クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

168話 魔王様

「待って!」
 俺たちは、その声に振り向く。
 するとそこには………リルくらいの大きさの可愛らしい女の子がいた。
 恐らくこの子が魔王様なのだろう。
 俺は、膝を地面につけ魔王様と同じくらいの目線になってから話す。
「えっと…魔王様でいいんですよね?」
「………ぅん……」
 魔王様は、消えそうな声で頷いた。
「良かった、やっと顔が見れた。」
「ふふっ、とてもお可愛いですね。」
 俺とシェレールは、魔王様に向かって笑いかけた。
「それじゃ、改めて俺の名前はリュウって言うんだ!」
「………ぅそ」
「……え?」
「な、名前……違う……」
 っ!バレた?何故?
 ナビ、分かるか?
(も、申し訳ありません、魔王様のデータなどこちらからは全く見られないようになっています!)
 ナビでも無理なのか。
 でも、嘘を見抜くスキルなら普通にありそうだよな。斉藤が持っていた神眼ってスキルも嘘を見抜くやつだったよな。
「………悪い、嘘ついた。俺たち、今は外では偽名を使ってるんだ。だから、今回も使っていたんだけど………ごめん、魔王様と仲良くなるのに嘘なんかついたら仲良くなれないよな。本当にごめん!」
 俺は、頭を下げ謝罪する。
「う、ううん!だ、大丈夫……その……別に悪い感情が……入ってる……わけじゃなかったから………でも……本当のお名前……聞いてもいい?」
「ああ、もちろんだ。俺の名前は、柊 竜斗って言うんだ、よろしく。」
「私は、シェレールです。よろしくお願いします。」
「うん……よろしくね………わ…私……は……クロム……って言うの。」
「クロムさんか。いい名前だな。」
「えへへ……ありがとう。……でも……さんは、いらない………クロムって呼んで……これからは……友達……だから……」
「ああ、分かった。なら、俺のことも呼び捨てで構わないぞ。」
「もちろん私も呼び捨てで結構ですよ、クロム。」
 俺たちがそう言うとクロムの表情は一気に明るいものになった。
「竜斗!シェレール!ありがとう!」
 そのまま俺たちに向かって飛んできた。
 俺たちは、2人でそれを受け止めた。
「クロム、ひとつ聞いてもいいか?」
「何?なんでも聞いて。」
「俺たち人間と関わろうとするのはなんでなんだ?別にそのまま無干渉でもいいんじゃないかって思ったんだけど。」
「………それは……ね……私一度だけ……人間の人とあったことがあるの。」
「そうなのか!?」
「うん……でも……私が魔族ってバレた時、人間の人たちは私を襲ってきたの………」
「そ、そうなのか………なんか、悪い。」
「う、ううん!気にしないで!……それでね、私が人間の人に襲われている時に助けてくれたのがそれも人間の人だったんだ。………だから、私、人間の人は悪くないばっかりじゃないってことがわかったの。竜斗や、シェレールみたいに!だから、人間の人たちと関わろうとしてきたんだけど………」
「まずは、あの海を渡るのが難しいってことか?」
「……うん………」
「まっ、それはどうにかなるとしてまずは、俺たちから人間のことを詳しく話してあげるよ。」
「いいの!?ありがとう!」
「竜斗、クロム、そろそろ場所を移しませんか?恐らくジゼルさんも心配してますでしょうし。」
「あっ、ジゼルには今さっき悪いことしちゃった。」
 クロムは、今さっきジゼルさんをボロボロにしたのを思い出したのかしょんぼりとしてしまった。
「なら、私たちも一緒に謝ってあげますよ。悪いことをしてしまったと思ったならまずは、謝りましょう。いいですね?」
「う、うん!分かった!」
 クロムは、ニコッと笑って頷いた。
「それじゃ、行こうぜ。」
 俺とシェレールは、間にクロムを入れて手を繋ぎながら部屋を出ていった。
 なんか………子どもが出来たみたいだな。シェレールもそう思ったのか俺のほうをチラッと見て顔を赤くした。
 俺たちは、そのままジゼルさんの前へとやって来た。
 ジゼルさんは、たいそう驚いたような顔をしていた。
「………あ、あのね……ジゼル……今さっきはごめんなさい!」
「え?あの……ま、魔王様?どうなされたのですか!?」
「今さっき、攻撃しちゃって悪いことしたから………悪いことしたなら謝った方がいいってシェレールが言った………」
「ん?シェレール?」
「あ、それは私の本名です。すいません、色々事情があって偽名を使っていたんです。」
「ちなみに俺は、柊 竜斗だ。」
「そ、そうなんですか………魔王様!もう大丈夫なのでお顔を上げてください!」
「本当?怒ってない?」
「ええ、怒ってませんよ。………それにしても驚きました、本当に魔王様を連れてくることが出来るなんて………」
「だって俺たち、友達だもんな!」
「うん!友達!」
「ま、魔王様と友達?」
「ええ、友達になるつもりでクロムに会いましたからね。」
「さらに呼び捨て………ははっ、良かったな、クロム!」
 え?ジゼルさんも呼び捨て?
「うん!パパ!」
「「…………パパ!?」」

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 空白

    やっぱ魔王様かわいい

    1
  • ノベルバユーザー264858

    まさかの展開笑

    4
コメントを書く