不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

5章6話

「―――はァ……マジかァ……」

 『ギアトニクス』を覆っている北側の外壁。
 その上に―――額から紅色の角を生やす少年が立っていた。

「……こりゃァ、何千って規模じゃねェぞォ……」

 視認できる範囲だけで―――数万匹。
 『ギアトニクス』外に出てモンスターを迎撃しているのは―――『帝国』の騎士、およそ500程度。『森精霊エルフ』のセレーネ。『機巧族エクスマキナ』のマリー。そして『プロキシニア』の騎士、数百人。
 『ギアトニクス』内でモンスターを待ち構えているのは―――『反逆霊鬼リベリオン』のキョーガに、『地獄番犬ケルベロス』のサリス。そして『帝国』の騎士と『プロキシニア』の騎士。ついでに避難者を探す『地精霊ドワーフ』のシャルアーラ。
 かなりの強者が揃っているが―――数万にも及ぶモンスターの群れを前に、どれだけ迎撃できるかわからない。

「……んじゃァ、俺も行くかァ」

 モンスターにも知性があるのか、目の前の敵を無視して『ギアトニクス』に侵入を始める個体が現れ始めた。
 キョーガの反対側―――南側の外壁に立っていたサリスも、そろそろ戦い始めた頃だろう。
 外壁から飛び降り―――軽やかに着地して、背後を振り返った。
 ―――『ギアトニクス』北側の入口を破壊し、中に侵入してきているモンスターがいた。

「ガァァァ……!ガァアアアアアアアアッッ!!」

 戦闘に立っていたのは、頭から2本の角を生やした3メートルほどの黒い巨体だ。
 鬼、と呼べば良いのだろうか。肥大化した巨腕は、小さな家程度ならば簡単に握り潰せるだろう。

「うるせェよクソが―――『焼却角砲ホーン・ファイア』」

 キョーガの『紅角』の上に熱が集まり―――ボッと音を立てて、紅蓮の火球が現れる。

「てめェらまとめて死にやがれェ」

 尋常ならざる熱を持つ火球が放たれ―――爆発。
 火球が直撃した鬼は、存在を焼き消され―――近くにいたモンスターも、風圧を受けて吹き飛ばされた。

「……ォ、ア……」
「カ、アォ……」
「あァ?」

 もうもうと立ち込める土煙―――と、何かが土煙の中から姿を現した。
 剣や斧、槍などの武器を持った―――ガイコツだ。
 ゾロゾロとその数を増やし……数十匹のガイコツが、キョーガに向けて持っている武器を構える。

「……ァ、アアア―――」

 一番近くにいたガイコツが、持っていた剣を振り上げながらキョーガに飛び掛かった。
 コイツ、声帯とかないのにどうやって声を出してんだ―――とか思いながら、ガイコツの攻撃を簡単に回避する。
 クルリと右足を軸にしてその場で回転し―――ガイコツの頭部に、鮮やかな回し蹴りを叩き込んだ。

「アア、ァ……」
「カ、ォォ―――」

 吹き飛ばされる仲間には目もくれず、他のガイコツがキョーガに襲いかかる。
 一匹一匹はそこまで強くないが―――連携が取れているし、何より数が多い。
 だが―――『反逆霊鬼キョーガ』の敵ではない。

「はァ―――ッ!」

 短く息を吐き―――キョーガの両腕が淡い紫色の光を放ち始める。
 魔力を一ヶ所にとどめ、己の力を底上げする方法―――『付属魔力エンチャント』だ。

「しィッ!」

 風を切る拳撃がガイコツに放たれ―――轟音。そして衝撃。
 キョーガの拳撃により生まれた拳圧がガイコツを吹き飛ばし―――後ろにいたガイコツの群れが、バラバラに崩れながら吹き飛んだ。

「っしィ……なんだァ、ザコしかいねェじゃねェかァ」

 ニイッと顔を歪め、キョーガが迎撃を続ける―――と。

 ―――ドゴォォォォォッッ!!

 何かが破壊されるような音を聞き、キョーガは背後を振り返った。

「……オイオイオイ……! マジかよォ……?!」

 キョーガは『ギアトニクス』の北側入口を守っている。
 サリスは『ギアトニクス』の南側入口を守っている。
 『ギアトニクス』への入口は、北側と南側にある入口だけで、その他は壁だ。
 ―――その壁が粉砕され、『ギアトニクス』の中にモンスターが流れ込んで来ている。

「あの壁を壊すほどォつえェモンスターがいるって事かァ……?!」

 東側から押し寄せるモンスターの大群に舌打ちし、サリスに報告しに行こうと―――して、キョーガが動きを止めた。

「……オイオイ冗談だろォ……」

 西側の壁を飛び越え、空を飛ぶモンスターが『ギアトニクス』内に入り込んで来ている。

「チッ……! 外の奴らは何やってんだァ?!」

 迫るガイコツを迎撃し、誰に向けてかわからない怒号を飛ばす。
 ―――『ギアトニクス』の中央にあるあの建物にモンスターを行かせたらダメだ。
 あそこには一応アルマがいるが―――リリアナ以外の一般人がいる状況で、あの優しい『吸血鬼ヴァンパイア』がどこまで人々を庇いながら戦えるかわからない。
 それに、魔法を使い過ぎれば血液の供給が必要になる。

