不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

5章5話

「―――かっ、はァ……?!」
「目が覚めましたみたいですねぇ……どうですぅ?変な所とかないですぅ?」

 ほんのりと明るい夜空。おそらく、夜が明けようとしているのだろう。
 キョーガはアルマに膝枕された状態で、爽やかな風が吹き抜ける野原に寝転がっていた。

「俺ァ……どうなったんだァ……?」
「一応手加減したんですけどぉ……死んでなくて良かったですよぉ」

 心底ホッとしたように肩を落とし、キョーガの前髪を優しい手付きで弄る。
 ―――俺は……どうなった?
 アルマが『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』に変身して、角の色を蒼色に変えた所までは覚えている……だが、それ以降の記憶が所々飛んでいる。
 辛うじて覚えているのは……世界が紅色に染まった事だけだ。

「はぁ……昨日の夜から家に戻っていないから、ご主人様に怒られちゃいますよぉ」
「あァ……そうだなァ……」

 『蒼角』のせいで体がダルいが、文句は言ってられない。
 痛む体を無理に起こし、キョーガは『プロキシニア』の外壁に目を向けた。

「……はァ、帰るかァ……クソッ、リリアナに怒られんのが一番きちィなァ……」
「ですねぇ……まあでも、ボクも一緒ですから大丈夫ですよぉ」
「何が大丈夫なのかわかんねェがァ……まァいいやァ。とりあえず帰ろうぜェ」

 これから怒られる未来を想像しながら、キョーガとアルマは重い足取りで家を目指した。

―――――――――――――――――――――――――

「もう!これで2度目ですよ?!私の言った事、ちゃんとわかってますか?!」
わりィ……」
「ま、まあまあご主人様、ちょっと落ち着いて―――」
「何を言ってるんですかアルマさんもですよ?!」
「……はいぃ……すみませんでしたぁ……」

 帰ってきたキョーガとアルマに、リリアナが怒声を浴びせる。

「まったく……本当にまったくですよ!」

 キョーガたちが怒られている様子が面白いのか、リリアナの後ろでサリスがケラケラと笑っている。
 そんなサリスを睨み―――余所見している事に気づいたのか、リリアナがキョーガの顔を掴んで正面を向かせた。

「キョーガさん! 今は私と話してるんですよ?! どこ見てるんですか?!」
「いやだってサリスがよォ……」
「サリスさんは関係ありません! いいですか?! そもそもキョーガさんは―――」
「【挨拶】 みんな、おはよう」

 機械的な声と共に、マリーが階段から降りてくる。

「【質問】 シャルアーラはいないか?」
「マリーちゃん、おはようございます。シャルアーラさんは……見かけてないですよ?」
「なんだマリー、一緒じゃねェのかァ?」
「【肯定】 いつも通り朝の調節を頼もうと思っていたのだが……」

 ここにいないという事は、『サモンワールド』にでも行っているのだろう。
 その場にいる全員がそう思い、特に気にした様子もない。
 再びリリアナが表情を怒りに変え、キョーガとアルマを叱りつける―――直前、玄関の扉が開けられた。
 そこから現れたのは―――シャルアーラだった。

「【発見】 どこに行っていたんだシャルアーラ。早く当機の調整を―――」
「やあ二日連続で申し訳ない」
「がっ、学院長?!ど、どうされたんですか?!」

 勢いよく椅子から立ち上がり、驚きに目を剥く。

「……シャルゥ、どこに行っていたんだァ?」
「朝空を見ていたであります。そしたらこの雑草使いがやって来たのでありますよ」
「雑草使いとは辛辣な言い方だね。まあ『森精霊エルフ』と『地精霊ドワーフ』の仲は知っているから、何も言わないけどね」

 おどけたように肩をすくめるシエラが、美しく長い薄緑色の髪を揺らしながら室内に足を踏み入れる。

「……おめェが来たって事ァ、まさかァ……」
「うん―――『ギアトニクス』に魔物の大群が迫っているらしい。すぐに出発しよう」
「え、え?も、もう『魔物の波』が?」

 慌てるリリアナとは逆に、キョーガたちは不敵な笑みを浮かべた。
 そんなキョーガたちの表情を見て、シエラ手を掲げ―――

「おいで、『森精霊エルフ』のセレーネ」

 カッと、室内が眩い光に包まれる。
 光が晴れた時、そこには美しい金髪の女性が立っていた。

「セレーネ、早速で悪いんだけど、この場にいる全員をこの前行った国に転移させてくれないかな?」
「わかったわ。『空間転移ムーヴ・ポイント』」

―――――――――――――――――――――――――

「……はァ……これ便利だなァ」

 眼前の光景が一瞬で切り替わる。
 リリアナの家から、復興途中の『ギアトニクス』の入口へ。
 キョーガが粉々に吹き飛ばした石の門がそのままになっており……前来た時と、そんなに変わったとは思えない。

「……人がいねェなァ……」
「『魔物の波』が来た時は、あの建物に避難するように決めていたらしいからね。私たちも、あそこに行くとしよう」
「チッ……めんどくせェなァ……」

