話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?

ノベルバユーザー230430

自宅警備員を退職

やはり来たか、チュートリアルさん。」

ゲームはチュートリアルがなければ操作などが理解することができない。だからこそ、私はさんをつけるのだ!「様」を付けるのは何か個人的に嫌だけど、「さん」ならまだね?

えーっと・・・まずは「ギルドに行きましょう」か。

おぉ~、カーナビみたいに視界の中にルートが・・・

現実でも欲しいな。俺めっちゃ方向音痴だからな。地図とか見ててもまったくもってわかんないからな。

これも一種の才能だととらえば悪く無いけどね。迷ったときとか、意外と良いこと多いしね。

場所は~・・・意外と近いな。ていうかすぐ隣じゃん!!

これで迷ったら、マジでそいつどうかしてるな・・・

次は、受付の人に話しかけて、冒険者になればいいのか。

「こんにちは。どのような用事でしょうか?」

受付の人ってさ、なんで男も女も綺麗な人ばっかなんだろ・・・

現実と無意識に比べちゃったし。しかも、見とれてしまった。綺麗だからしょうがない。だよね?

ということで、冒険者として登録をお願いしたら、紙を渡されて、必要事項を記入してといわれた。

職業を書く欄があったんだけど、「わからない」と受付の人に言ったら、確認しましょう。と言われて奥の部屋に連れていかれた。

その部屋の中央に、透明なタッチパネルが浮いていた。

受付の人の説明では、タッチパネルに手を置き、しばらくすると結果が表れると言っていた。

ーーーーーーーーーーーーーー
職業/零
{運営}レア職業おめでとうございます。説明をメール受信BOXに送信したので読んでおいてください。
-----------------------

受付の人にこの職業について聞いたけど、一度も聞いたことがないらしい。

あとで運営からのメールを確認すればいいよね?









「チュートリアルクリア!」

ギルドで冒険者カードをもらって外に出たら、このようにまた正面に現れた。

あれから、ギルドについての説明を受けたけど、色々なランクがあって、ギルドに有益な人はランクが高くなっていくらしい。

ランクが高いと、クランというものが作れて、いろいろできるらしい。そして、一年に一回だけこの国の王都で、クラン対抗戦が開かれて、優勝するとすごい報酬がもらえるらしい。

それ以外にもたくさん聞いたけど、ほとんど耳から入ってすぐに抜けてしまった。

それで、さっき受付の人に森の中のゴブリン退治の依頼を受けさせられた。

なんんでもそういう決まりがあるらしく、その日のうちに行ってもらって、それによってランクを付けるらしい。

そいえば、職業の確認しないとね?

戦闘になったとき、どうしたら良いのか分かんなかったら嫌だしね?

「ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く