「クソがァ―――!」

 ガイコツを蹴り飛ばし、『焼却角砲ホーン・ファイア』で纏めて吹き飛ばす。
 そのままきびすを返し―――キョーガは、中央の建物に近づくモンスターの元へと走った。

――――――――――――――――――――

「―――総員、前へ! モンスターを殲滅するのです!」
「「「「「おおッ!」」」」」

 『ギアトニクス』内に侵入したモンスターを、『プロキシニア』の騎士が斬り殺していく。

「エリザベス様! モンスターの増援です!」
「隊列を崩さないで! ただのモンスター程度、焦らなければどうと言う事はありません!」

 素早く指示を出し、モンスターの大群を迎撃する騎士たち―――そこへ、何人かの騎士が現れた。

「……おーおー……ずいぶんと張り切ってんなぁ……」
「あなたたちは……『帝国』の……?」
「初めまして、『プロキシニア』の王女様……つっても、会うのはこれが最後だろうけどなぁ」

 四人の騎士が顔を見合わせて笑い―――次の瞬間、モンスターの大群へと駆けて行った。
 『帝国』の騎士たちが剣を振るう度に、辺りに凄まじい風が吹き荒れる。
 自分たちとは比べ物にならぬ強者の姿に、思わず『プロキシニア』の騎士たちは息を呑んだ。

「す、すまない。助かったぞ」
「いえいえ……まあ、そうだなぁ、お礼なら―――」
「え―――」

 『帝国』の騎士に礼を言った男―――その口から、大量の血が零れ落ちた。

「―――そこの王女様にしてもらうかねぇ」

 男の胸部から剣を抜き、『帝国』の騎士たちが顔を愉快そうに歪める。
 次の瞬間―――『帝国』の騎士四人が、『プロキシニア』の騎士の虐殺を始めた。

「なっ、な……?!」

 突然の出来事に、エリザベスは動けなかった。
 いや……エリザベスだけではない。
 『プロキシニア』の騎士たちも、突然過ぎて反応が遅れた。
 ―――その遅れは、致命的な隙。
 次々に『プロキシニア』の騎士が殺され―――あっと言う間に、エリザベスだけが残った。

「……弱いな……この程度で国の警護とか、笑わせる」
「あ、あなた方! 一体何を―――」
「何をって……決まってるだろ?」

 一人の騎士がエリザベスを押し倒し―――下卑た笑みを見せた。

「今からお楽しみなのに、邪魔が入ったら迷惑だろ?」
「ぐ、ぁ……?!」

 残る三人がエリザベスを鎧を脱がし―――その下に着ていた服を引き裂いた。
 羞恥と怒りに顔を真っ赤に染めて抵抗するが―――全く動けない。

「こんな事、して……! あなたたち、どうなるかわかって―――」
「わかってねぇのはアンタだろ」

 鼻と鼻がぶつかりそうになる距離―――そこで、男が囁くように言った。

「エリザベス王女、及び『プロキシニア』の騎士、モンスターと懸命に戦うも、死亡」
「え、は……?」
「まだわかんねぇのか? ―――お前で遊んだ後は、殺すって言ってんだよ。生かしといたら、俺らが殺されるからな」

 ほとんど裸に剥かれたエリザベスが、恐怖に息を詰まらせる。

「クククッ……王女様を犯すの、前々から夢だったんだよなぁ」
「早く変われよ? モンスターがどんどん攻め込んで来てるみたいだしよ」
「あの程度のモンスターにビビってんのか? お前は一番最後だな」
「はぁ?!」

 いやらしく笑う男が、エリザベスの上に覆い被さろうと―――する寸前。
 ―――辺りに、影が落ちた。

「……?」

 太陽が雲で隠されたのだろうか?
 不思議に思った騎士が空を見上げ―――驚愕に瞳を大きく見開いた。

「ァァァ……!」

 ―――ズンンッッ!!
 重々しく着地し―――太陽の光を遮った犯人が、大きく雄叫びを上げた。

「ゴァッ―――ガァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!」

 ―――突如現れた黒いドラゴンが、雄叫びを上げて住宅を踏み潰していく。
 その外見は―――『禁忌箱パンドラ』の迷宮でキョーガが戦った黒竜にそっくりだ。

「ひっ……!」
「ど、ドラゴン……?!」

 キョーガが戦った黒竜―――それも、一匹ではない。
 空を飛んでいた黒竜が並ぶようにして地面に降り―――その数、五匹。

「に、逃げろ! 逃げろぉ!」

 尋常ならざる速さでその場を離れ、遠くへ逃げ去る『帝国』の騎士たち。
 残されたエリザベスは―――動けなかった。

「あ、ああ……あ……」

 まるで糸が切れた操り人形のように、力なく座り込んだまま動かない。

「グルルルルル……!」

 抵抗しない獲物を前に、黒竜はゆっくりと口を開いた。
 ―――あ、死んだ。
 死を受け入れたエリザベスに、目の前の死が襲い掛かる―――事はなかった。

「―――『焼却角砲ホーン・ファイア』ッッ!!」

 エリザベスの横を、蒼い球体が通り抜けた。
 そのまま黒竜にぶつかり―――爆発、轟音。
 理不尽とも言える熱を前に、黒竜の群れは為す術なく焼き殺され―――呆然とするエリザベスの前に、一人の男が降り立った。

「よォ、大丈夫かァ?」

 そう言った男のひたいには、美しい蒼色の角が生えていた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く