不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

5章10話

「『三頭犬の狩猟ヘル・ハウンド』」

 サリスの足元に魔法陣が浮かび上がり──そこから、サリスの分身が二体現れる。

「……『付属魔法・氷結加護エンチャント・アイスブランド』」
「『付属魔法・獄炎加護エンチャント・ヘルフレイム』」

 ルナの両手が氷に包まれ、氷爪へと変化。
 サリスの両手から獄炎が発せられ、獄炎の剛爪を作り出した。

「……あなた……」
「ん〜?」
「さっき……サリス、って……呼ばれて、た……もしかして……『ドゥーマ家』の、サリス……?」
「そうだよ〜。急にどうしたの〜?」
「……別に……聞いてみた、だけ……」

 一瞬も表情を変えないルナの言葉に、サリスは肩を竦めながらクロノスに視線を向けた。

「時間は有限、時間こそ至高の宝……貴様らザコに我の時間を使うなど、腹立たしくて仕方がない」
「なら、とっととあたしに殺されたら〜?」
「ふん……あまり調子に乗るなよ、『閻魔大王デーモンロード』の犬が」

 言いながら、クロノスが思い切り足を振り上げ──

「──『進む事のない時間クロノス・タイム』」

 力強く地面を蹴り──地面が抉れ、複数の石が飛んでくる。
 剛爪を構えるサリスが、迫る石を叩き落とそうと──

「──ダメ」
「えっ──」

 ルナがサリスを抱え上げ、その場を大きく飛び退いた。
 その直後、先ほどまでサリスたちが立っていた所に、クロノスの蹴り飛ばした大量の石が激突し──

 ──オオオオオオオンンンッッ!!

「……は……?」

 クロノスの蹴った石が地面に当たった──瞬間、まるで地面が爆発したように吹き飛んだ。
 飛び散る石片がサリスの分身の体を貫き、分身が霧となって霧散していく。
 ただ石を蹴り飛ばしただけでは、あんな威力が出るわけがない。
 一体、何がどうなって……?!

「……『進む事のない時間クロノス・タイム』、の応用……蹴った、石の……時間を、止めた……」
「あ〜、なるほどね〜……蹴った石の形が変わらないから、一方的に地面が破壊されてるって事か〜」
「ん……あの、石を……あなたが、迎撃してたら……手が、壊れてた……」

 簡単にすると、こういう話だ。
 時間が止められ、その形から絶対に変わらない物があるとする。
 それを思い切り殴ったり、あるいはその物体が超高速で飛んでいった場合、どうなるか。
 答えは明白。
 殴った方の拳が破壊され、飛んでいった先にある全てを粉砕するだろう。
 今起こった現象は、そういう事だ。

「油断、しないで……相手は、『神精族デウスロード』……規格外の、存在……」
「あはっ……言われなくても──」

 だらんと両腕から力を抜き──瞬く間に、サリスがクロノスに飛び掛かった。

「──最初から、そのつもりだっての〜」

 獄炎を纏う剛爪を振り抜き──寸前で躱すクロノスが、『進む事のない時間クロノス・タイム』を発動して拳を放った。
 食らえば即死──咄嗟に身を低くして拳撃を避け、アッパーのようにして剛爪を振り上げる。
 黒い炎の軌跡を描く一撃は、的確にクロノスの顔面を引き裂かんと迫るが──
 ──ガギッと、鈍い音。
 『進む事のない時間クロノス・タイム』を発動しているため、サリスの剛爪が弾かれた音だ。

「くっ……!」
「良い技だ。勘も良い──だが、我には通用しない」

 体勢を崩すサリスに、クロノスが手を伸ばした。
 その手がサリスの頭を掴み、握り潰す──寸前。

「『全面凍結コキュートス』」

 ──ピシッと、クロノスが凍りついた。
 慌ててその場を離れるサリス──次の瞬間、クロノスを覆っていた氷が粉々に砕け散った。

「……ありがと」
「礼は、いらない……それ、より……足で纏いに、なるなら……どっか、行ってて……」

 冷たいルナの言葉に、サリスが両肩から力を抜き──どこか諦めたように乾いた笑みを見せた。

「は〜……もう、いっかな〜……?」
「……? なに、が……?」
「もしかしたらキョーちゃんを巻き込むかも知れないけど、キョーちゃんなら避けられるだろうし〜……うん。誰かのために我慢するなんて、あたしらしくないからね〜」

 手足を地面に付き──サリスを中心に、巨大な魔法陣が浮かび上がる。

「この、魔力量……それ、に……その、魔法陣……! まさ、か……?!」
「ルナちゃんには悪いけど、あたしはもう遠慮はしないから、死にたくないなら勝手に避けてね〜? ──『地獄の業火に染まりし世界ワールド・イズ・マイン』」

 ──瞬間、辺りの光景が強制的に塗り替えられる。
 立ち並ぶマンションは消え──代わりに、枯れ果てた黒い木々が辺りに現れる。
 地面から黒い業火が噴き出しており、まるで火山の噴火が連続で起きているかのようだ。
 地獄──そう表現するのが一番しっくりくるだろう。

