クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

200話 決意

 俺たちは、ものすごい威圧を受けながら洞窟の奥へと進む。
 どんどん進むにつれてその威圧の強さは増していく。
 俺も対抗して威圧を放とうと思ったがみんなが耐えられそうにないので止めた。
 俺たちがずっと洞窟の中を進む中、突然今さっきまでガンガンと響いていたものすごい威圧が切れた。
「威圧が……止まった?」
 みんな、不思議に思っているらしくあたりをキョロキョロと見渡している。
 だが、今までの恐ろしい威圧が止まったのだ。みんな、少しホッとしたような表情をしている。
 だが、それも一瞬の束の間。俺たちの目の前に突如半径1メートル程の黒い穴がいくつも現れた。
 そしてその穴から黒い火の玉が10を超える程の量がものすごい速さで襲ってきたら。
 っ!
 みんな、急なことで反応ができていない。
 これじゃこの火の玉に当たってしまう。
 俺は、クロムとレーネを抱えたままジゼルさんとセレスさんの近くへ行き、結界を張る。
 何とか結界が火の玉を止めてくれて俺たちに被害はなかった。
「あ、ありがとう、竜斗殿。」
「怪我は、ありませんか?クロムとレーネも大丈夫?」
「儂たちは大丈夫だ。」
「……私も……大丈夫……」
「問題ないわ。」
 みんな無事のようだ。
 あの黒い火の玉を全部防ぎ結界の中から周りを見渡すともう既に今さっきの黒い穴は消えていた。
 ………あれもこの奥にいるやつの仕業なのだろうか。いや、間違いなくそうだろう。
「………進もう。」
 ジゼルさんは、みんなが何も喋ることが出来ない沈黙の中、一言だけそう呟いた。
「……儂たちが今、ここでこの奥にいる魔物を仕留めなければ誰が仕留めるというのだ。」
 ジゼルさんは、みんなを説得しようとする。
 だが、ジゼルさんのその声は震えていた。
 ジゼルさんだって怖いんだ。だけど、ここでジゼルさんは街に戻るという選択肢など許されない。
 まだクロムが幼いから……まだ魔王として、未熟で考えることがまだ上手くできないから……ジゼルさんが元魔王としてその姿を示そうとしているんだ。
 これが人の上に立つ者なんだって言葉ではなく行動で示している。
「………クロム、レーネ、お前たちはここで待ってるか?」
 俺は今、抱きかかえている二人にそうやって問いかけた。
 セレスさんの目は、ジゼルさんについて行くっていう意思が感じられたので何も問いかけなかった。
「……私は……行きたく……ない……」
「あたしもすごく怖いから行きたくない。」
 クロムとレーネは、本音を打ち明けた。
 仕方ない、まだ子どもなんだしそれに今までずっと他人を恐れていたんだ。
 こんなに威圧をかけてくる魔物が怖くないわけがない。
「そうか、なら、二人はこの結界の中に………」
「「……でも……強くなりたい!」」
 クロムとレーネは、声を揃えてそう言った。
「……まだ……私は……子ども……」
「でも、それを言い訳にして怖いことから逃げたくない!だって……」
「……だって……」
「「竜斗が踏み出す一歩の勇気をくれたから!」」
 クロムとレーネは、決意が固まったという目でそう訴えてきた。
 まだ、この子たちと出会って本当に数日しか経っていない。
 それなのに出会った時よりも何十倍にも心が成長している。
 ったく、こうやって子どもは大きくなっていって強くなっていくんだろうな。
 ……………まったく、幼女は最高だぜ!
「ふふ、この中で一番怖がってるのはあなたのようね。」
「まさか、クロムが近頃見ないうちにこんなに成長していたとは……」
「レーネもものすごい勢いで成長しているわね。」
「これも全て、竜斗殿のおかげなんだろうな。」
「ええ、本当にね。竜斗がいなかったらまだクロムもレーネも一人ぼっちだったかもしれないわね。」
「…………よし!みんな、行くぞ!」
 ジゼルさんは、声を大きくして言った。
 その声はもう震えてなどいない。
 どんな相手でも勝つっていうそんな意志のこもった目をしていた。
「……竜斗……そろそろ……下ろして……」
「もう抱きかかえてもらわなくて大丈夫よ。」
「そ、そうか?」
 俺は、二人を地面に下ろす。
 なんか、少し寂しい……
「……でも……手は……繋いで欲しい……」
「あたしの手、握らせてもいいけど?」
「………ありがとう。」
 俺は、いまさっきと同様、両手に二人の幼女の小さく暖かい手を握った。
「3人とも、何してるの?そろそろ行くわよ。」
 少し先にもう出発しているジゼルさんとセレスさんがこちらを見ながらそう言ってきた。
 俺たちは、急いで二人に追いついた。




 〜〜洞窟の奥〜〜
『まだ来るか……せっかく逃げるチャンスをやったのに……』

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ZOE

    幼女は最高だぜ!ん?似たようなをどこかでみたことあるぞ?

    0
  • ノベルバユーザー305609

    次回更新は?

    0
コメントを書く