 先導するシエラに続き、キョーガたちが『ギアトニクス』に足を踏み入れる。
 そのまま真っ直ぐ『ギアトニクス』の中央にそびえ立つ建物に向かい―――その道中で、鎧に身を包んだ男たちを見つけた。
 おそらく、『帝国』の人間だろう。キョーガには遠く及ばないが、それでもかなり鍛えられているのがわかる。

「……キョーガさん?行きますよ?」
「あァ……わかってらァ……」

 騎士の男たちと、目が合った。
 そう、目が合ったのはキョーガだ。なのに、男たちはすぐにキョーガから目を外し―――リリアナたちに目を向け、下卑た笑みを浮かべたのだ。
 今は考えても仕方がない―――男たちから目を逸らし、リリアナの後を追いかけた。

「……あはっ♪や〜な感じ〜♪」
「あァ?」
「あの男たちだよっ♪気色悪い視線を向けられて、思わず殺したくなっちゃったよ〜♪」

 どうやらサリスも、男たちの視線を感じていたらしい。おそらく、アルマやマリーも感じただろう。
 ―――敵は『魔物の波』だけではない。
 一層気を引き締めた所で、建物に着いた。
 白色の四角い建物だ。中なら多くの人の気配がする。ここに避難しているのだろう。

「……さて。リリアナ、君はどうする?」
「えっ、え?何がですか?」
「君も共に戦うのか、それともここに残るのか……どちらだい?」

 シエラの言葉に―――リリアナは、悔しそうに口を開いた。

「……私が付いて行っても、足手まといにしかなりませんから……私はここに残ります」

 無理に笑みを浮かべるリリアナ。
 何とも言えない気持ちになったキョーガは―――とりあえず、リリアナの頬を引っ張った。

「んな面すんじゃねェ。おめェは俺らの召喚士なんだァ。堂々としてェ、俺らが帰ってくるのを待ってろよォ」
「キョーガさん……はい。キョーガさんたちを信じて、ここで待ってます」

 ようやく普通に笑ったリリアナの頬から手を離し、キョーガはアルマに目を向けた。

「アルマァ。おめェはリリアナと一緒にいろォ」
「まぁ、別にいいですけどぉ……理由を聞いてもいいですぅ?」
「今は太陽が出てっからァ、おめェの力が制限されるだろうがァ。それにィ―――敵が魔物だけとは限らねェ」
「……『帝国』、ですねぇ?」
「あァ。だからァ……リリアナの事は任せるぞォ」
「わかりましたよぉ」

 リリアナとシエラと共に建物の中に入って行くアルマ―――と、非戦闘員であるはずのシャルアーラが、なかなか中に入ろうとしない。

「シャルゥ?おめェはどうすんだァ?」
「はっ。自分も戦うであります」
「……おめェ、戦えんのかァ?」
「あ、殴る蹴るの戦うではなくて、避難誘導をしたり、まだ避難できていない人を探したり……自分も一応『最上級召喚獣』で、リリアナ殿の召喚獣であります。召喚獣であるキョーガ殿たちが戦うのであれば……自分も、できる事をするであります」

 そこまで言うのなら、キョーガはもう止めはしない。
 グリグリと乱暴にシャルアーラの頭を撫で、キョーガがこの場に残った者たちを見回した。

「……さァ、ってやろうかァ」
「あは〜♪ま、死なない程度にね〜♪」
「【報告】 『ギアトニクス』周辺に、大量の気配を感知。おそらくモンスターだと推測」
「が、頑張るであります!自分だって、やる時はやるんであります!」
「……シエラの命令だから、仕方がないわね」

 それぞれ言葉を言い残し―――キョーガたちが散開。
 唯一、シャルアーラだけが置いて行かれていたが……それについては誰も何も言わず。
 ―――『ギアトニクス』防衛戦が始まった。

―――――――――――――――――――――――――

「―――エリザベス様。モンスターの群れが『ギアトニクス』周辺に現れたようです」

 避難所の裏。キョーガたちがいた方とは反対側。
 そこに、数十人の騎士と、美しい少女が立っていた。

「そうですか……聞きなさい、『プロキシニア』の勇敢な騎士たちよっ!」

 突然の大声に、騎士たちの視線が少女に集中した。
 全員の視線が集まるのを確認し、少女は大声で続ける。

「私たちの任務は、『魔物の波』から『ギアトニクス』を守る事です!私たち以外にも、『帝国』の騎士たちが来ているようですが……あなたたちが『帝国』の騎士に劣っているとは思いません!実力主義の『帝国』に、私たちの力を見せつけてやりましょう!」
「「「「「「おおっ!」」」」」」

 空気を震わせるほどの返事を聞き、少女は腰に下げていた剣を抜いた。

「さあ、行きましょう!私たちの力を、『帝国』に、『ギアトニクス』に―――世界に知らしめるのですッ!」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 音街 麟

    更新ありがとうございます!楽しみに待たせていただきました!次回も楽しみに待たせていただきたいと思います!

    1
コメントを書く