話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?

ノベルバユーザー230430

瞬神の二刀流剣士

じゃあ、VITとINTは0で決定っと・・・

「選択が完了しました。

ーーーーーーーーーーーー

只今メインサーバーから職業データをロードしています。

『とても』時間がかかる場合があります。

ーーーーーーーーーーーー

このように出てきてしまった。

まあ、二つもステータスを0にする奴なんていないから、しょうがないだろうけど・・・

気長に待つとしますか。











ここはとある企業の開発室である。

今ここは、最近発売されたゲームについての会議が開かれている。

そのゲームには、この企業の開発担当などがその場のノリで作ってしまったものがある。

それは数多くあり、それの悪いことに、何気にいいアイデアだったということだろう。

今回は、それが原因となってこのような会議が開かれている。

会議の議題は、「職業どうする?」というものであり、誰も言葉を発することのない、長く沈黙が続く会議が・・・

「今回のことはしょうがない。事前に対策もしてあった。だが、私たちの対策が万全ではなかった。それだけのことだ。」

そう言葉を発し、沈黙を貫いたのは、このゲームの開発リーダーの男である。

それに続けて開発副リーダーが話を進める。

「今回の対策会議の対象は、

     ・18歳男性

     ・職業:零

     ・対象ステータス:VIT,INT

     ・種族:人族        

となっております。」

「このプレイヤーの職業は零です。

そのプレイヤーは、我々が対策していた想定外の選択をされました。

我々は、直ちにこのプレイヤーの選択にあった職業を考え出さなければなりません。」

と、このように会議は最初の沈黙が嘘のようにスムーズに進んでいきました。

そして、「どのようなことが出来るか」は決定しました。

しかし、レア職業からの派生ということで、「名前もカッコよくしたい」という意見が多く出てきた。

そこからさらに会議は加速していき、ついに無難な名前に決まりました。

全員の賛成をもぎ取って・・・

その名前は


















「瞬神の二刀流剣士(デュアルフェンサー)」と決まった。

ーーーーーーーーーーーー
・職業:瞬神の二刀流剣士
・特徴:STR、AGIの成長率が高い
・固有能力:双剣乱舞
      →ダメージを受けない限り、攻撃力が次第に上昇(上限あり)
ーーーーーーーーーーーー

「攻撃こそ最強の守り」といえるような職業である。

VITを0にしたことによってロマンがある職業になった。

運営はこの職業を作ってしまったことを、後々後悔するであろう。

『天才(ディザスター)』によって・・・

「ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く