 だから……竜斗……早く帰ってきて欲しいです……
「あの、お話の途中ですいませんがよろしいですか?」
 私たちが話しているとここに務めている役人であろう人が私たちに話しかけてきました。
「はい、なんですか?」
「調査に行っておられました魔王様たちが今朝帰ってこられました。一応報告しておきます。」
「っ!」
 私は、その報告を聞き目を見開きました。
「それ!本当ですか!?」
「え?あ、は、はい、本当です。」
「竜斗は、今どこにいるんですか!?」
「すいません、私には帰ってきたことしか報告が来てません。あ、でも、竜斗殿はお休みになると言って恐らく部屋に戻ったんじゃないでしょうか?」
 私は、それを聞き勢いよく立ち上がり竜斗の部屋に向かって走り出しました。
 竜斗!竜斗!!竜斗!!!
「竜斗!!!」
「………え?シェレール?」

 竜斗side
「………え?シェレール?」
「………りゅ…竜斗?ど、どうして……どうして裸なんですか!?」
「あ、あはは……実は今さっきまで風呂に入ってたんだが着替えを持ってきてないことを思い出してこの部屋に転移してきたんだ。………だからその………ごめん!」
 俺は、自分の服を持って勢いよく風呂場へと転移した。
 は、はぁ、びっくりした〜。
 と、とりあえず服に着替えよ。
 俺は、急いで服に着替えてシェレールのいる部屋へと再び転移した。
「よ、よぉ、シェレール、悪かったな今さっきは変なの見せてしまって。」
「い、いえ、大丈夫です。そ、それよりも今さっきは、急に部屋に入って驚かせてしまってごめんなさい。」
「いや、別に構わないよ。それよりも俺も謝らなきゃいけないことがある。」
「謝らないといけないこと?」
「シェレールたちに黙って勝手にジゼルさんたちの調査に行ったこと。よく考えてみたら一言も告げずに出ていくのはさすがに悪いと思った。だから、ごめん!」
「りゅ、竜斗………許してほしいですか?」
「っ!あ、ああ、そりゃ許して欲しい。」
「………竜斗、私は、竜斗が調査に行っていた間、すごい寂しかったです。だから………竜斗……私に許さて欲しいなら……この2日間で甘える予定だったことを今日一日で取り返してください。いえ、今日の分も入りますから三日分ですね。大変ですよ、三日分ですから。」
 シェレールは、ニコッと笑いそう言った。
「ははっ、そうか、なら、頑張らなくちゃな。」
「はいっ!頑張ってくださいね!………えいっ!」
 シェレールは、一呼吸置き俺をベットに押し倒してきた。
「まだエッチなことをするには早い時間ですけど……これくらいならいいですよね。」
 シェレールは、そう言って俺をぎゅっと抱きしめてきた。
「今日は、思う存分甘えてくれ。俺の無理じゃない範囲なら今日はどんなことでもしてあげるからよ。」
「ありがとうございます。竜斗、大好き!」
 シェレールは、そう言って大人なキスをしてきた。
 そして、シェレールとキスをし終わったあと、俺は驚いた。
 今さっきまでものすごい痛かった傷が治っているのだ。
 これは……確かシェレールの聖女としての能力だっけ?
 まっ、今は傷が治っただけでいいか。
 これでなんの不自由無くシェレールを甘やかせられるな。
 さて、次は何を要求されるかな?

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー328077

    旦那様どうした?

    0
  • 自衛隊大好き

    初めてのコメですみませんけど…ココ達ってどうなったんですか?

    1
コメントを書く