化け物が住む見知らぬ館に閉じ込められたけど怖いから隠れて生活してやる

ふみゅうひぅ

第1話

「はあ…はあ…」

俺の名前は館空逃尾

目が覚めたら知らない場所に閉じ込められていた

この建物には人を食う化け物がいるし、全く嫌になるぜ




俺は重度の怖がりなのによぉ…




逃尾「はあ…はあ…、この部屋に隠れようっ…!」

俺は部屋のベッドの下に隠れた

逃尾「……(頼む……どっかいってくれ…!)」










逃尾「……ふぅ…」


そこで恐ろしい感覚に襲われる


逃尾「……もういやだ、ここにずっと隠れていたい」


人は心理的に狭いところにいると安心するらしい
例外もあるが……

それがこのようなピンチ状態なら尚更…!


だがしかし、それは脱出に近づけないということになる



逃尾「……いや」


……何を言っている
これはゲームじゃないんだ

何をしようが自由だ…!
ここから逃げる方法を考えればいい…!




こうして俺のかくれんぼ生活が始まるのであった…

「化け物が住む見知らぬ館に閉じ込められたけど怖いから隠れて生活してやる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く