「──被告、『神精族デウスロード』の『時神クロノス』」

 ──どこから取り出したのか、歪な形の帽子を被ったサリスがクロノスの指差した。

「地獄の支配者である『閻魔大王デーモンロード』に代わり──『次期第四席地獄裁判長』のサリス・ドゥーマが判決を下す」

 至る所で噴火が起きる中──地獄の裁判長が、クロノスに冷たく言い放った。

「あたしの独断と偏見により──汝を死刑とする」
「なん、て……めちゃくちゃ、な……裁、判……!」

 サリスの下したデタラメな判決に、思わずルナがツッコミを入れる。
 そんなデタラメな判決を受けたクロノスは──興味深そうに周りを見回し、感心したように言葉を漏らした。

「『心を映し出す偽りの世界ワールド・イズ・マイン』、か……まさか、貴様のような落ちこぼれがこの魔法を使えるとはな」

 ──『心を映し出す偽りの世界ワールド・イズ・マイン』。
 それは、全ての魔法の頂点に君臨する魔法。
 どんな魔法にも『心を映し出す偽りの世界ワールド・イズ・マイン』は存在しており──アルマもまた、『結晶魔法』の『心を映し出す偽りの世界ワールド・イズ・マイン』を使用する事ができる。
 強力である故に──発動条件がいくつか存在する。
 第一に、膨大な魔力を有している必要がある。一つの世界を展開するのだ、それは当然だろう。
 そして……それと同じくらいに重要な事がある。
 それは──想像力だ。

「ふ、くぅ……!」

 じっとりと脂汗を浮かべるサリスが、苦しそうに呼吸を繰り返す。
 ほんの一瞬でも集中を──想像を切らせば、この世界はたちまち霧散してしまうのだ。

「どうした? まだ一分も展開していないのに、もう限界か?」
「あたしをあんまりっ、舐めないでよね──!」

 サリスが大きく腕を振るい──それに反応するように、クロノスの足元から獄炎が噴出。
 クロノスの姿が獄炎に呑み込まれ──次の瞬間、クロノスが獄炎を振り払い、サリスに飛び掛かった。

「有ッ、罪ッッ!!」

 サリスが腕を振り上げ、クロノスに向けて振り下ろす。
 ──ズンッッ!! と、獄炎で作られた巨大な拳がクロノスの体を押し潰した。

「断──罪ッッ!!」

 押し潰されるクロノスの左右に、獄炎で作られたギロチンが現れる。
 地面をえぐりながらクロノスへと迫り──二台のギロチンが、クロノスの体を挟み込んだ。

「──死罪ッッ!!」

 身動きが取れなくなるクロノス──その真下が爆発。
 続けてサリスが地面を踏み込み──連続して地面が爆発し、クロノスをさらに攻撃。

「まだッ──まだぁッッ!!」

 上空に巨大な獄炎で作られた剣が現れ──クロノスがいるであろう場所へと突き刺さる。
 直後──何度目になるかわからない爆発。
 もうもうと立ち込める砂煙を睨み付け、サリスが荒々しく呼吸を繰り返し──
 ──砂煙の中から、クロノスが飛び出した。

「──残念だが、我には通じぬ」

 一直線にサリスへと迫り、クロノスが拳を握った。
 瞬く間にサリスのふところへと飛び込み、クロノスが絶殺の拳を──

「──『血結晶に染まりし世界ワールド・イズ・マイン』」

 クロノスが拳を放つ──寸前、辺り一面の地面が紅色の結晶へと変化。
 そして──クロノスの足元から、紅色の結晶で作られた槍が飛び出した。
 クロノスの顎に槍が突き刺さり──ガギンッ! と甲高い音を立ててクロノスが上空へと打ち上げられる。

「ゆ、有罪ッッ!!」

 無防備な状態のクロノスに向かって、獄炎の巨拳が叩き込まれる。
 遠くに吹き飛ばされるクロノス──と、サリスの目の前に一人の女性が降り立った。

「……『神精族デウスロード』の気配を感じたから、避難所から出てきたのだが……どうやら、出てきて正解だったようだな」
「あ、アルマちゃん?!」

 『血力解放』した状態のアルマが、サリスに視線を向けた。

「無事そうだな、サリス」
「な、なんで?! リリアナちゃんは?!」
「ご主人様は先ほど避難所に戻ってきたシャルアーラに任せた。ただの『人類族ウィズダム』に襲われても、『地精霊ドワーフ』のアイツならどうにでもなるだろう。それよりサリス、お前は『心を映し出す偽りの世界ワールド・イズ・マイン』が使えたんだな?」
「い、一応ね……まだ完璧じゃないけど……」

 『獄炎魔法』と『結晶魔法』。
 二人の魔法が作り出す世界の中、アルマが不思議そうに問い掛けた。

「そういえば、キョーガはどうした?」
「キョーちゃんは『鬼夜叉デモニア』と一緒にアレスと戦ってるよ〜……」
「『鬼夜叉デモニア』だと……? ふむ……そこの『氷結銀狼フェンニル』は?」
「ん〜……今は味方、って感じかな〜」
「そうか……なら、とっとと奴を始末して、キョーガの援護に行くとしよう」

 殺意を剥き出しにするアルマが、黒色の翼を大きく広げて獰猛に笑った。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く