話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?

ノベルバユーザー230430

初の戦い

<始まりの森>


『GYAGYAGYA・・・・』


俺の存在に気付いたゴブリン達が俺に集まってきた。


「よし、それじゃあやりますか!」


そう自分に言い聞かせるように言い、自分の集中力を高めていく。


そして、俺の職業が二刀流剣士になったときに自然と表れた刀を自分の腰の鞘から引き抜く。


それは黒く、輝きを失ったこのような色合いをしていた。


だが鞘から費いぬかれた瞬間、初めて使われることを喜ぶようにかすかに光った。


それが合図になったかのように、ぼろぼろの剣を持つゴブリン達が一斉に前に走り出してきた。


直線的で、新たな獲物を見つけたかのような顔つきをしているように感じた。


俺は一瞬モンスターにも知性があるかも?などと考えたが、その考えを捨て、そいつ等の攻撃をすべてかわしていった。


何故かそいつ等の攻撃は、現実世界で見るものよりとてもゆっくりしたものに見えた。


「っ、ッ・・・!」


その後も数の暴力によって危ない場面はあったが、攻撃をよけ、刀でふせだりし続けていると、体に白いオーラをまとい始めた。


「・・・・・・・・」


苦戦しながらも攻撃をよけ続けるごとに、そのオーラは輝きを増し始め、体の奥底から力があふれるような気がした。


そしてまた攻撃を防ごうとしたとき、ゴブリンのぼろぼろの剣が砕け散った。


その僅かな隙を見逃すことなく、そいつに対して刀で切り伏せた。


瞬間、ゴブリンは真っ二つになり、体液をまき散らす。


刀身を振るった勢いで、その場は真空状態になりそれを埋めようとしてゴブリン達がいる空間が引き寄せられた。


俺はそれに巻き込まれることがなく、今が好機だと思い、ゴブリン達をすべて切り裂いた。


その光景だけを見るなら、完全なるワンサイドキルだっただろう。


これで俺の初めての戦いは幕を閉じた。


これで街に帰ろうと思ったときに、頭の中で「ピコンッ」という音が鳴ったので、それを確認した。


その通知は、Lvの上昇を知らせるものと、新たな二刀流の技を習得したというものだった。


その新たな技の名前は













領域外力アウトサイドフォース



「ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く